« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

熊野三山(本宮大社と速玉大社)へ

熊野三山のうちの、本宮大社速玉大社へ訪れました。

①熊野本宮大社社殿
②        〃     拝殿
③熊野速玉大社社殿
      〃    宝物殿

Img_4754Img_4739Img_4801Img_4823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟

日本三大古湯に数えられるこちら白浜温泉
宿泊先に選んだ宿はこちら。

温泉街から離れた、岬ごとが宿の立地であり、
大海原に佇んでいるかのような絶景が魅力。

落ち着いた空間作りを目指しているそうで、
贅沢な空間ながら見た目の派手さはありません。

建物のまだ真新しく清潔で気持ちが良い空間。

日頃の喧騒を忘れて、思い切り羽根を伸ばせる宿です。
泊まったのは洋室19㎡

過剰なサービスはあえて省いているといい、
係りの方がお部屋に来ることは遠慮しているそう。

お食事は、舟盛り熊野牛のしゃぶしゃぶが付く
会席仕立て。

また夜10時頃には、ラウンジにて夜鳴き蕎麦や、
お風呂上りのアイスクリームのサービスもあります。

●景勝の宿 浜千鳥の湯 海舟
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1698-1
TEL / 0739-82-2220
交通アクセス / JR白浜駅より車で15分

Img_4324Img_4313Img_4531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南紀白浜の観光

南紀白浜の観光地の画像を3枚ほど。

千畳敷:広い岩畳を思わせる大岩盤
三段壁:高さ50mの断崖は南北2kmにわたって続く
③海鮮マーケット「とれとれ市場」のマグロ解体ショー

Img_4329Img_4344Img_4576

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南紀白浜 幸鮨

白浜近辺で美味しいお鮨が頂けるとのことで
こちらのお店に伺うことに。
白良浜から歩いても然程の距離もない
新地銀座通りという商店街沿いにあります。

外装からして風格のある佇まいで、
通常の観光地のお寿司屋さんとは一線を画し、
本格的なお鮨屋さんです。
都内などにあるお鮨屋さんとも遜色ありません。

大将含め握り手の方が3人ほど、女将さんと女性が居り、
地元常連客も多数訪れ、活気があります。

こちらは、紀州沖で揚がる魚介を中心にしたお寿司と
通常は滅多にお目にかかれないクツエビが名物。

生憎、前日の天候の影響があって、
クツエビの分量が限られ、頂くことは適いませんでした。

「おまかせにぎり」(5,250円/税込)お好みで。
・あおり烏賊
・オドリ海老
・カンパチ
・鯛
・鯵
・鰻
・トロ
・太刀魚
・海栗
・厚焼き玉子
・つんつん巻
・デザート(抹茶ムース)

(お好み・別途)
・小鯛
・ゲソ
・赤貝
・赤出汁お椀
・茶碗蒸し

ひと手間加えて出される握りは、程よい大きさ。
特に、白身魚の身の引き締まり方が素晴らしく、
コリコリとした食感は、素晴らしい鮮度を物語ります。

因みにつんつん巻きとは山葵の葉が入った巻物。
鼻がツンツンするこの店ならではのもの。

●南紀白浜 幸鮨
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1405-15
℡:0739-42-4027
営業:11:00~14:00
    16:00~22:00
定休:火

http://www.kouzushi.net/

Img_5034_2Img_5036_2Img_5060_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南紀白浜へ

今日から余暇を頂けたので、
和歌山から特急に乗り、南紀白浜へ。

昨日の雨天とは打って変わって、
この日は快晴となりました。

折角の機会なので、今何かと話題の熊野古道などのある
那智・紀伊勝浦方面へ足を伸ばす予定です。

白浜を代表する景勝地、白良浜付近の画像を。

Img_5134_4Img_5213_2Img_5163_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hotel de yoshino(オテル・ド・ヨシノ)

和歌山市ビッグ愛にあるフレンチレストランです。
ホテルや市民プラザなどが入る複合施設にあるので、
訪れやすい雰囲気です。

店内は洗練されたを基調とした洗練された空間で、
最上階12階ならではの景色も料理に花を添えます。

そしてこちらは、フランスミシュランガイド1つ星
獲得している、吉野建シェフが手がける関西初のお店。

「ランチコース Menu gourmand」(5,250円/税込サ別)を。
*美食のコース*
<アミューズ>
<本日のスープ>ジャガイモとセロリのスープ
<前菜>鴨のフォアグラのムース
        自家製ブリオシュと無花果のフリュイセックを添えて」(+500円)
<本日の魚料理>石鯛のポワレ
<肉料理>熊野牛フィレ肉のポアレ 赤ワインソース」(+2,500円)
<デザート>マセドワーヌ・ド・フリュイ
<コーヒーと小菓子>
<自家製パン> 
         *前菜は6種類、肉料理は8種類より、カフェはハーブティーを選択

ランチ3種類があり、真ん中のコース。

新鮮な和歌山素材とシェフの繊細さを融合させた
料理は、実に丁寧に仕上げられている印象。

内装、接客も申し分なしの素晴らしいお店です。

●hotel de yoshino(オテル・ド・ヨシノ)
住所:和歌山市手平2-1-2 ビッグ愛12F
℡:073-422-0001
営業:11:30~14:00
    17:30~21:00
定休:月・第2火

http://www.hoteldeyoshino.com/

Img_5257Img_5229Img_5247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お好み焼 きじ(新梅田食堂街本店)

この日は、大阪本場のお好み焼きでお昼を。
梅田駅高架下新梅田食堂街にある有名なお店。

開店前に到着すると既に十数名が待っています。
サラリーマンの方は少なく、観光客が多そう。

1階入口から階段を上がり、2階が店舗。
そう広くない店内は、20名弱で一杯に。
天井が低く、一般の居酒屋のような雰囲気。

「モダン焼」(770円/税込)をオーダー。

焼き蕎麦豚肉など具材もふんだんで、
本格的なお食事といっていいボリューム。
濃い目のソースも食欲をそそります。

供されるまでに30分ほど要しますので、
あまり時間のないサラリーマンやOLの方が
少ない理由が判明しました。

「食い倒れの街」大阪を体感しました。

●お好み焼 きじ(新梅田食堂街本店)
住所:大阪市北区角田町9-20
              新梅田食道街
℡:06-6361-5804
営業:12:00~22:30
定休:日

Img_4244Img_4237Img_4239

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARCI-GOLA(アルチ・ゴーラ)

北陸自動車道、柏崎インター近くにある
隠れ家的なイタリアンレストラン

店内はを基調としたお洒落な空間で、
本格的なリストランテといった趣ですが、
家庭的なサービスと地元常連客も多いので、
畏まった感じはありません。

地元魚介などをふんだんに取り入れた
季節感たっぷりのコースが頂けます。

平日のお昼には、ランチメニューもあります。

「Cランチ」(3,150円/税込)をオーダー。
<前菜>
<パスタ>ホタルイカ季節野菜のリングイネ
<メイン>牛ロースの炭火焼
<デザート>ズコット(ナッツ入り2種クリームのトルタ)
<エスプレッソ>
       *パスタ・メイン・飲み物は、当方が数種類から選んだもの。

特に前菜の豪快さ、素晴らしさが光ります。

立地条件は決してよくないものの、
これだけ繁盛している理由がわかりました。

●ARCI-GOLA(アルチ・ゴーラ)
住所:新潟県柏崎市茨目3-1-48 
℡:0257-24-4402
営業:11:30~14:30
    17:30~21:30
定休:火

Img_4124Img_4096Img_4112

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山市庁舎展望台から望む富山市街

富山市庁舎展望台へ上ってみました。
ほぼ同位置の昼間と夜景を。

地下2階、地上8階建て市庁舎で、
地上約70m展望室からの景観は絶景です。

因みに展望室は9:00~無料開放で、
終了時刻は季節により異なります。

Img_3692Img_3686Img_3705
Img_3224Img_3234Img_3429    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司割烹 難波(鮨 難波)

富山市郊外にあるお寿司屋さんです。
富山駅からも数キロ離れた住宅街に有ります。

決して便のいい場所とは言いがたいものの、
お昼時でも賑わいを見せます。

旬の地元魚介を使用したものと江戸前の仕事を
施し、融合したお寿司が味わえます。

店内はバリアフリー対応で、
座敷以外は段差もなく、黒御影石を使用した
豪華ながらも上質な空間です。

お昼の献立「お鮨色々」(6,000円)を中心に頂きました。
 ・握り14貫・巻物1本・茶碗蒸し・お椀

<握り14貫>
・赤烏賊
・甘海老
・メジ鮪づけ
・眞子がれい
・はた
・鳥貝
・細魚
・バイ貝
・真鯛
・メジ鮪(中トロ)
・イクラ
・白海老
・蛍烏賊
・干瓢巻

・お椀
・茶碗蒸し

<お好みで追加>
・出汁巻き玉子
・厚焼き玉子
・小柱
・コハダ
・穴子(塩とツメ)

  *これに、ビール1の連れの例で 9,000円ほど。

握りの大きさ標準的
基本的に全て煮きり醤油が塗られて行きます。
シャリとネタがお互い引き立て合っている感じ。

天然水にて炊き上げる富山産コシヒカリ
静岡の契約農家の山葵を使用するなど、
とことん食材にも拘ります。

比較的お若い握り手のお二人も実に気さくで、
束の間の時間もゆったりと流れ、至福の時が過ごせました。

「おおきに~」と送ってくださったご主人は、
関西ご出身の方なのでしょうか?

●寿司割烹 難波(鮨 難波)
住所:富山市公文名34-12
℡:076-493-8686
営業:12:00~15:00
     16:30~24:00
定休:日

http://www1.odn.ne.jp/nanba/

Img_3002Img_3063Img_3041 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山・松川べりの桜(松川遊覧船)

この日は朝から晴天に恵まれまれたので、
富山市内中心部を流れる松川べりへ桜を眺めに。

全長3kmほどに、遊歩道が整備が整備されており、
この時期ともなると、午前中から大勢の方が訪れます。

また所用30分ほどの松川遊覧船(大人1,500円)で、
舟上から眺める桜もまた格別でした。

まさに今が丁度満開で見頃を迎えています。

夜にはライトアップもあり、幻想的な世界が広がります。

Img_3546_2Img_3573Img_3640

Img_3444_2Img_3289Img_3283_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白えび亭

JR富山駅構内3階にある富山名物白えびのお店。

調理が数分で行われて供されますので、
乗換え等で、時間の余裕がないときなどにも重宝します。
券売機式セルフサービスです。

「白えび天丼 お刺身付き」(1,150円/税込)をオーダー。

揚げたてで、サクっとした感じの天ぷらは、
軽い仕上がりで、甘く香ばしい白えびが良く引き立ちます。
御飯は、富山産コシヒカリを使用。

刺身もトロッとした感じの食感で美味しい。
甘えびの小さい版といった感じで臭みない

どちらとも分量やや少なめなので、
男性には少々物足りないかも知れません。

因みに丼物のテイクアウトも可能です。

●白えび亭
住所:富山市明輪町1-227
        とやま駅特選館 3F
℡:076-432-7575
営業:10:00~20:00
無休

http://www.shiroebiya.co.jp/

Img_3164Img_3167Img_3170

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Le poissonnier(ル・ポワソニエ)

富山市の中心部を外れた住宅街にある
1985年創業という老舗フレンチのお店。

地元の新鮮な魚を多用した本格的な料理と、
専任パティシエの作るデザート・焼き菓子も評判。

「お昼のメニュー」(2,100円/税込)をオーダー。
<前菜>氷見鯖のマリネ・紅タデとジンジャーのソース
<主菜>パンタァド・モモ肉のコンフィ・新ジャガ添え
<デザート>(+840円にて特製デザートにグレードアップ)
<パン>
<エスプレッソ>
        *主菜・デザートは各4種類より選択したもの。

素材を上手く活かし引き出している感じがし、
一皿ごとのボリュームもあり、実に良心的な価格で感動。

デザートにも盛り込まれる焼き菓子詰め合わせ等は、
入口付近に陳列され、テイクアウトが出来ます。

店内は地元主婦層が中心で落ち着いた空間。
ゆったりとした上質な時間が流れます。

●Le poissonnier(ル・ポワソニエ)
住所:富山市堀端町3-5
℡:076-423-5300
営業:12:00~14:30
     18:00~21:30
定休:日・祝

http://le-poissonnier.jp/

Img_3785Img_3789Img_3798

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »