« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

日本橋 藤久

大阪・日本橋駅から堺筋を南に徒歩数分、
路地を入った一角にある日本料理店です。

お店はこじんまりとしており、1階はカウンターのみ。
2階にお座敷がある模様。

昼のおまかせコース(6,300円)をオーダー。
・八寸
・御椀「筍しんじょう、蓬豆腐」
・造り「メバルと鰹」
・セミ海老の唐揚、山菜天婦羅
・軍鶏すき鍋
・ホタルイカのおこわ
・メロン

厳選された素材で、どの料理もきっちりと手が入り
お料理の器づかいと料理の繊細さが光る品々が並びます。

一品一品、丁寧に料理されているという印象で、
全体的に、素材を邪魔しすぎない薄口に調理されているよう。

ご主人は、味吉兆で15年修行されたご経歴の持ち主。
日本料理の醍醐味を堪能できるお店です。

●日本橋 藤久
住所:大阪市中央区日本橋2-7-28
℡:06-6632-4037
営業:11:00~14:00
    17:00~22:00
定休:水

Img_1696Img_1681Img_1692   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祖谷渓温泉 ホテル秘境の湯

この日は、祖谷渓温泉の秘境の湯に宿泊。
徳島県三好市に位置する深いV字谷の続く渓谷は、
日本三秘境の一つに数えられます。

大型旅館で可也新しい立派な建物。
施設も可也充実しています。

今回のお部屋は、本館和洋室12.5帖です。
客室からは日本の原風景、大自然が広がります。

夕食は大自然の中で育まれた郷土料理が並び、
祖谷そば、川魚あめご、蒟蒻、猪鍋などが運ばれ、
素朴な食材ながら彩り豊かに盛り込まれ、お腹一杯。

お風呂は、露天、内湯(薬湯・ジェット浴・気泡・寝湯)と揃い、
日帰り入浴だけの利用も可能です。

●祖谷渓温泉 ホテル秘境の湯
徳島県三好市西祖谷山村尾井ノ内401番地
TEL:0883-87-2300 

http://www.hotel-hikyounoyu.co.jp/
<アクセス>
JR大歩危駅より送迎(予約)
JR阿波池田駅より路線バス約40分

Img_1388Img_1513Img_1454  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の原風景・祖谷地方へ

この日からは徳島県祖谷地方へ足を伸ばしました。
かずら橋、大歩危峡、祖谷渓(小便小僧)は外せません。

Img_1332Img_1224 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぬき手打ちうどん「山ろく本店」

徳島で味わえる讃岐うどんが有名なお店です。
場所は徳島大学の近く。

店内は民芸調の木の温もり溢れる雰囲気。

「釜あげ天婦羅」(945円/税込)
「いなり(2ケ入)」(210円/税込)
をオーダー。

コシが素晴しく、盛り多め
奥深い味のする濃口出汁とぴったりです。

天ぷらも美味しく、取り分け薩摩芋が美味でした。

●さぬき手打ちうどん「山ろく本店」
住所:徳島市南常三島町1-2-4 里見ビル
℡:088-623-1741
営業:11:00~21:00
定休:水

Img_0375Img_0379Img_0384   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば「いのたに」

徳島ラーメンの名を全国に広めた草分け的なお店。

お店は、食券を購入して席につくシステム。
年配のおばさま方が働く、いつ昔前の懐かしい雰囲気。
席はカウンター席のみです。

「中華そば 肉入中盛」(600円/税込)にしました。
肉入り中盛りのことです。

トンコツ魚介野菜を加えて煮込んだスープは、
一見コッテリしているように見えますが、意外とさっぱり

徳島ラーメン特有の味付けされたバラ肉が麺の上に。
ちょっと味が強すぎるような気もしましたが、
スープと麺によくマッチします。

店内の壁に一杯の有名人のサインがあり、
人気の高さを伺わせます。

休日には長い行列を成すほどだそうです。

●中華そば「いのたに」
住所:徳島市西大工町4-25
℡:088-653-1482
営業:10:30~17:00
定休:月(祝の場合は翌日)

Img_0727_2Img_0730_2Img_0732_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿波おどり会館・眉山ロープウェイ

この日は徳島市内を観光。
阿波おどり会館眉山ロープウェイを訪れました。
JR徳島駅から徒歩15分ほどの距離です。

眉山頂上へは山麓駅(阿波おどり会館5階)から、
ロープウェイ約6分で結ばれます。
山頂からは、紀伊水道吉野川徳島市街が広がり、
手に取るように見渡せます。

阿波おどり会館では、平日14時,15時,16時から
各40分間の阿波おどり会館の専属連にて
阿波おどり踊り演出が繰り広げられます。

Img_0462Img_0783

Img_0471Img_0515Img_0848

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島・栄寿司

徳島駅から1km近く離れた繁華街にあるお店。
徳島では名の通ったお寿司屋さんです。

民芸調といった風情の店内は、上質な居酒屋のよう。
職人さんも数名いて活気があります。

店内に入って直ぐ右側がカウンター、
その他にテーブル席、お座敷があり可也広い様子。

ネタケースには、ボウゼ太刀魚など
関東ではなかなかお目にかかれないお魚が並びます。

ボウゼの煮付け茶碗蒸しなどを頂きつつ、
やはり、地の物のお寿司を中心にとお願いしました。

<頂いたもの>

鯛(鳴門)
かたくち鰯(瀬戸内)
アオリイカ
しらさえび
ぼうぜ(酢橘をかけて)
太刀魚炙り
よこ(鮪の幼魚)
鰹(土佐)
海藤花(タコの卵)
雲丹(由岐)
煮穴子
玉子
サヨリ
赤貝
蝦蛄
サザエ

流石に海に囲まれた地ならではのお魚で、
どれも活きのいい素晴しい食べ応えのあるもの。

エグ味がなくて美味しいウニ
淡白で癖のないボウゼ(関東ではエボダイ)、
鳴門で揚がる歯ごたえ満点の
よこ太刀魚海藤花など珍しいネタが続きました。

また玉子焼も、魚のすり身和三盆糖を使用した
こちらのお店ならではのものでした

不意打ちで、オーダーしていない鍋(甘酢で頂く)
「鳴門の生わかめのしゃぶしゃぶ」や、
食後に「コーヒーゼリー」も供されたりもしました。

心行くまで徳島のお寿司を堪能した夜でした。

●徳島・栄寿司
住所:徳島市秋田町1-15-1
℡:088-652-6350
営業:12:00~23:00
        ~24:00(木・金)
定休:日

Img_0869Img_0890Img_0888   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ristorante Fishobone(リストランテ・フィッシュボーン)

リゾートホテル モナコースト内にあるリストランテ。
高速鳴門インターから車で5分ほど。
御昼時に利用しました。

窓には鳴門海峡が広がる絶好のロケーション。
平日のお昼時ですが店内は超満員…
これは期待できそうです。

「Lunch(A)」(1,800円/税サ込)をオーダー。
<前菜>ブルスケッタ 細魚のマリネ仕立て 人参のポタージュスープ
<パスタ>ツバスと大葉のパスタ
<メイン>天然鱸のピカタ
<デザート>バニラのジェラート、イチゴのパンナコッタ、ガトーショコラ
<エスプレッソ>
<自家製パン>

       *デザートは、+300円で盛り合わせに変更*

はっきり言って驚愕コストパフォーマンスで、
食材(特に魚系)の新鮮さは、稀に見るほど素晴しい。

毎日焼き上げる自家製パン手造りパスタなど、
随所にこだわりを感じます。

食事だけに訪れる地元常連客が大半のよう。
堅苦しくない接客や内装も魅力的です。

●Ristorante Fishobone(リストランテ・フィッシュボーン)
住所:徳島県鳴門市鳴門町
     土佐泊浦字高砂186-16 モアナコースト
℡:088-687-2255
営業:11:30~15:00
    17:00~22:00
無休

http://www.moana.co.jp/

Img_0698Img_0702Img_0708   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴門・うずしお観潮船

この日は、鳴門渦潮観潮に出かけました。

観潮船のHPに掲載されている潮見表でチェックをし、
大潮で特に観潮に適しているお昼頃の船に乗船。

来る途中は、俄か雨に当たったりもしましたが、
観潮船「わんだーなると」(大人1,530円)に乗る頃には
お天気も一時的に回復し、撮影にも恵まれました。

真青の海と渦潮のコントラストが素晴しく、
その迫力を間近で体感できました。

平日でも観光客の方で賑わっていました。

Img_0687Img_0624

Img_0619Img_0653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス料理「Patous(パトゥ)」

神戸、中山手にあるフレンチレストランです。
三宮駅からは15分ほど歩く立地。

今回のお店は、フレンチ激戦区のこの地にあっても
特に人気の高いお店。

店内は席数は少ない分、テーブル間隔がゆったりし
上質な配置空間で、のんびり過ごせます。

「お昼のコース料理」(5,175円/税サ込)をオーダー。
<アミューズ>マテガイとアワビのトマトソース仕立て
<前菜>魚介のサラダ
<スープ>汐どめネギのポタージュ
<魚料理>金目鯛のアンチョビクリームソース
<肉料理>鴨のロースト シェリービネガー ソース
<デザート>パッションフルーツのパルフェ、ココナツミルクのリゾットと
<コーヒー>
                                       *スープは別途追加。

魚介類の質の高さと、素材を活かす調理が素晴しい。
肉料理も美味しく仕上がってました。

盛り付けも彩り豊かで、ボリュームも有ります。

また、親切で温かいサービスも魅力的で、
コート・ドールご出身だというオーナーシェフも
最後にご挨拶に来てくださいました。

客層は、カップルや地元マダムなどと様々。
何度もリピートしてしまいたくなるお店でした。

●フランス料理「Patous(パトゥ)」
住所:神戸市中央区中山手通3-5-10
          サンシャイン中山手1F
℡:078-392-8216
営業:11:30~14:00(L.O)
      18:00~21:00(L.O)
定休:火

http://homepage2.nifty.com/patous/

Img_0310Img_0348Img_0337   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »