« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Restaurant 27 (レストラン バンセット)

JR立川駅南口近くの小さなビル2階にあるお店。
お店は30席に満たないほどの小さな空間。

立地は雑居街といった所ですが、
そんな喧騒を忘れるかのごとく、洗練された店内は静か。
アットホームな雰囲気で、本格的なフレンチが頂けます。

ユニークな店名の「27」とは、シェフが27歳のときに
お店をオープンしたのが由来なのだそう。

「シェフのおまかせコース」(5,250円/税込)を。
<アミューズ>岩手産ほろほろ鶏の白レバームースとパテ
       <前菜>佐賀産ホワイトアスパラガスと
           香川コスモファームのキンカンのコンポート
               ミモレットと静岡産フルーツトマトのサラダ仕立て
    <魚料理>ホウボウと鹿児島産ハマグリのナージュ
    <肉料理>牛ヒレ肉のグリエ マデラソース フォアグラ添え
  <デザート>姫小春のコンポート クレーメ・ダンジュ
<お茶菓子>
    <飲み物>  
<自家製パン>

              *魚料理は、筆者が食器で若干崩してしまっています。

2時間以上かけ、ゆっくり供されますので、
お腹の具合も比較的気にならずに勿論完食です。

一品一品が手の込んだ料理で、どのお皿も比重が高く充実、
安定したコースの仕上がりになっている印象。

味も濃すぎず程良く、盛り付けも綺麗でした。
素材を知り尽くしてるが故の調理法も光ります。

接客も出すぎず程よいものでありました。

●Restaurant 27 (レストラン バンセット)
住所:東京都立川市柴崎町3-5-2
              むつ花ビル2F
℡:042-526-6716
営業:12:00~15:00
    18:00~23:00(L.O.21:30)
       〃     (L.O.21:00)日・祝
定休:月・第2火、第1火のランチ

http://www.sprasia.com/tv/user/vanset/blog

Img_1888Img_1891Img_1907_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

L'Automne(ロートンヌ)立川伊勢丹店

JR武蔵野線新秋津駅近くに本店を構える
ロートンヌのケーキが立川伊勢丹で購入できます。

「セレモニ」(399円/税込)
「モンブラン」(315円/税込)
を購入。

セレモニは、抹茶チョコレートを使ったお菓子で、
チョコ甘さ濃厚な抹茶渋みが抑える形で、
絶妙に調和しています。

モンブランは、マカロンが敷かれ、
その上円やかな口溶けマロンクリームが乗ります。
しっかりと風味もします。

甘さ控えめで舌ざわりのいいケーキが多数揃います。

●L'Automne(ロートンヌ)立川伊勢丹店
住所:東京都立川市曙町2-5-1
           伊勢丹立川店B1F
℡:042-525-1111
営業:10:00~20:00
定休:伊勢丹に準ずる

http://www.lautomne.jp/index.html

Img_2510Img_2509Img_2515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦懐石 無庵

JR立川駅北口から徒歩5分程にある蕎麦会席のお店。

照明が落とされた座席間隔が広い店内は、
BGM真空管アンプからジャズが流れ、
まるでここだけがゆっくりと時間が流れているよう。

薪ストーブが配置されていたり、レコードがあったりする
アンティークなムード満点な空間です。

「お昼の蕎麦游膳」(3,500円/税込)をオーダー。
<蕎麦豆腐>岩海苔・青柳のジュレ・小柱
<点心>筍土佐煮・コゴメの胡桃和え・独活の桜煮・花豆・鴨ロース
<焼味噌>
<魚料理>鰹ヅケのカルパッチョ仕立て
<天ぷら>キス・椎茸・カンゾウ
<蕎麦>
<デザート>酒粕のブラマンジェ・金柑

相模原にあるお店のファーム自家栽培される
無農薬野菜をふんだんに使ったものが並び、
アイディア感覚溢れるお料理に仕上がります。
蕎麦懐石というより、日本料理に近い構成。

八ヶ岳山麓相模湖産玄蕎麦を使用するお蕎麦は、
香りと風味が良く、1本1本が比較的短いもの。

酒のおつまみになりそうなメニューも多く、
アルコール好きの方にも堪らないお店なのでしょう。

●蕎麦懐石 無庵
住所:東京都立川市曙町1-28-5
℡:042-524-0512
営業:11:30~14:30
    17:00~21:00
定休:日・第1月

http://www.muan.jp/

Img_2553Img_2563Img_2575

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うなぎ しら澤

JR立川駅から歩くこと10分強。
青梅線中央線の線路との間にある住宅地にあり、
踏切を渡って行く立地で、正に地元密着型のお店と言えます。

カウンター4席畳の小上がりのアットホームな雰囲気。
良心価格ながら本格的な鰻が味わえます。

「うな重<特>*御新香,肝吸付」(2,500円/税込)
「お通し 三点盛」(400円/税込)
をオーダー。

うな重と言えど、お重とは別のお皿で出てくる鰻。
程よいふっくら感厚みのある鰻です。

微妙な焼色も付いていて香ばしい部分もあります。
タレも後味がさっぱりしていています。

又お通しには、ご主人の作る烏賊の塩辛をはじめ、
鮪の赤身竹の子の煮物が盛り込まれ、食べ応えあり。

二段重「特選殿様丼」(2,800円/税込)も評判。

テイクアウトも可能とのこと。
地元常連客が多い隠れた名店と言えるでしょう。

●うなぎ しら澤
住所:東京都立川市曙町1-9-21
℡:042-524-5061
営業:11:00~21:00
定休:火

Img_1958Img_1968Img_1974  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨 なんば

JR荻窪駅から徒歩10分弱の所にあるお寿司屋さん。
入口が判りにくく、国道沿いの細い路地を入ったビルの1階。
カウンター9席ほどとテーブル1卓のお店。

お店は、当たりの柔らかい人柄の良さそうな親方、
そしてまだお若いお弟子さんとで切り盛り。

飲まずに母娘で利用している方もいらっしゃるなど、
畏まる雰囲気なく、落ち着いてお寿司を楽しめます。

料理は基本的にお任せのみ。
飲まなければ、1万円に行くか行かないかの御会計。
東京都内に有っては実に良心的です。

<おつまみ>
・白ウオ
・平目(昆布締め)青森産
・シメサバ
・赤貝(九州産)
・車海老
・煮蛸
・メヒカリ
・スミイカゲソと海栗と胡瓜

<握り>
・スミイカ
・平目
・鳥貝
・鮪づけ
・中トロ
・青柳
・車海老
・鯵
・コハダ
・カワハギ(肝)
・海栗手巻
・穴子
・厚焼き玉子

・お椀

<追加>
・蛤

この日は、おつまみが少なめゆえ握り重視とのこと。
丁寧な仕事がされているものが並び、好感が持てます。

赤酢を使用している舎利は若干固め
握りは標準サイズ

料理が出されるペース可也ゆっくり
時間に充分余裕のあるときに伺うのが最善です。

●鮨 なんば
住所:東京都杉並区天沼3-11-3
           モアビル1F
℡:03-3391-3118
営業:18:00~24:00
     17:00~24:00(日・祝)
定休:水

Img_2355Img_2359Img_2390_2

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

燈々庵

JR五日市線東秋留駅から車で10分ほどにある
江戸時代旧家邸宅改装して営業している
本格懐石料理店で、併設されたギャラリーもあります。

BGMジャズ流れる灯りを落としたシックな空間は、
上質な寛ぎの時間が流れ、料理を一層引き立てます。

「正午懐石<桜>」(5,775円/税込サ別)を。
<弥生 桜 懐石の献立>
<食前酒>桃色にごり酒 又は 梅ジュース
<前   菜>早春花見月大台 七種盛り
<椀   盛>よもぎ豆腐 菜の花 紐椎茸 ひし型人参 花びら生姜
<造    り>桜鯛 うるいあしらい
<蒸し物>桜蒸し 蛤 道明寺銀餡 花びら百合根 桜花
<焼き物>山女魚の塩焼き 山葵酢
<焚   合>里芋 含ませ煮 のらぼう 蕨 海老治部煮 赤みそ 木の芽
<揚げ物>季節の天ぷら三種
<酢の物>根セロリ 蟹 もずく掛け 胡瓜 生姜酢
<止   椀>田舎みそ仕立て
<  飯  >蕗ご飯せいろ蒸し薄上げ 蕗のとう白胡麻 香の物
<水   物>清見オレンジ 春日クリーム 蓮レモン煮 のらぼう

品数豊富で、10品を越える手の込んだ料理が並びます。
彩り豊かな盛り付けとも相まり、稀に見る完成度の高い内容。

料理内容、接客、配膳、雰囲気、価格・・・どれも申し分なし。
近所にあるなら定期的に通ってみたいお店です。

因みに、お昼の懐石は4,500円~の4種類。
懐石本来の楽しみを体感できるお店です。

●燈々庵
住所:東京都あきる野市小川633
℡:042-559-8080
営業:11:30~15:00
     17:00~22:00
定休:火(祝の場合は営業)

http://www.toutouan.net/

Img_2205Img_2217Img_2259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青梅 紅梅苑

吉野梅郷からの帰りに寄った和菓子処です。

お店は、文芸作家の吉川英治の奥様が始められたそうで、
英治が生前好んだ「紅梅」が店名の由来。

「紅梅饅頭」「柚篭」など、お菓子のテイクアウトの他に、
喫茶コーナーもあり、散策の途中に一息つくにもぴったり。

「青梅葛切り」(900円/税込)を頂きました。

梅の甘露煮が入った青梅シロップにつけて頂くこちらは、
通常の葛切りの黒蜜とは違い、実に後味が爽やかです。

●青梅 紅梅苑
住所:東京都青梅市梅郷3-905-1
℡:0428-76-1881
営業:9:30~17:00
定休:

http://www.koubaien.net/

Img_2181Img_2171Img_2177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野梅郷 梅まつり(梅の公園)

この日は、吉野梅郷へ梅を見に行ってきました。

今が最盛期といった所で、平日に関わらず、
大勢の方が訪れていました。

全国の梅の名所の中でも、こちらがトップに輝くだけあり、
梅花が2万5000本というスケールです。

予報よりは以外に天気が持ち、うす曇といった感じで、
時折、日の射す日和でした。
Img_2102_2Img_2135Img_2070

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶屋 長作

海産物を主原料とした新潟土産で有名な
加島屋さんは、創業150年を越える老舗
その店舗2階にある食事処です。

1階で販売される食材を中心としたメニューを
こちらで頂くことが出来ます。

「長作丼」(1,470円/税込)をオーダー。
・長作丼、鮭の味噌汁、小鉢、香の物

キングサーモンイクラ醤油漬生うに水たき
もみ海苔が乗る「長作丼」は、お上品な丼といった感じ。

また、小鉢や味噌汁にもが使用されます。

今回は頂いていませんが、
「興部(おこっぺ)ソフトクリーム」も有名です。

店内は完全禁煙で、ゆったりとした上質な造り。
テーブル間隔も広く、落ち着ける空間です。

●茶屋 長作
住所:新潟市中央区東堀前通8-1367
                 加島屋2F
℡:025-229-0105
営業:9:30~16:30

http://www.kashimaya.jp/

Img_1871Img_1876Img_1882

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »