« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

名代 親子丼のゑどや

新潟、古町近くのバス通り沿いにある、
比較的最近出来たお店です。

メニューは3種類親子丼(炙り、石焼、通常)
生ビールのみの、いわば親子丼専門店

お店は、10席強の可也小さなお店で、
入店すると焼き鳥店の様な、
香ばしい匂いが立ち込めます。

小民家風の店内で、
飲み屋さんのようにも見えます。

オーダーしたのは、一番人気の
「名物 炙り親子丼」(880円/税込)

鶏肉燻しながら焼き上げた香ばしさが
元々、良質でふっくら玉子と鶏肉の親子丼を
更に引き立たせる、になりそうなお味。

米所、新潟ならではの御飯も流石に美味しく、
価格的にも、非常に良心的であります。

地元の方のテイクアウトも目立ちますし、
狭い店内は、常連客で直ぐに一杯になります。

●名代 親子丼のゑどや
住所:新潟市中央区寄居町332-61
                           東京堂ビル1F
℡:025-224-4307
営業:11:30~14:30 
     17:30~20:30
定休:月・金の夜
 

Img_2462 Img_2456Img_2458

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙薹屋総本店

川崎のアーケードの銀柳街にある
創業80余年という老舗甘味処です。

1階テイクアウト2階甘味処
甘味や軽食などが食べられます。

数年ぶりに訪れましたが、改装されていて、
明るい空間に変貌していました。

また1階にも、新たに甘味の食べられる
スペースが出来ていました。

昔からオーダーの際に、「普通サイズとミニサイズ
どちらになさいますか?」と訊ねられます。
あまりにもボリュームに富んでいるからでは?

「クリームあんみつ」(630円/税込)を。

つぶ餡色付寒天求肥
白玉フルーツが入り、寒天は多いです。
また、緑色がかかった寒天は可也美味しい。

テーブルに黒蜜白蜜の入った容器があり、
各自で好みの分だけかけて頂きます。

●仙薹屋総本店
住所:川崎市川崎区砂子2-1-1
℡:044-222-3061
営業:9:00~20:30(LO 20:00)
定休:第3火曜日(7,8月無休) 

Img_1709 Img_1703Img_1706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊水

川崎市郊外、東急田園都市線鷺沼駅から
徒歩10分ほど、バス停にして1つにあるお店。

お店はテーブルと小上がりで、20席弱ほどの
比較的小さなお店です。

「うな重(特串)」(2,835円/税込)
「鰻の煮こごり」(683円/税込)
を。

注文を受けてから捌く鰻ですが、
うな重が運ばれてくるまでは、比較的早く
30分弱ほどでした。

紀州備長炭を使用した国産鰻は、
ふっくらと焼き上げられて、タレはさっぱり。

みにどのランクお重でも、
1尾分丸ごと使用するそう
です。

煮こごりは、比較的しっかりとした味付け。

接客の女性も物凄く感じのいい方でした。

●菊水
住所:川崎市宮前区鷺沼4-2-3
℡:044-854-8170
営業:11:30~14:00
      17:00~21:00
定休:水(7月は不定休)
 
Img_1730Img_1733Img_1744

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜カリー「アルペンジロー」

市営地下鉄、阪東橋駅から徒歩数分にある
横浜カリーを頂けるお店です。

山を愛するご主人の命名した店名の通り、
山小屋ヒュッテを連想させる外装と
レトロ感漂う上品なカウンター禁煙席
奥の喫煙テーブル席は温かみのある感じ。

オーダーしたのは、
「野菜カリー<数量限定>」(1,650円/税込)
「飯盒 ライス<小>150g」(200円/税込)
「スペシャルディナーセットコース」(600円/税込)

最初に「ルーはスープ仕立てになっているので、
そのまま飲んでみてください」
とのこと。
結局そのまま殆ど頂いてしまった
スープカレー仕立てです。

価格だけを見ると割高感を感じたカレーは、
香辛料野菜甘みが出ている素晴らしいもの。

大切り野菜がふんだんに使用され、
更にその下には、ヌードルが潜み、
いわば、シチューのようなボリュームです。

辛さ6段階から選択でき、
上から3番目の「アイガー」にしました。
然程辛くはないです。

スペシャルディナーセットコースには、
香草サラダ、季節のスープ、
デザート、コーヒーor紅茶がつき、
これをプラスすることにより
ディナーとしては、可也お得感が増すのでは?

接客、料理、雰囲気どれも素晴らしいです。

●横浜カリー「アルペンジロー」
住所:横浜市中区弥生町3-26
℡:045-261-4307
   [火~金]11:00~15:00(L.O.14:30)
        17:30~22:30(L.O.22:00)
        [土]11:30~15:00(L.O.14:30)
               17:30~22:00(L.O.21:30)
    [日・祝]11:30~15:00(L.O.14:30)
               17:30~22:00(L.O.21:30)
定休:月

http://www.alpinjiro.com/ 

Img_1509 Img_1506Img_1500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葉山 日影茶屋

神奈川葉山にある創業三百余年という
有名な日本料理店へお邪魔しました。

門構えは、流石に老舗の風格が漂いますが、
いざ、店内に足を踏み入れると、
お蕎麦屋さんの様なシックな雰囲気で、
至って利用しやすい雰囲気です。

椅子席座敷がありますが、今回は椅子席。
竹、笹、池などを配置した素晴らしい庭園
眺めながら頂くお食事は、五感で楽しめるもの。

「会席(葉山)」(8,400円/税込サ別)を。
・先付「秋田産 じゅん菜と玉子豆腐」
・前菜「棒寿司 螺独活酒盗和え 梅蜜煮 枝豆 豆腐味噌漬」
・椀「清水仕立 鱧葛叩き」
・造り「季節の魚 盛り合わせ」*黒ムツなど
・焼物「鮎 塩焼 ・沢蟹 蓼酢」
・煮物「冷し煮物ゼリー寄せ」
・揚物「賀茂茄子の煮卸しがけ」
・食事「焚き込み御飯 赤出し 香の物」*生姜御飯
・水菓子「黒蜜羊羹」

正午を過ぎる頃には、老若男女の様々な客層で、
椅子席は埋め尽くされます。

●葉山 日影茶屋
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内16
℡:0468-75-0014
営業:11:30~14:30(L.O)
    17:00~21:00(L.O)
定休:水(祝の場合は営業)

http://www.chaya.co.jp/ 

Img_1930Img_1924Img_1920

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北鎌倉 明月院(アジサイ寺)へ

この日は、紫陽花を鑑賞しに、北鎌倉の明月院
朝から雨が降ったりやんだり、
時折、薄日が射しかけたりの天気・・・。

盛りは過ぎていますが、平日にも拘らず
まだまだ大勢の人が訪れていました。

  Img_1574_2Img_1576Img_1630

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レストラン プランデルブ北鎌倉

JR北鎌倉駅から山の手の高級住宅街、
梶原にある民家改装しているレストランです。

事前にランチの予約をし、電車で行く旨を伝えれば、
駅から送迎もして頂けるので、お願いしました。
因みに歩けば、30分ほどは要する坂道です。

高級住宅街の知人の家に招かれたような所で
案内された席からは、お庭を眺められ、
和洋折衷の雰囲気に期待が膨らみます。

客層は、年配の奥様方が殆どでした。

「シェフからのお勧めフルコース」(5,000円/税込サ別)を。
*オードブル「白アスパラと帆立のグリル 浅利」
*スープ:「トウモロコシの冷製ポタージュ」
*魚料理:「真鯛のポアレのサフランソース、季節の野菜添え」
*肉料理:「仔羊背肉のロティ、ペルシャード風」<4種類より選択>
*デザート:「木苺のシャーベット、プラムとココナッツのムース等」

お店の方は、「田舎料理ですから」と謙遜されるも、
盛り付け彩り豊かで、ボリュームもあり、
素晴らしい内容・・・。
足を伸ばした甲斐がありました。

接客も出すぎず、程よいもので好感が持てます。

●レストラン プランデルブ北鎌倉
住所:神奈川県鎌倉市梶原3-32-11
℡:0467-47-4567
営業:12:00~14:30
    17:30~20:30
定休:火

http://www.pdh.jp/kamakura/index.html

Img_1683Img_1662Img_1674

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人形町今半 本店

言わずと知れた、人形町にあるすき焼の有名店。
今日は、ここのランチを頂くことにしました。

入り口で、すき焼鉄板焼かを記入し、
2階お座敷へ案内されました。

至って明るく清潔な印象の店内。

「すき焼御膳」(2,625円/税込)
をオーダー。

お店の方が目の前で調理して下さいます。

ランチとは思えない、柔らかく上質なお肉、
割り下も好みで、甘すぎず濃すぎず、比較的さっぱり

接客、料理内容ともに素晴らしいです。

●人形町今半 本店
住所:東京都中央区日本橋
          人形町2-9-12
℡:03-3666-7006
営業:11:00~22:00
無休

http://www.imahan.com/

Img_1356Img_1360Img_1366_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »