« 秋田 すし匠 | トップページ | 怒りと戦争と運命についての叙事詩「イリアス」~ル テアトル銀座 »

鰻と地酒「稲毛屋」

西日暮里駅から徒歩10分ほどにある地酒のお店。
昭和2年創業という老舗です。

電話を入れると既に「大きい鰻は売り切れました」と。
「2人分の鰻重 1,800円のならできますが・・・」と言われ
それでもいいと予約し訪問。

最近リニューアルしたと言う店内は小奇麗
店員さんも多く、実に賑やかなムードです。

当初、鰻重をお願いしようと思っていた所、
メニューに「鰻御膳」なるものを見つけ、
「此方にして頂くことは可能ですか?」とお願い、
「2,200円になりますが、宜しければ・・・」と。

という訳で「鰻御膳」(2,200円/税込)に決定
        ・鰻重、冷奴、蒟蒻の田楽、茶碗蒸し、お新香、吸い物

ふっくらして、ほんのり焦げ目がついて美味。

茶碗蒸しは、裏漉ししていないタイプで具沢山
伝統の味を引き継ぐ田楽味噌は、自慢の品とのこと。

良心的価格設定地酒おつまみ類豊富
庶民的な雰囲気で大繁盛・・・人気の高さが伺えます。

●鰻と地酒「稲毛屋」
住所:東京都文京区千駄木3-49-4
℡:03-3822-3495
営業:11:30~14:00
    17:00~21:00

http://www006.upp.so-net.ne.jp/inageya/

Img_4312Img_4305Img_4309   

|

« 秋田 すし匠 | トップページ | 怒りと戦争と運命についての叙事詩「イリアス」~ル テアトル銀座 »

うなぎ」カテゴリの記事

コメント

ももさん、こんにちは。
鮨と同じくらい鰻も好きです。私は新宿歌舞伎町の「新宿うな鐡」のうなぎがこれまで一番美味しいと思っていました。尾花、前川、野田岩で食べた時よりもうな鐡の“うなぎ”が私の口に合っていました。それは昭和60年頃からこの2、3年前まではそう思っていました。会社の人と何回か行った東長崎の「うなぎ御蒲焼所 鰻家」で食してもうな鐡には敵わないと思っていました。ところがここ数回(数年)変化がみられ、まず焼き手が変わってしまいました。これまでいたベテランの方がお辞めになったのか全然見かけなくなりました。それとほぼ同じくしてこれまで食べていたものと何か違いを感じるようになりました。私自身が変わったということもあるかもしれませんが、かみさんも同じような意見でしたのでやはり店の味に変化があるのかもしれません。
こちらの店も地酒が豊富とのこと、鰻を食いながら一杯やりたくなりました。

プロフィール写真変わりましたね。今度の写真はテレビのキャスターの雰囲気ですね。

投稿: nishi | 2010年9月24日 (金) 08時26分

nishiさん、こんにちは。

は是非伺ってみたいですね。
尾花、前川、野田岩をも凌ぐのでは?と仰られる以前の焼き手の方の「新宿うな鐡」の鰻を是非、食べてみたかったです。
確かに倅さんなどに継ぐ場合は、比較的伝統の味を守れる気がしますが、料理人が変わってしまうと180度お店の味が変わってしまうこともよくありますね。

今回の稲毛屋さんは、鰻を楽しむ方よりも寧ろ、地酒を片手に一品料理で呑まれている方が多い印象です。
機会があったら是非伺ってみてほしいです。

投稿: もも | 2010年9月24日 (金) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517937/49477227

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻と地酒「稲毛屋」:

« 秋田 すし匠 | トップページ | 怒りと戦争と運命についての叙事詩「イリアス」~ル テアトル銀座 »