« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

吉野鮨本店

東京・日本橋にある明治12年創業の老舗寿司店。

高級感や敷居の高さとは無縁な雰囲気で、
ふらりと立ち寄れそうな店構えが印象的。
お昼時は、近隣のサラリーマンやOLで大繁盛です。

「にぎり〈大〉」(3,150円/税込)をオーダー。
握り11貫+巻物半分 *(浅利と煮蛤は別途追加です。)

赤酢を使用したシャリは、さっぱりとしてネタを引き立たせる。
握りの形状も美しく、サイズは大きめ。

シャリを包み込むように握られる、名物の薄焼玉子や、
ふんわりと煮上げられた穴子は、特に印象深い。

リーズナブルに本格的な江戸前寿司を頂ける
貴重なお店だと思います。

Img_5774_2_2Img_5781_2_2Img_5785_2_2

関連ランキング:寿司 | 日本橋駅京橋駅宝町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロペラ犬旗揚げ公演「マイルドにしぬ」~赤坂レッドシアター

この日は、赤坂レッドシアターにて
プロペラ犬旗揚げ公演「マイルドにしぬ」を観覧。
最前列にて、19:30の開演。

「プロペラ犬」とは、この程立ち上げた水野美紀さんと、
ご本人の十年来の知人で脚本家の楠野一郎さんとの
演劇ユニットのことです。

アクションが得意な水野美紀さんの突っ込みと切れ
それを様々な形で受け止める河原雅彦さん…。

これから更に進化していくであろう、このユニット
今、始動したばかりです。

       *****************************

6つの短編集のように構成され、1つ目の「ハサミ女」から

ヘリコプターのプロペラ音が鳴り響く。
(女)「見えるよ」

男が歩いていると女が壁に挟まれているのを発見。
男「助けましょうか?」
女「大丈夫」
男「挟まれてますよね?」
女「挟んでるんだ」
去ろうとする男からTUTAYAのレンタル袋を取り上げる。
男は取り替えそうとするが、返そうとしない女。

ようやく返してもらい、立ち去ろうとする。
女「110番して」
男「やっぱり助けて欲しいんだろ。自分で110番しろよ」
女「あなたがするのよ」TUTAYAのレンタル袋を取り出す。
しかし返した袋の中身は別の物だった。
中には…。なんと人間の手が入っていたのだ。
女はハサミを取り出し、男に突き刺す。

Img_6066Img_6073Img_6071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵喫茶 杏 

会津若松の蔵元「末廣酒造」の蔵を改装したカフェ。
古い外観が嘘のように、店内は和モダンな雰囲気である。

「原酒かすていら」(315円/税込)
「オリジナルブレンドコーヒー」(470円/税込)
をオーダー。
(セットで、ここから更に100円引き)

カステラは、ブランデーケーキをソフトな感じにした感じ。
コーヒーは、酒の仕込み水で淹れられ、薫り高い味わいです。

酒造見学と合わせて利用するのが、いいかも知れません。

Img_5461Img_5465Img_5471

関連ランキング:カフェ | 七日町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津の伝統「満田屋」

会津若松・大町エリアにある田楽のお店です。
天保5年(1834)創業、塩や味噌などの製造販売から始まる。
この町に相応しい歴史を感じられる建物である。
カウンターでは、炭火で焼く様子が直に見れます。

「田楽セット」〈7本〉(1,050円/税込)をオーダー。
・こんにゃく(2本)
・豆腐生揚げ、
・お餅
・しんごろう餅
・里いも
・身欠きにしん

これらを囲炉裏で炭火で焼かれたものを頂きます。
名物「しんごろう餅」は、ハンゴロシのご飯に
じゅうねん味噌(エゴマ味噌)を塗って焼いたもの。

お昼は、観光客などで可也混み合いますので、
時間を外して行かれるのがお勧めかも知れません。

Img_5453_2Img_5454_2Img_5459

関連ランキング:郷土料理(その他) | 七日町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本三大渓谷/清津峡の紅葉

日本三大峡谷の一つの清津峡の紅葉です。

川を挟んで切り立つ、巨大な岩壁は圧巻で、
国の名勝・天然記念物に指定されています。

この日は、お天気にも恵まれました。 

Img_4711_2Img_4704Img_4717

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清津峡湯元温泉「清津館」

日本三大渓谷清津峡入口に佇む一軒宿。

何といっても、源泉かけ流しの硫黄泉が自慢で
内風呂の他、最近新設されたという渓谷を眺めながら
浸かれる露天風呂が評判です。

食事は、地元素材や珍味満載の郷土料理。
取り分け、米どころ・新潟魚沼にも近いこともあり、
御飯が物凄く美味しいです。

決して新しい設備のある宿ではありませんが、
素朴なおもてなしで、快適に過ごせるお宿。
清津峡散策にも便利です。

Img_4539_5Img_4514_2Img_4520_2

関連ランキング:その他 | 越後湯沢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »