« ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル | トップページ | 日本料理「桜亭台町茶寮」 »

鮨 奈可久 星野

東京、六本木「奈可久」の流れを汲む
本格的な江戸前寿司が味わえるお店で、
こちらの新潟では、珍しい貴重なお店です。

まだ30代半ばというご主人は、意外とお話される方で、
ご自身のことも色々と話されていました。

ご主人は、新潟県南魚沼出身の方だそうで、
大阪心斎橋「越前寿司」4年
六本木「奈可久」8年の修行を経て、
地元のこちらで、お店を構えられたとのこと。

開店して3年ほどになるという店内は、
まだ真新しい感じで、明るく清潔感溢れる造り。
カウンター8席2卓テーブル小上がりがあります。

カウンターには、奈可久の名物ともいえる氷柱・・・、
ネタはそれに沿うように並べられていて、
ネタケースはありません。

メニューはなく、基本的に、おまかせコースのみで、
おつまみ数品お鮨を頂く構成で1万円
他に握りのみでもOKだそうで8千円とのこと。

今回は「おまかせコース」をお願いしました。
おつまみ6品、お鮨12貫、玉子、お椀、デザート

<おつまみ>
・蛸の桜煮
・お造り(青柳、カンパチ、真鯛)
・カラスガレイの味噌漬
・松茸の茶碗蒸し
・毛蟹とワカメの酢の物
・水母の梅肉和え

<握り>
・やりいか
・真鯛の昆布締め
・赤貝
・コハダ
・シメサバ
・いくら
・バフンウニ
・車海老(黄身酢おぼろ)
・ヅケまぐろ
・中トロ
・煮蛤
・穴子
・厚焼き玉子

・カンパチの粗汁
・抹茶のアイス黒蜜がけ

------------以下追加-------------
・カンパチの炙り
・煮蛸
・干瓢巻

おつまみは、もはや「お料理」といえるでしょう。
刺身一辺倒ではなく、バラエティーに富んだ内容で
タイミング構成も素晴らしかった。

握りは、きちんと江戸前の仕事を踏んだ完璧なもの。

締めもの締め具合、しっとりした玉子焼きの完成度の高さ、
煮蛸の絶妙でありつつ、多少歯ごたえを残しているなど、
素材を十二分に生かしている丁寧な仕事ぶりです。

シャリ小さめで、握りは見た目も美しい。
巻物も切り口が綺麗です。

こちらのお店は、様々なシーンに利用できそうで、
どなたに紹介しても喜ばれること請け合いです。

●鮨 奈可久 星野
住所:新潟市中央区西堀通5番町833-11
℡:025-229-3388
営業:17:00~23:00
定休:日・祝

Img_7508Img_7455Img_7496

|

« ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル | トップページ | 日本料理「桜亭台町茶寮」 »

寿司」カテゴリの記事

コメント

ももさん、こんにちは。
若いのに素晴らしい店ですね。新潟市内というと以前「港寿し」にしか行った事ないのでもしも行く機会がある場合の参考になります。ももさんの25枚の写真からも美味しさが滲み出ています。にぎりも綺麗ですね。この頃寿司やの開拓をしていないのでとても新鮮に映ります。お店では地元や佐渡などの魚介類を使われるのでしょうか?あっ、今気が付いたのですが、ももさんは鮨の写真撮るとき多少斜めですがどちらかというと上からの構図が多いですね。私は座りながらパチパチ撮ることが多いです。ももさん撮っていて疲れないですか?
お店の中央の氷が目印ですね。ご馳走様でした。では、また。

投稿: nishi | 2009年10月29日 (木) 09時03分

nishiさん、こんにちは。
お忙しいのにご訪問いつも感謝いたします。

以前から行きたいと思っていたお店でした。
今まで行ったお店の中でもかなり満足度の高いお店でした。

新潟はどうしても刺身握り一辺倒という所ばかりで、こういう仕事をしているお店はきわめて貴重な存在かと思います。

地元の素材を使いつつ、太平洋側の魚介は取り寄せるといったネタに関して言えば「折衷」ということでしょう。

特に、おつまみが印象に残りました。

写真の構図・・・どう撮るのが一番いいんでしょうね?
デジカメなので上から撮っても疲れませんが、どういうのが一番感動をお伝えできるのか・・・これは今後の課題ですね。

投稿: もも | 2009年10月29日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517937/46608480

この記事へのトラックバック一覧です: 鮨 奈可久 星野:

« ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル | トップページ | 日本料理「桜亭台町茶寮」 »