« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

VOVO

新潟本町界隈の外れにあるカレー専門店です。
マンションの1階に入る隠れ家的なお店で、
木目調漂う喫茶店のような空間が広がります。

カレー数種類ランチタイムにはサラダが付き、
更にプラス100円にてドリンク付きに。
また2種類のカレーを同時に楽しめるハーフ&ハーフも。

「野菜のカレー」(1,000円/税込)をオーダー。
*「オーガニックティー(紅茶)」(+100円)追加

程よい大きさのジャガイモトマトピーマンが入り、
野菜から出るコク甘みがルーと相まって
優しい仕上がりのカレーになっています。

まるでスープカレーを思わせるようなルーで、
香辛料を加えると丁度良い味わいになる感じ。

ただ盛り少ないので、割高感は否めない感じ。
大盛りにするなどした方が良さそう。

お店は比較的若い男性が切り盛りし、
常連客が多い印象でした。

●VOVO
住所:新潟市中央区本町通9番町1344-2
                                  マンション大西1F
℡:025-224-9249
営業:11:30~15:00(L.O)
      17:30~23:00(L.O)
定休:火

Img_0659 Img_0664 Img_0667

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりたま工房

新潟県新発田市の住宅街にある洋菓子店です。

このお店の最大の売りは、何といっても
自家農場で生産される玉子「平飼いたまご」
ふんだんに使用した洋菓子が頂けること。

半開放状態で育つは、のびのびと飼育され、
卵黄独特コクがあり、濃厚

店内は、セルフサービス式のイートインコーナーもあり、
コーヒーなどのドリンクもオーダーできます。

「クッキーシュー」(135円/税込)
「フルーツロールカット」(290円/税込)
「コーヒー」(200円/税込)
をオーダー。

クッキーシューは、濃厚コクのあるクリーム
たっぷりと入っていて、サクサクの生地と良く合います。

フルーツロールは、スポンジ肌理細かくしっとり
フルーツふんだんに使用されます。

価格も良心的でお土産にも喜ばれそうです。

●とりたま工房
住所:新潟県新発田市富塚町2丁目3-15
℡:0254-26-8900
営業:9:30~18:00
定休:不定休(月1回ほど)

http://toritama.jp/   

Img_0617Img_0620Img_0627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Table(ラ・ターブル)

JR信越線越後石山駅から歩くこと10分ほど、
住宅街にある手作りパンのお店です。

テイクアウトは勿論、店内の右手奥には、
「et puis les cheises」という併設カフェがあり、
早朝から営業している有り難いお店。

朝はモーニング、お昼はランチが頂けます。
ランチは4種類ほど。

「本日のプレート」(1,000円/税込)をオーダー。
・帆立の香草パン粉焼き
・チキンクリームグラタン
・冬のキッシュ
・パテ・ド・カンパニュー
・人参のラペ
・紫キャベツの盛り合わせ

・パン
・スープ
・コーヒーor紅茶

期待以上の内容で、手作り感あふれる内容。
パンコーヒーは、お替りまでできる涙ぐましいもの。

十数席の小さなスペースゆえ、お昼時は、
平日でも常に満席になるので予約が賢明です。

カフェ専従のスタッフもいらっしゃるので、
サービスも行き届いています。

●La Table(ラ・ターブル)
住所:新潟市東区東明5-3-1
℡:025-257-8424
営業:7:00~19:00
定休:火

http://www.latable.co.jp/ 

Img_0484Img_0486Img_0491

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国料理「天壇」

ANAクラウンプラザ新潟内にあるお店です。

最近、改装されたそうである店内は、が基調の
中華ダイニングといった趣のお洒落な空間。

は本格的なコースが中心で、
ランチには手ごろなセットメニューが充実。

「口福セット」(1,800円/税込サ別)をオーダー。
・本日の冷菜
・副菜「里芋の肉味噌餡かけ」
・メイン
・本日のスープ
・白飯
・漬物
・デザート

メインは魚・肉料理3種類から選ぶ方式で、
「紋甲イカと帆立の藻塩炒め」にしました。

全体的に上品且つあっさりとした味付け、
そしてセットにも拘らず、メインが可也多い印象。
ボリュームをも兼ね備えた内容でした。

平日は他に「天壇ランチ」(1,200円/税込サ別)もあり、
メインは何れも、半月毎に変更となるそうです。

●中国料理「天壇」
住所:新潟市中央区万代5-11-20
      ANAクラウンプラザホテル新潟2F
℡:025-245-3338
営業:11:30~14:30
    17:00~21:00(L.O.20:45)
無休

http://anacrowneplaza-niigata.jp/

Img_0413Img_0405Img_0410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洋食屋 mamezou

新潟市、本町市場から少々外れた所にあるお店。

ブラウンを基調とした小奇麗な店内は、
座席が12席ほどと小さく、BGMにはジャズが流れ、
家庭的な雰囲気が魅力です。

「bメニュー」(1,480円/税込)をオーダー。
・キャベツと押し麦のスープ
・新潟産コウグリ(カワハギ)の甘辛白葱ソース
・ライス
・ドリンク(ハーブティー)*3択
*「キャラメル風味のパルフェ」(380円/税込)は、別途追加。

ランチは他に「aメニュー」(1,150円/税込)もあり。

素材重視で、バターなどをあまり使用しないそうで、
洋食にありがちな重たさがありません。

●洋食屋 mamezou
住所:新潟市中央区上大川前通6-1195-3
℡:025-222-4693
営業:11:30~14:30
      17:30~19:15 
   

Img_9571_2Img_9556_2Img_9561_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷門 初小川

元旦には予約が一杯で伺えなかった鰻店。
明治40年創業という浅草の老舗です。

歴史を感じさせる建物で、雑然とした感もあるものの
落ち着いて鰻が味わえる雰囲気です。

囲炉裏のテーブル席と小上がり座敷4席ほど。
15人ほどしか入れない小さなお店ゆえ、
予約は必須でしょう。

このお店では、ご主人が接客と配膳。
女将さん自身が調理するそうで非常に珍しいケース。

「うな重<上>」(2,310円/税込)
「肝吸い」(50円/税込)
をオーダー。

国産物を生きたまま仕入れ、注文を受けて捌く為、
25分ほどは待たなければなりません。

運ばれてきた「うな重」には、3切れ
ふんわりし過ぎず、程よく柔らかい感じ。
またサッパリとした辛口のタレも美味しい。

御飯の量は、他店より少なく感じたものの、
この価格は実に良心的といえましょう。

また「肝吸い」大きい器で早めに供される。

年季が入った建物の一軒の価値あり、
また入出店時の厨房からの女将さんの声も印象的。

●雷門 初小川
住所:東京都台東区雷門2-8-4
℡:03-3844-2723
営業:12:00~13:30
      17:00~19:30 (日は夜のみ)
不定休

   Img_9978Img_9979Img_9985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜うかい亭

横浜市の郊外(大和市)にあるお店です。
しかし立地条件が今一で、最寄りの東急田園都市線
つきみ野中央林間駅からも可也距離があります。

迎賓館という名に相応しい重厚感のある洋館は、
外交官邸宅だったものを石川県から移築したそうで、
閑静な住宅街の中にあっては、可也目立ちます。

館内は、接待にも使われそうな上質な空間で、
豪華ながらも落ち着け、ゆとりのある贅沢な造り。

この日までは、まだお正月特別メニューで、
3種類の内から選択。

「タラバガニとうかい牛コース」(12,600円/税込サ別)を。
・トリュフのフラン
・牛テールのコンソメスープ
・タラバガニのヴァプール オレンジソース/蟹の腹の身グラタン添え
・うかい牛サーロインステーキ
・そうめんorリゾット <リゾットを選択>
・季節のシャーベット
・プティフール
・コーヒー
・三田 湖梅園 和栗のモンブラン  <*3種類より>

ステーキ以外のお皿も充実しているので、
お肉だけ突出しているというよりは、
全体的に美味しかったし、素晴らしかった感じ。

ちなみに「うかい牛」とは、お店専用牧場で
育てている牛肉のことだそうです。

スタッフも多いのでサービス行き届き、
料理の説明なども詳しかったです。

●横浜うかい亭
住所:神奈川県大和市つきみ野6-5-2
℡:046-276-5252
営業:12:00~22:30
無休

http://www.ukai.co.jp/yokohama/

Img_9833Img_9828 Img_98101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄地料理「波照間」(ラゾーナ川崎店)

JR川崎駅と直結する大型ショッピング施設
「ラゾーナ川崎」に入る沖縄料理店です。

店内は、沖縄ムード満点で寛げる空間で、
沖縄音楽が流れます。

沖縄から毎日、空輸で食材を仕入れ、
本場の味わいを再現しているのが最大の売り。

沖縄料理のお店としては価格もリーズナブルで、
ランチは更に格安なセットメニューが揃います。

「美ら波(ちゅらなみ)御膳」(1,580円/税込)を。
・ゴーヤーチャンプルー(小)
・沖縄産車海老のから揚げ
・ラフテー ・ソーキそば(小) ・海ぶどう
・ジューシー ・もずく酢 ・ぜんざい
・自家製ジーマーミ豆腐 ・クーブイリチー ・ミミガー

沖縄の代表的な料理が少しずつ味わえ、
お得感のあるメニューになっています。

●沖縄地料理「波照間」(ラゾーナ川崎店)
住所:川崎市幸区堀川町72-1
                ラゾーナ川崎プラザ4階
℡:044-520-0170
営業:11:00~17:00
      17:00~23:00
定休:ラゾーナ川崎に準ずる

http://hlk.panali.jp/

Img_9596Img_9605Img_9604

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理「木の花」

横浜駅近くのベイシェラトンホテル8階にある
和食堂で、本格的な日本料理がいただけます。

この日は、まだお正月メニューでしたが、
買い物ついでに立ち寄ってみることに。

お店は、木目調の広々とした贅沢な空間で
清潔感に溢れます。

「木の花彩膳」(4,935円/税込サ別)をオーダー。
<初箸>初鰹の昆布出し汁
<祝肴>伊達巻 黒豆等
<造り>鯛と鮪
<椀盛り>雑煮椀
<焼き物>ゆず釜 海老芋明太焼
<煮物>慈姑豆腐の衣揚げ
<食事/止椀>蟹寿司御飯/赤出汁
<水菓子>水羊羹/ゆずジュース

食前酒として濁り酒の御屠蘇からスタート。
お正月料理懐石料理折衷といった感じで、
本来の料理とは程遠い感じ。

しかし、上品且つ彩り豊かな盛り付けと
薄すぎず濃すぎずの味付けは好感が持てます。

またホテルならではの接客も魅力。

●日本料理「木の花」
住所:横浜市西区北幸1-3-23
     横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ8F
℡:045-411-1111
営業:11:30~14:30
    17:30~22:00
無休
   

Img_9745Img_9721Img_9737

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿中村屋(本店)「Repas(ルパ)」

新宿にある言わずと知れたカレーの有名店。
お正月料理にも飽き、訪れてみました。

今回は、2Fにある「Repas(ルパ)」の利用。
こちらは、至って普通のレストランの雰囲気で、
気軽に利用しやすいのが特徴。

80年以上も変わらぬ味を守り続け、
日本で最初に供したとされるインドカリーが頂けます。

「インドカリーセット」(2,132円/税込)をオーダー。
・サラダ、ドリンク付き

20種類ほどのスパイスを使用するカリーは、
スパイシーなもので後を引く美味しさ。
分量は多すぎず程よい

特別な飼育法で育った鶏を使用するチキンは、
骨付きでスプーンでも簡単に解れるほどです。

ドリンクは、アイスインドティーを選択しました。

お正月の大繁盛の最中ですが、
流石に店員教育も行き届いていました。

●新宿中村屋(本店)「Repas(ルパ)」
住所:東京都新宿区新宿3-26-13
           新宿中村屋本店2F
℡:03-3352-6161
営業:11:00~22:00
無休:

http://www.nakamuraya.co.jp/honten/

Img_9635Img_9643Img_9645

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草「梅園」

初詣の帰りに立ち寄った甘味処です。

雷門の近くにあり、いつも賑わいを見せますが、
この日も流石に大繁盛。

名物「あわぜんざい」(724円/税込)をオーダー。

独特風味色合いですが、食べていると
普通の「おはぎ」の、もち米のようにも感じます。

漉し餡は甘めで可也の分量が乗り、
口直しのシソの実漬も付きます。

こちらのお店は食券制ですので、
入店前にオーダーするものを決めておきたい所。

店内は至って普通の甘味処と いった趣です。

●浅草「梅園」
住所:東京都台東区浅草1-31-2
℡:03-3841-7580
営業:10:00~20:00
定休:水・他月2回

  Img_9922Img_9960Img_9963

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣(浅草寺へ)

あけましておめでとうございます。

いよいよ2010年へと年が変わりました。
昨年このブログをご覧頂いた方、今日初めての方、
皆さんにとって、素晴らしい年となりますように!

今年も「ももなび」をどうぞご贔屓に願いますm(__)m

新年最初は、浅草寺へ初詣の模様をアップ。

因みに私の引いた御神籤は「凶」( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ま、用心しながら日々を過ごしてゆく所存です。
  Img_9963 Img_9955Img_9897

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »