« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

吊橋と離れの宿「鷹の巣館」

新潟県景勝100選鷹の巣温泉に宿泊です。

荒川峡に掛かる吊橋を渡って行くところで、
県内屈指紅葉名所としても有名。

電車の本数の少ないJR米坂線沿線なので
穴場的な面もあります。

山の中の静寂と温泉が最高のご馳走ですが、
新潟の山海の幸をふんだんに使用する
懐石料理も人気が高いです。
これを目当ての常連さんもいらっしゃるほど。

すべて部屋食で、一品一品運ばれてくる
懐石コース仕立て。

殆どの客室は、露天風呂付き離れが中心です。

しかし今回は、間際になって宿泊予約したので、
本館プランになりました。
(10畳和室にダイニングが付くお部屋)

館内は、リニューアルを頻繁に重ねているようで、
新築さながらの清潔さ。

四季を通して楽しめるところですが、
やはり、次回は格別な紅葉時期を狙いたい所。

●吊橋と離れの宿「鷹の巣館」
住所:新潟県岩船郡関川村鷹の巣温泉1072
℡:0254-64-1009

http://www.takanosukan.com/
<交通>JR越後関川駅下車。バスで15分/車で8分。
事前連絡にて送迎も有。

宿のデータ:離れ9棟、本館3室
      談話室、大・中宴会場、露天風呂付き大浴場、
      湯上り処(ロビー、売店)

Img_1299Img_1181Img_1193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RUSTICA(ルスティカ)

新潟、古町界隈にあるお店です。
特に、こちらの手打ちパスタ(数量16食限定)は人気。

「お昼のコースメニュ<C>」(3,150円/税込)を。
・前菜
・手打ちパスタ「トマトとバジルペーストソースのキターラ」
・メイン「豚ロースのソテー」
・デザート
・エスプレッソ
・自家製イタリアパン

*パスタ2種類から選べ、細打ちのものにしました。

店内は、トスカーナ料理にぴったりの趣で、
暖かい雰囲気が漂い、家庭的です。

お料理は、地味な印象ですが、完成度の高いもの。
パスタは、ラーメンにコシがある版といったところ。

メインは、赤ワインソース仕立てで、
白インゲン豆が添えられています。

●RUSTICA(ルスティカ)
住所:新潟市中央区古町通7番町1005-3
                          橋田ビル 1F
℡:025-222-3450
営業:[火~土]12:00~14:00
               18:30~23:00
          [日]12:00~14:00
 

Img_1124 Img_1113Img_1120

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米沢牛 登起波

この日は、米沢牛を頂きました。
数多い米沢牛を出すお店の中で、
創業、明治27年という老舗のお食事処に。

すき焼きが看板メニューのようですが、
やはり折角の米沢牛なので、ステーキにしようと
「特選ヒレステーキ 150g」(7,500円/税込)に。
サラダご飯味噌汁かスープが付きます。

また1階の精肉店の試食にと
ソーセージと牛肉の佃煮は、サービスで。

ステーキは、ナイフの必要がないほどの柔らかさ。

しかし柔らか過ぎず、程よい歯応えもあり、
ジューシーでサッパリとした上質なお肉。

胡椒、若干の醤油で味付けされているので、
配膳されてきたまま頂くのが丁度よさそう。

めったに頂ける価格帯ではありませんが、
東京などと比べれば数段リーズナブル。

店内は、テーブル席、小上がり、個室とあり、
明るく小奇麗で、畏まった感じはありません。

客層は、年配のご夫婦や観光客が中心です。

●米沢牛 登起波
住所:山形県米沢市中央7-2-3
        登起波牛肉店 2F
℡:0238-23-5400
営業:11:00~21:00
定休:火

Img_0983Img_0992Img_1002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルーツショップ キヨカ

米沢果物屋さんに併設するお店で、
1階が果物屋さんで、2階フルーツパーラー
お会計は1階で済ませて2階へ上がります。

作り置きしない、フルーツを使用する
食べ応えのあるデザートが頂けます。

なのでオーダーを受けてから
暫しの時間は待たなければなりません。

「フルーツパフェ」(1,470円/税込)を。

最初、可也値が張ると思ったのですが、
器からはみ出るほど。

その下にも細かくカットしたフルーツや
アイスなどもびっしり。

これだけの価格の価値は充分あります。

しかし、かなりお腹を空かせていかないと
きついでしょう。

●フルーツショップ キヨカ
住所:山形県米沢市金池2-7-2
℡:0238-23-1203
営業:[4月~10月] 10:00~19:30
    [11月~3月]     ~19:00
定休:火

http://www.omn.ne.jp/~kiyoka/ 

Img_0976Img_0977Img_0980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姥湯温泉 桝形屋

米沢市の郊外、吾妻山に沸く米沢八湯の一つ。

JR奥羽本線峠駅から更に8km離れた
携帯も通話できない大自然の中にあるので、
2時間以上歩くか、宿の送迎かどちらか。

今回は、宿のワゴン車で送迎して頂きました。
行きは、13時50分峠駅発
帰りは、7時50分宿出発
送迎は宿泊者のみで、所要30分程です。

大自然の山の中に、ポツリとある一軒宿は、
木造2階建で、周囲の景色にもマッチする
山小屋風の宿ですが、4年ほど前に
立て替えられたばかりという、比較的新しい建物で、
設備もまだ小奇麗で、快適に過ごせます。

今にも崩れてきそうな断崖絶壁の中の
大露天風呂は、野趣満点です。
これだけのお風呂は、全国的にもそうはないでしょう。

露天風呂は、混浴女性専用
18時~20時男女入れ替えが行われ
その後、また当初のように戻されます。
檜作り内風呂もあります。

夕食には、米沢牛の陶板焼鯉の甘煮
山菜などの郷土料理が並び
遠くまで足を運んだ甲斐のあるものが並びました。

特に新緑の頃、紅葉の頃が素晴らしいそうです。

●姥湯温泉 桝形屋
住所: 山形県米沢市大沢姥湯1
℡:090-7797-5934(現地衛星電話)

  Img_0787Img_0772

| | コメント (2) | トラックバック (0)

米沢 愛と義のまち 「天地人博 2009」

NHK大河ドラマ「天地人」で話題の米沢ですが、
伝国の杜(米沢市上杉博物館)では、
「天地人博 2009」が開催されています。
場所は、上杉神社に隣接する場所。

ドラマで、俳優さんが使用している衣装小道具
出演者のサイン色紙等が多数展示。

また「天地人シアター」もオープンするなど、
歴史にあまり詳しくない方でも
充分堪能できる内容になっています。

勿論、博物館が貯蔵する直江兼続にまつわる、
ゆかりの品々も多数展示。

ドラマのストーリが進む中、
舞台は、新潟から福島、山形へと移り、
今後は、多くの人出で賑わうでしょう。
既に、例年を遥かに上回る賑わいの米沢です。

Img_0966 Img_0970 Img_0934

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いしやま寿司

この日はお鮨を頂けることに。
山形でも数少ない江戸前寿司のお店。

特に、東北太平洋側のネタも多く、
この地ならではの価格で堪能できます。

「田舎のすし屋ですから」と謙遜される
比較的若いご主人は、穏やかな方で気さくな方です。
奥さんと夫婦で営まれているよう。

カウンター6席、テーブル1卓、奥に個室がある模様。

お店も比較的新しそうで、最近流行っている
土壁色を基調としていて、清潔感に溢れます。

メニューは、
おまかせ2種類(4,200円と5,250円/税込)

「おまかせ握り」(5,250円/税込)
*握り13貫(内1貫は好きなものを)+巻物1本

<おまかせ握り>
・眞子鰈(塩とツメ) 
・金目鯛昆布〆
・赤ムツ炙り
・本鮪
・中トロ
・アオリ烏賊
・コハダ
・鯵
・バフン海胆
・帆立煮浸し
・出汁巻き玉子
・穴子(塩とツメ)
・巻物(鉄火)

<お好み>
・帆立
・芝海老
・ホッキ界
・鳥貝
・キス昆布〆

<サービスで>
・ホッキ貝のヒモ軍艦
・厚焼き玉子

<冷酒1本>

<お椀>蜆

以上で1人9,000円程でした。

●いしやま寿司
住所:山形市十日町3-9-28
℡:023-631-9559
営業:17:30~
定休:水
 

Img_0570 Img_0544Img_0566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Petit Fripon(プティフリポン)

山形、十日町界隈から住宅街に入った
閑静な場所にあるお店です。

なんといっても名物は、ワッフル「ふわっふる」
8種類ほどありますが、購入できたのは、

「カスタードクリーム」
「コーヒーゼリー」
「ピーチ」
「オレンジ」
「小倉抹茶」
「チョコレート」
の計6種類。
(各94円/税込)

定番のものと季節限定の種類があります。

以前よりは、「若干サイズが小さくなった」と
知人が申しておりましたが、
1ヶ94円は、かなり格安な価格設定では?

ふわふわなワッフルは、幾つでも食べられそう。

他に、クッキーやプリンも評判だそう。

因みにイートインのスペースはありません。

●Petit Fripon(プティフリポン)
住所:山形市十日町3-6-22
℡:023-622-4743
営業:  9:30~19:00
    (祝)9:30~18:00
定休:水

http://hokoan.n-da.jp/

Img_0531Img_0532_2 Img_0626

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庄司屋

JR山形駅からバス停で2つほど、
「若葉町口」で下車し、すぐの住宅街にある
山形では一番老舗そば屋さん。

開店と同時に、続々と観光客、常連さんが
訪れて可也の賑わいを見せます。

店内に入ると囲炉裏風テーブルが目を引き、
お座敷、他のテーブルが数卓あり可也大きそう。

「相もり板」(1,720円/税込)を。
田舎そば更科そばが同時に楽しめる人気の品。

自家製粉の石臼挽きを使用した蕎麦は、
中太でコシが強いので、1人前ながら可也の分量。
食感喉ごし共に素晴らしいです。

つけ汁は、土佐鰹の本節と利尻昆布を使用している
拘りようで、妥協のない仕事が感じられるもの。

●庄司屋
住所:山形市幸町14-28
℡:023-622-1380
営業:[火~金] 11:00~16:00
         17:30~19:30
    [土・日・祝] 11:00~20:00
定休:月

http://www.shojiya.jp/ 

Img_0687 Img_0681Img_0686

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「霞城セントラル」展望コーナーからの夜景

JR山形駅と隣接した「霞城セントラル」夜景を。

ホテルなども入る複合24階建のビルに、
夜10時まで無料開放の展望コーナーがあります。
Img_0616Img_0595_2Img_0603Img_0594

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばんこう花

東北、山形で評判のカレーライスのお店。
特にチキンカレーは人気商品だそう。
玄関先に「チキンカレーあります」の立て札・・・

私もその「チキンカレー」(900円/税込)を。
このチキンカレーの辛さは、選択できません。
燃えるような辛さ「滅(めつ) 辛辛辛」のみ。

体内の脂肪を溶かしダイエット効果もある
辛さで、メタボの方にもお勧めだとか。
気になる方は挑戦されてみては?

しかし、特に瞑想するような辛さでもなく、
通常のインドカレー程度です。

骨付き鶏肉が入り、香り高いサラリとした
ルーで程よい辛さ。

店内は、地元サラリーマンの方ばかりで、
女性の方はいらっしゃいませんでした。

夜は、日本酒がたくさんそろう居酒屋として
賑わうそうです。

●ばんこう花
住所:山形市東原町1-12-29
℡:023-633-3191
営業:12:00~14:00
    18:00~21:00
定休:日・不定休

Img_0248Img_0242Img_0246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar 町田

新潟、古町界隈にある
芸妓置屋改装して利用しているお店。
どこか懐かしいレトロな雰囲気を感じます。

嘗ては、この辺りにも沢山の舞妓が存在し、
日本有数の花柳街だったのだそう。
そんな面影をこの辺りは残す貴重な町並み。

1Fのカウンター席もありますが、
今回は2Fのテーブル席を利用させてもらいました。
引戸の玄関を開け、靴を脱いで店内へ。

オーダーしたのは、
「ランチ menu A」(1,680円/税込)
・サラダ又はポタージュ「ジャガイモの冷製スープ」
・魚又は肉料理「イサキのポワレ マリニエルソース」
・自家製パン *お替り可
・コーヒー又は紅茶
・デザート「洋梨のタルトとストロベリーシャーベット」

コース、アルコール、一品料理とメニューが豊富で、
様々なシーンで利用できそうです。

●Bar 町田
住所:新潟市中央区古町通8番町1444
              第一プロジェクトビル
営業:12:00~14:00
    18:00~25:30
定休:日・祝

Img_0087Img_0103Img_0101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燈里屋

新潟古町では比較的新しいお店です。
店内は、坪庭を眺められるカウンター
個室お座敷など様々で、収容人員も多いそう。

店名の由来は、「繁華街古町の嘗てのような賑わいを
取り戻す燈りを灯す」という意味が込められているそう。

以前は、夜のみの営業だったと記憶していますが、
最近、ランチの営業もしていると知りました。

「燈里屋ミニ会席」(4,200円/税込)をオーダー。
・前菜 ・造り ・焼物 ・炊き合わせ
・油物 ・酢物 ・食事 ・水菓子 ・コーヒー

店内には、ジャズのBGMが流れ
ゆったりとした時間の中、日本海ならではの
新鮮な魚を、ふんだんに使った料理が味わえます。

●燈里屋
住所:新潟市中央区東堀通8番町1415
℡:025-228-2201
営業:11:30~14:00(L.O.13:30) 
        17:00~23:00(L.O.22:00) 
定休:日

   Img_0038Img_0042Img_0057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »