« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

伊豆 今井浜温泉「今井荘」

この日は今井浜温泉にあるこちらに宿泊。
優雅な日本情緒満点の老舗旅館です。

旅館に到着してすぐに抹茶和菓子でおもてなし。
期待が膨らみます。

案内された客室は5階。
12.5帖の+次の間4.5帖バス・トイレ・広縁付。
小人数では勿体ないほどのゆとりの空間。

全客室オーシャンビューだそうで、
天気のいい日は、伊豆七島が眺められるそう。
白砂青松で有名な今井浜海岸へも庭続きの立地ゆえ、
眺めも素晴らしいことは言うまでもありません。

料理は、新鮮な魚介中心会席料理仕立て
今回はリーズナブルな「藤コース」です。

〈先付〉湯葉 雲丹  養老豆腐
〈椀物〉白身魚 筍 蕨 木の芽
〈造里〉旬の鮮魚盛り
〈煮物〉金目鯛の煮付け
〈焼物〉鰆二身焼き チーズ
〈台物〉鮑蒸し焼き
〈小鍋〉すき焼き
〈御飯〉白御飯
〈香物〉香の物三種
〈留椀〉赤だし
〈菓子〉苺 桜もち

峰温泉の源泉より引湯しているという天然温泉は、
海を眼下に望む露天風呂と、大浴場で満喫。

お部屋の窓から見渡せる水平線や、
和のおもてなしで、心癒されるひと時を過ごしました。

<データ>
●伊豆 今井浜温泉 今井荘
住所:静岡県賀茂郡河津町見高127
℡:0558-34-1155 
交通:河津駅より送迎、または今井浜海岸駅より徒歩3分

Img_1005Img_1036Img_0980_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲「きりん館」

河津桜まつりの際に利用したカフェです。

駅前の河津ビジネスホテルに入る好立地もあり、
観光客休息スペースとして利用されているよう。
木の温もり溢れる素敵な店内です。

オーダーしたのは、
「カレー(サラダ付)」(850円/税込)
「水出しブレンド」(450円/税込)
「桜パフェ」(600円/税込)

看板のコーヒーは、8時間近くかけて抽出する
河津ならではの美味しい水出しで、優しい飲み口。

スイーツお勧めとのことで頂いた「桜パフェ」は、。
餡子、桜ソフト、桜の葉と花びらの塩漬けが入り、
季節感満点。

カレーは、通常のホテル並みに美味しいです。

他には、サンドイッチやトースト類が人気です。

●珈琲「きりん館」
住所:静岡県賀茂郡河津町浜160-3
℡:0558-32-0007
営業:9:30~17:00
定休:木

Img_1329Img_1333Img_1339   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第21回 河津桜まつり

この日は、静岡県賀茂郡河津町で開かれている
「第21回・河津桜まつり」へ出かけました。
流石に平日の午前中でも、物凄い人出です。

毎年1月中旬からがほころび始め、
2月上旬から開花し始め、3月上旬までの
約1ヶ月間に亘る長い間、河津桜は楽しめます。

大きく濃いピンク色なのが特徴。
寒緋桜大島桜自然交配種と伝えられます。

例年は今頃が丁度見頃とのことですが、
今年は、冬の寒さもあって2週間近く遅れているそう。

全体的には、5分咲き程度でした。

Img_0664_2Img_0793Img_0802

Img_1295Img_1195 

Img_1160Img_0738

●峰温泉会場付近(上段の中央と右と中段左)
●河津桜原木<飯田家>(中段右)
●メイン会場付近<菜の花ロード>(下段右)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打そば「いし塚」

下田で評判のお蕎麦屋さんです。
下田駅からも徒歩数分の立地です。

お店は玄関で靴を脱いで上がるスタイル。
全て座敷造りという落ち着いた佇まい。
お部屋からは坪庭が眺められました。

メニューはあくまで蕎麦が中心で、御飯物はありません。

「鴨汁そば」(1,300円/税込)をオーダー。

獅子唐茄子が加わるのはこの店の特徴でしょうか、
食べ応えのある良質鴨肉の出汁が効いたつけ汁で、
柚子サッパリ感も相まって美味。

このお店オリジナル七味も用意され、
それを入れると、また違った味わいで頂くこともできます。
お土産にする方も多いのだとか・・・。

お茶や蕎麦湯も、しみじみ美味しいです。

●手打そば「いし塚」
住所:静岡県下田市敷根4-21
℡:0558-23-1133
営業:11:00~16:00(平日)
       ~15:30(土・日)
    17:00~19:00
定休:水

Img_0620Img_0623Img_0630   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開国の歴史が息づく、静岡県下田市の見所

この日は、開国の歴史が息づく下田市を散策。

静岡県下田市は、伊豆半島南部に位置する都市。
黒船に乗ったペリーが来航し、幕末開港の舞台に。
開国縁のスポットも数々点在します。

Img_0506

①伊豆急下田駅 ②別れの汽笛のりば跡  ③黒船サスケハナ号
④下田開国博物館 ⑤ペリーロード ⑥ペリー上陸の碑
⑦了仙寺 ⑧寝姿山ロープウェイ ⑨宝福寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒲焼 柳川「小川家」

伊豆急下田駅から1kmほど離れた所にあるお店。
付近は「踊り子別れの汽笛のりば跡」がある一画。
前もって予約を入れてから伺いました。

こじんまりした佇まいながらも清潔感のある店内。
「うなぎの泳ぐ籠」が見えるように配置されています。

うなぎは、注文を受けてから裂くので、
通常、小一時間は待たなければなりません。

若干早めに入店し「柳川」(1,260円/税込)を突き、
「うな重〈松〉」(2,940円/税込)を待ちます。

ほぼ時間通りに仕上げて下さったうな重…。
身も皮もふわっくら柔らかい食感に仕上げられ、
鰻を邪魔しない辛口薄口タレも好印象。
ご飯も美味しく炊きあげられています。

先代は、野田岩で修業をされた方とのことですが、
そちらの物とは欠け離れた印象。
美味しさは今迄で3本の指には入りそう。

柳川も臭みがなく美味しかったです。

伊豆急下田駅からは大分離れていますが、
無理をしてでも訪れる価値のあるお店だと思います。

●蒲焼 柳川「小川家」
住所:静岡県下田市2-8-14
℡:0558-22-0365
営業:11:30~14:00
    16:30~20:00
不定休

Img_0156Img_0160Img_0176   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストラン「芳味亭」

東京・人形町を代表する洋食店老舗です。
一軒家の料亭のようなレトロな建物が目印。
今回は2階のお座敷に案内されました。

「三重弁当」(2,850円/税込)
「コンソメ」(700円/税込)
をオーダー。

お弁当には、カニコロッケ、ポテトサラダ、車海老フライ、
オムレツ、ビーフスチュー
(「シチュー」の表記ではない)、
ポテトサラダと、お店を代表する料理が一堂に会します。

とりわけ、三週間ほどかけて作るデミグラスソース
味わいが秀逸で、タマネギの仄かな甘みに加え、
トマトセロリ風味も感じることができます。
お店の看板メニューであると実感できます。

お弁当の分量も、げっつりすることなく程よい感じ。
ご飯もしみじみ美味しいです。

東京の古き良き時代の風情を堪能出来るお店です。

●レストラン「芳味亭」
住所:東京都中央区日本橋人形町2-9-4
℡:03-3666-5687
営業:11:00~14:00(L.O)
    17:00~21:00(L.O)
定休:日・祝

Img_0094Img_0106Img_0103   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »