« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

あい松

JR羽越本線、新発田駅から歩くこと10分ほどのお店。
昔ながらの食堂といった風情。

ラーメン店を名乗っているところより食堂のラーメンの方が、
美味しい印象さえありますが、ここのお店もそうです。

「中華そば」(500円/税込)をオーダー。

シンプルで懐かしい感じの味がするラーメンでした。

●あい松
住所:新潟県新発田市諏訪町3丁目2-24
℡:0254-22-2622
営業:10:00~20:30
定休:7の付く日(土・日の場合は月)

Img_4817 Img_4818 Img_4823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤寶亭

東京メトロ表参道外苑前のどちらから行っても
徒歩10分弱のところにある日本料理店です。

お香の炊かれた店内、立派な書の掛け軸など、
なんとも落ち着きのある一軒家で、風格ある店内。

「昼のコース」(5,250円/税込サ別)を。
・前菜/白子豆腐 玉子梅巻きなど
・お椀/タラバガニのシンジョ
・蒸し寿司
・造り/本鮪と平目
・炊合/淀大根に葉玉葱
・食事/五目混ぜご飯、赤出汁、香の物
・デザート/胡麻のブランマンジェと苺(あまおう)

*「和菓子と抹茶」(800円/税込サ別)は追加

丁寧且つ真心のこもった料理は、全て手抜きがなく、
この価格でこの内容は首都圏でも屈指の内容では?

中でも、店主が自ら削るという鰹節でとるという
評判のお椀は秀逸。

接客も過剰すぎず心地よいものでした。

●赤寶亭
住所:東京都渋谷区神宮前3-1-14
℡:03-5474-6889
営業:[月~水]18:00~23:00
     [木~土]12:00~14:00
             18:00~23:00
定休:日

Img_4752Img_4766Img_4767

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荻窪中華そば「春木屋」(荻窪本店)

荻窪ラーメンといえば、真っ先にこちら名が挙がるほど。
本店へは、今回初めての訪問になりました。

「中華そば」(800円/税込)をオーダー。

価格的には、若干高めだという気もしますが、
その分、客層も良さそうです。

今時のチェーン店にありがちな、分けの判らない味のスープとは
一線を画し、きっちりと煮干の味のする出汁です。

懐かしい東京ラーメンの王道といえるもので、
付け合せの具も美味しい。

中太ぐらいで、コシのあるものです。
いかにも自家製麺だという感じがします。

●荻窪中華そば「春木屋」(荻窪本店)
住所:東京都杉並区上荻1-4-6
℡:03-3391-4868
営業:[月~土]11:00~22:00
       [日]11:00~21:00
年中無休

http://www.haruki-ya.co.jp/

Img_4795Img_4794Img_4792

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本橋 お多幸本店

東京、日本橋にあるおでんの名店です。
外観のイメージより、店内は以外に小奇麗。

夕方6時過ぎに訪れると、既に2階まで満席。
暫くすると「4階のお座敷ならご案内できますが?」と。
逆に足を伸ばせそうなので、案内してもらいました。

「串焼盛り合わせ<小>」(1,080円/税込)
「みはからい<4品/おまかせ>」(880円/税込)
「とうめし」(350円/税込)
「赤出汁味噌汁」(210円/税込)
「しのだまき」(250円/税込)
「いいだこ」(380円/税込)
「牛すじ」(380円/税込)
以上をオーダー。

おでんは、濃口で味が良く浸みこむ若干甘口
いわゆる関東風おでんといった味わい。

名物とうめしは、豆腐にしみ込んだ出汁の風味
柔らかな食感のハーモニーが最高です。
特に下が茶飯だからなのでしょう。

●日本橋 お多幸本店
住所:東京都中央区日本橋2-2-3
           お多幸ビル
℡:03-3243-8282
営業:[月~金] 11:30~13:30(LO)
          17:00~22:30(LO)
     [土・祝] 16:00~22:00(LO)
定休:日

http://r.gnavi.co.jp/a439400/

Img_4076Img_4078Img_4090   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

cafe RIN

水戸市、京成百貨店近くのカフェです。
大通り沿いに看板が出ていますが、
店舗の建物は、奥まったところにあります。

なんか駄菓子屋などを彷彿としてしまう。
昭和レトロな感じの雰囲気です。

綺麗でお洒落なお店とは言いがたいですが、
気軽にゆったりできる感じ。

「RINセット」(1,050円/税込)をオーダー。
ケーキ+スコーン+ドリンク
*ケーキは数種類の中から、イチジクのチーズケーキ

スコーン、ケーキ共に、いかにも手作りという感じの美味しさ。
コーヒーに至っては、印象に薄い感じもしました。

店内は、地元女性客が中心。

●cafe RIN
住所:茨城県水戸市泉町2-2-37
℡:029-225-8487
営業:[月] 12:00~14:00
[火~土] 12:00~22:00
  [日・祝] 12:00~20:00

http://www10.plala.or.jp/cafe-rin/

Img_4632Img_4635Img_4639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸 弘道館(第113回水戸の梅まつり)

水戸藩の藩校として、第9代藩主の徳川斉昭によって、
天保12年(1841年)8月に創設されたものだそうです。

国の特別史跡になっていて、こちらも梅まつりの会場ですが
偕楽園に比べて格段に訪れる人が少ないです。

敷地内には、800本が植えられています。

Img_4569Img_4599Img_4582   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば眞

水戸市南町界隈の住宅街にひっそりとあるお店です。

外観は、入りにくそうなイメージを受けますが、
ひとたび中に入ると、小奇麗な小料理屋といったイメージ。
まだ真新しそうで清潔感に溢れますが落ち着ける空間。

「夜蕎麦コース」(1,680円/税込)をオーダー
・強肴三点盛り
・わかさぎの南蛮漬け
・揚げ蕎麦あんかけ
・大根と鶏肉のスープ煮
・せいろそば

「そばかき」(680円/税込)
「そばみそ」(580円/税込)
は追加。

コースのお料理は、価格からは想像もできない内容。
どんどん日本酒が進みます。

勿論お蕎麦も美味で、のど越しがよく、
風味豊かで素晴らしいコシ。

是非、気軽に暖簾を潜って頂きたいお店です。

●そば眞
住所:茨城県水戸市南町1-2-4
℡:029-224-0375
営業:11:00~14:00
    17:30~20:30
定休:日・祝

Img_4706Img_4707Img_4696 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アートタワー水戸

水戸市の繁華街近くにある展望塔です。
軒高100m正四面体の立体を28個積み重ねたデザインで
実に面白い形をしています。

地上86.4mにある展望室へは、エレベーター約1分半
料金は、大人200円です。

展望室とはいえないような展望室は、
パネル直径30cm程ガラスを嵌め込んだ
くり抜いてあるだけで、屈んだり背伸びをしたりして
覗くことになります。

また飲食スペースや座る場所などもなく、
そして18:00で閉ざされてしまうのが残念。

Img_44771Img_4482_2

Img_4493Img_4660

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬりや 泉町店

水戸では、評判の老舗鰻料理店です。
偕楽園の帰りに立ち寄って、お昼にしました。

外観のイメージよりは、明るく小奇麗な店内。

「肝煮」(800円/税込)
「うな丼<特上>」(3,500円/税込)をオーダー。

うな丼は、待つこと約40分ほどで登場。

ご飯の下に更にもう一段の鰻が隠れる鰻丼。
ふっくらと仕上げられていて美味。
タレはさっぱりとした辛口で、しつこくありません。

テーブルには、「飛騨高山極上山椒」が用意されていて、
お好みに応じて、かけて頂きます。
通常の山椒より辛味が若干強いですが物凄い香りです。

こちらでは、ご飯と鰻が別々になっているのを「うな重」
ご飯の上に鰻が乗っているのが「うな丼」といいます。
また「うな弁」というのもあります。

また「肝焼」はなく、「肝煮」があります。

●ぬりや 泉町店
住所:茨城県水戸市泉町3-1-31
℡:029-231-4989
営業:11:30~15:00
      17:00~20:00
定休:火

Img_4502Img_4516Img_4510   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水戸 偕楽園(第113回水戸の梅まつり)

今日からは、偕楽園を目当てに水戸に数日滞在します。

第113回水戸の梅まつりが開催されている真っ只中。
今年は、早くも先月末に、満開で見頃になっていて
通年よりは可也前倒しといった感じ。

しかし今日は平日なので、ごった返すほどの人出ではなく
ゆっくりと梅を観賞できました。

Img_4207_2Img_4236Img_4187 

Img_4258Img_4228Img_4247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SALONE 2007

横浜中華街近くにある、最近では人気が急上昇し、
予約が取りにくくなって来たという、全20席ほどのお店。

夜は何ヶ月も先まで予約が埋まるほどですが、
ようやく2週間ほど前に予約し、ランチは頂ける事に。

を基調とした店内は、堅苦しくも
カジュアル過ぎてもいない、程よい雰囲気です。

「Corso di Pranzo」(3,000円/税込)1コースのみ
・本日のスープ
・前菜の盛り合わせ
・白身魚とバジリコのリゾット *3種類より選択
・鮮魚のイン・ウーミド
・スパゲッティ・ポモドーロ *好きな量を選択でき60gに
・ドルチェ
・カフェ *エスプレッソを選択

盛り付けも繊細で、料理は完成度の高いもの。
接客、配膳、雰囲気などどれをとっても素晴らしい。

ランチに関わらず、皆さん料理が美味しくてか
ワインが、どんどんすすむようです。

私などのようにワインにもあまり詳しくない方にも
フレンドリーな店主が、料理に合うものを教えてくれるので、
是非、気軽に尋ねてみると良いでしょう。

●SALONE 2007
住所:横浜市中区山下町82-3
            シタラビル1F
℡:045-651-0113
営業:12:00~14:00(L.O)
      18:00~21:00(L.O)
定休:日、第1,3月

http://www.salone2007.com/

Img_4043Img_4044Img_4050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »