« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

Nora Cucina(トラットリア ノラ・クチーナ)

JR白新線「豊栄駅」から徒歩10分にあるお店です。

地元では可也人気のお店だそうで、
午後2時過ぎに伺っても、店内は超満員

古民家改築して造られたような、レトロ感溢れる店内で、
大きなカラス越しに庭園を眺めながら食事が出来ます。

「お薦めコース pranzo A」(1,420円/税込)をオーダー
・前菜:鴨肉と茄子のパテなど
・パスタ:海の幸どっさりペスカトーレ(*別途+200円)
・ドルチェ:レアチーズと抹茶のアイスクリーム
・ドリンク:有機栽培コーヒー

     *パスタ、ドリンクは各々11種類より当方が選択したもの

「豊栄産カブと冬菜のボンゴレロッソ」などと明記された
メニューからも、地元野菜に拘っていることが伺えます。

新鮮素材ならではのシンプルな味付けも好感が持てます。

●Nora Cucina(トラットリア ノラ・クチーナ)
住所:新潟市北区葛塚市場通り3223
℡:025-287-5200
営業:11:30~15:00
       18:00~23:00(Lo.22:30)
定休:

http://www.noracucina.com/
  Img_3929_4Img_3941Img_3937

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんたく船

JR越後線新潟大学前駅から徒歩5分程
学生アパートや寮などが並ぶ、長閑な立地にあるお店。

ご夫婦ふたりで切り盛りするお店で、コックさんが一人・・・
料理が運ばれてくるまでは、暫し時間を要します。

「エビフライランチ」(950円/税込)をオーダー。
・ライス、味噌汁、ドリンク

大学の近くということもあってか、盛りは多め
ライスも1度のみ、お替りが可能。

流石に御飯の仕上がりは、新潟ならではの素晴らしいもの。

メインのエビフライ4本ほどのり、サクッとした仕上がり
付け合せの緑黄色野菜も美味しい。

お味噌汁が付くあたりは、なんとなく家庭的。
また食後のランチには、コーヒーも付きます。

庶民価格で本格的な洋食を提供してくれます。
このお値段で頂けるのが申し訳ないほど。

●せんたく船<閉店>
住所:新潟市西区大学南1-6682-17
℡:025-260-3947
営業:11:30~14:00
    17:30~22:30
定休:火

Img_9957Img_9961Img_9958   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR Via BACARO (バール・ヴィア・バカロ)

JR新潟駅から歩いて徒歩10分位の所にあるお店です。

店内は、入り口付近にショットバーの様なカウンターが…。
全体的にを基調としたスタイリッシュな空間です。

親しみやすい接客と雰囲気もあってか
女性の一人客の方もかなり目立ちました。

「ピッツァランチセット」(1,250円/税込)
*サラダorミネストローネorポタージュ+ドリンク
「前菜の盛り合わせ」(500円/税込)
「チーズケーキ」(350円/税込)
以上をオーダー。

ピッツァは2種類より「ナポリ最古のピッツァ“ナポレータ”」を。
生地が特に美味しく、モチモチ香ばしく仕上がっています。

シェフはイタリアご出身の方とあって、本格的なイタリアンが頂けます。

●BAR Via BACARO (バール・ヴィア・バカロ)
住所:新潟市中央区万代1-5-1
            ラブラ万代2F
℡:025-255-5454
営業:10:00~23:00
無休

http://via-bacaro.com/pc/index.html

Img_3666Img_3657Img_3662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸前寿司「北」

みなとみらい線馬車道駅より程近いお店です。
夜10時半までオーダーできるので、何かと助かります。

お店に飛び込んだのもちょうどその頃・・・。
店内は、一枚板カウンター掘り炬燵のあるお座敷とが・・・。

お寿司屋さんというより、和食ダイニングといった雰囲気。
清潔感のある真新しそうな、木の温もり感溢れる空間です。

「おまかせにぎり」(6,000円)15+お椀+先付
「茶碗蒸し」(800円)
「煮蛤」(1,200円)
そして後、お好みで頂くことに・・・。

<にぎり>
・コハダ
・平目の昆布締め
・青柳
・〆鯖
・真鯛(塩とカボスで)
・やりいか
・かわはぎ(肝のせ)
・赤貝
・車海老
・細魚昆布締め
・本鮪
・穴子(塩)
・中トロ
・いくら
・ばふんうに
・玉子

<お好み>
・たいら貝
・あいなめ
・煮あわび
・のどぐろ炙り
・干瓢巻

握りは全て、仕込がされた手の込んだものばかり・・・
大きさ程よいです。

他にも、お料理とお寿司を味わえるコースもあり、
様々なシーンに対応できそう。

お店は、人間味溢れる低姿勢なご主人と女将さんで切り盛り。
サービス、価格、味とバランスの取れた素晴らしいお店です。

●江戸前寿司「北」
住所:横浜市中区本町6-52
      横浜エクセレント3 B1F
℡:045-664-5781
営業:18:00~23:00(L.O.22:30)
定休:日・祝

http://www.kita-sushi.com/

Img_3163Img_3130Img_3155_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋菓子舗ウエスト(銀座本店)

東京、銀座7丁目外堀通り沿いにある喫茶店です。

店内は、一昔前のレトロ喫茶室といった趣で、
茶色椅子と白のテーブルクロス茶と白が基調。
無駄なものが省かれ、買い物途中に気軽に立ち寄れそう。

「ケーキセット」(1,155円/税込)を。

飲み物は、オリジナルブレンドコーヒーを、
ケーキはこの店の名物、フルーツトマトタルトを選択。

トマトのタルトは、チーズケーキの中にプチトマトが入り
ジェルがかかり、トマトはフルーツに近い甘酸っぱさ
キッシュタルト中間といった感じの、変わったもの。
甘いお菓子はどうも。。。っていう方にも是非お勧め。

炭焼きではない焙煎荒挽きの方法で天然水を使用した
コーヒーはマイルドな味わいです。
またコーヒー、紅茶はお替り自由でした

●洋菓子舗ウエスト(銀座本店)
住所:東京都中央区銀座7-3-6
℡:03-3571-1554
営業:[月~金]   9:00~23:00
    [土・日・祝] 11:00~20:00
無休

http://www.ginza-west.co.jp/

Img_3217Img_3213Img_3215

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋 玉ゐ(本店)

東京、日本橋にある、天然穴子を使った
穴子飯(箱飯)が頂けるお店です。

お店は、昭和28年に建築された酒屋改築した建物で
レトロな雰囲気いっぱいで、なんとも落ち着きます。

「あなご箱めし飯(大箱)」(3,800円/税込)
「焼骨 茶漬け用出汁」(200円/税込)
をオーダー。

穴子の仕上げは、煮上げ焼上げ二通りから選べますが、
中箱以上になると、煮上げと焼き上げの両方を楽しめる
というので、お願いしてみました。

鰻の蒲焼よりは数段早く提供されます。

箱めしは、刻み海苔が下の敷かれて鰻丼よりさっぱり。
煮上げ、焼き上げともに違った風味で好みが分かれそう。

出汁をかけて、ひつまぶしの様な食べ方をする際は、
焼き上げの方が香ばしい風味が出る気がします。

好みで柚子おろし山椒を加えて頂きます。
薬味は、胡麻山葵刻みねぎです。

●日本橋 玉ゐ(本店)
住所:東京都中央区日本橋2-9-9
℡:03-3272-3227
営業:[月~金] 11:30~14:00
            17:00~21:30
    [土・日・祝] 11:30~20:30
無休

http://anago-tamai.com/

Img_3378Img_3365Img_3370

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Miravile(ミラヴィル)

JR渋谷駅からバスに乗ること約10分ほど。
目黒区駒場にあるフレンチのお店へランチで訪問。

店内は、を貴重とした割とこじんまりとした
アットホームな雰囲気で、席からはガラス越しに
調理場の様子も眺めることが出来ます。

「コース」(3,900円/税込サ別)をオーダー。
<アミューズブーシュ>
<前菜>スペシャリテ 和牛舌とフォアグラ、
      トリュフのサンマルク仕立て セミドライイチジクのソース(+1,000円)
<魚料理>広島県三原の糸崎漁港からの本日のお魚料理
<肉料理>蝦夷鹿のシベ(赤ワイン煮込み)を焦がしたねぎの香りと
        菜種オイルのチュイル、エスプレッソのビュレを添えて(+600円)
<デザート>マカロン〝フランポジェ〟とミルクショコラ、
                         赤果実とカリンのブロシェット添え

   *前菜と肉料理は5種類より、デザートは7種類より選択

芸術的且つ繊細な盛り付けで目でも楽しめ、
最後のデザートまで、全く手抜きがない素晴らしいお料理。
価格を考えると、申し訳ない程で接客も素晴らしい。

ミシュランガイド1つ星を獲得しているお店ですが、
カジュアルな雰囲気で、ゆったりとした時間が流れました。

●Miravile(ミラヴィル)
住所:東京都目黒区駒場1-16-9
              片桐ビル1F
℡:03-5738-0418
営業:12:00~14:00(L.O)
    18:00~21:30(L.O)
定休:水

http://www.miravile.net/

Img_3462Img_3479Img_3475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄冶店 濱田家(東京ミッドタウン店)

東京ミッドタウン内にある日本料理店です。

こちらの本店は、ミシュランガイドにも掲載され
三ツ星獲得するなど、余りにも有名なお店です。

しかしこちらの支店は、そのお料理を本店より
抑えた価格設定で、お料理を頂くことが出来きます。

「紅(くれない)」(8,400円/税込)をオーダー。
<座付膳>(ひいらぎ大根枡盛)天豆 花豆 煎大豆 酢蓮根鋳込みサーモン
               いわし風干し 玉子カステラ細巻寿司
<椀盛>(みぞれ仕立て)鰤 丸餅 菜の花
<刺身>(鮪 細魚)かきわらび よりビーツ 山葵 生のり
<中皿>(雲子玉〆 すり柚子)
<焼物>(鰆もろみ焼き)百合根コロッケ 酢立
<強肴>(和ブイヤベース)蛤 ずわい蟹 鯛 ムール貝
             結新取葉 蓮根 人参 海老芋
<食事>(白飯)赤出汁 若メ 香の物
<甘味>(アイスもなか)苺 わらびもち

すべて器が素敵で、繊細な盛り付けと上品な味付け。
どの品も丁寧な仕込が施され、素材も素晴らしく
優雅な気分に浸れるものばかり。

店内は通常のホテルの和食処並といった趣で、
観光客の方も多そうで、以外に堅苦しい雰囲気はありません。

仲居さんも親切丁寧、低姿勢で、接客もさすがです。

●玄冶店 濱田家(東京ミッドタウン店)
住所:東京都港区赤坂9-7-3
        東京ミッドタウン プラザ1F
℡:03-5413-0204
営業:[月~金] 11:00~15:00(LO 14:00)
         17:00~23:00
   [土・日・祝] 11:00~22:00(最終入店20:00)
不定休(東京ミッドタウンに準ずる)

http://www.hamadaya-midtown.com/

Img_3068Img_3069Img_3080

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文琳(神泉本店)

京王井の頭線神泉駅で下車し、徒歩数分ほど。
旧山手通りから住宅街に少し入った辺りにあるお店。

中国料理店にありがちな「赤」のイメージは全くなく、
ダイニングバーの様なシックで洒落た店内です。

土・日・祝限定「小さなランチコース」(2,800円/税込)を。
・冷菜3種・スープ・揚げ物・蒸し物・ご飯・漬物
*メインは6種類の中から「豚肉と花韮の炒物」を選択。

お料理は、どれも美味しく、盛り付けも綺麗。
本場のものに日本の洒落たものを融合させたよう。

最後に追加で、「杏仁豆腐」(800円/税込)を。
生クリームの濃厚なムースといったの感じ。

オープンキッチンを見下ろすような高さのカウンターで
調理する様子を眺めながら食事が出来ます。

●文琳(神泉本店)
住所:東京都渋谷区神泉町13-13
            ヒルズ渋谷 B1F
℡:03-3780-6268
営業:12:00~14:00
    18:00~23:00
定休:月

http://www.bunlin.co.jp/

Img_3297Img_3299Img_3305   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶亭 羽當

渋谷、宮益坂下交差点から明治通りを歩き
右の小路を少々入った所、雑居ビルの多い辺りに佇む、
昔ながらの純喫茶といった趣のお店です。

意外にも店内は広く、暗い照明で、
仄かにランプの明かりが灯るといった、空間。
渋谷の繁華街にいることをすっかり忘れてしまいます。

店員は、マスターと女性店員だけ。
BGMは、SP盤の様な音源に聴こえた古いジャズ・・・

オーダーしたのは、
「炭火煎羽當オリジナルブレンド」(800円/税込)
「レアチーズ」(500円/税込)

ブレンドは、苦味コクがあり、仄かに酸味も感じます。
濃さも程よいです。
オーダーしてからコーヒー豆を引くので、
運ばれてくるまでは当然、時間を要します。

レアチーズは、肌理の細かいふわふわなスポンジ生地
生クリームブルーベリーソースがたっぷりとかけられていて、
甘さ控えめで実に美味しい。

お客さんの年齢層高めで、団塊世代以上の方が殆ど。

●茶亭 羽當
住所:東京都渋谷区渋谷1-15-19
           東口二葉ビル1F
℡:03-3400-9088
営業:11:00~23:30(L.O.23:00)
無休

Img_3412Img_3419Img_3415 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »