« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

LE BAERENTHAL(ル・バエレンタル)

今日が北海道滞在の最終日。
折角、札幌まで戻ってきたのだからぜひ行ってみよう…
北海道一グランメゾンとも言われるこちらでランチを。

円山公園すぐ近くの、レストランひらまつ系列のお店。
お洒落な洋館のような建物が、付近に異彩を放ちます。
外観から内装まで厳かな雰囲気。

重厚でかつ瀟洒インテリア高級感溢れる店内。
窓から望むお庭も、手入れが行き届き素敵です。

「Menu Dejeuner」(4,730円/税込)を。
・前菜の盛り合わせ “ル・バエレンタル”スタイル
・アイナメのムニエール トマトのマリネと花ズッキーニ添え バジリコの香り
・スペアリブのブレゼ スパイス風味
    リュバーブとパッションのコンフィチュール添え 甘酸っぱいソースと共に
・桃のコンポート マラスキーノ風味のグラニテとジャスミンの香り
・小菓子
・カフェ(ハーブティーを選択)

地元素材が多用された、創造性が溢れる料理の数々。
メニューで想像する以上に、様々な味が楽しめます。

アミューズ小菓子充実しているからか、遊び心一杯で、
いい意味、期待を裏切る内容です。

インパクトのあるコースの組み立ても印象的で、
料理は全体的にゆっくり供されます。

味、演出、サービス・・・全てにおいて文句なし。

観光スポットが盛り沢山の円山公園散策の際には、
立ち寄って損のない、お勧めのレストランです。

●LE BAERENTHAL(ル・バエレンタル)
住所:札幌市中央区南一条西28-3-1
℡:011-632-7810
営業:12:00~14:00(L.O.)
     18:00~20:30(L.O.)
定休:月(祝日の場合は翌日)

http://www.hiramatsu.jp/baerenthal/

Img_2863Img_2866Img_2882   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スープカレー「GARAKU」

この日は札幌発祥のスープカレーを頂きました。
数あるお店の中でも特に有名なこちら。
すすきの界隈にあります。

店員の元気一杯でいて親切な接客。
大繁盛の店内は、実にパワフルな雰囲気。

カレーは、「やわらかチキンレッグとやさい」(1,000円)
アラカルトで「ハーブ豚しゃぶの温野菜サラダ」(580円)
以上をオーダー。

他のスープカレー店とは明らかに違うスープ。
天然素材を使用し、じっくりととっている和風出汁が決め手。
スパイスと相まって、食べやすい印象。

食欲をそそる様に、彩りよく盛られた野菜は、
揚げ野菜になっていて、実に香ばしく甘さが引っています。
(人参・水菜・芋・蓮根・パプリカ・木耳・キャベツ・クルトン・鶉の卵 など)

チキンレッグも簡単に解れるほど柔らかい。

カレーの辛さは、6段階のうち「3」の中辛を選択。
ライスは雑穀米を使用しています。

サラダのハーブ豚は、軟らかくあっさりとしていながら、
脂身美味しさを湛えたお肉でした。

●スープカレー「GARAKU」
住所:札幌市中央区南3条西2丁目7
℡:011-233-5568
営業:11:30~15:30
    17:00~23:30
(日・祝は通し営業)
不定休

http://www.s-garaku.com/

Img_1106Img_1111Img_1118   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国料理「養源郷」

札幌市電中島公園通電停から歩いて数分。
華僑会館内にある中国料理店です。
中国領事館の方が食べに来る本格中華が自慢。

お昼は、十数種類の小皿料理や点心から数種類を選ぶランチ
(4品・700円,5品800円,6品900円)や、定食類が主体。

今回、平日限定「酢豚ランチ」(800円/税込)に決定。

北海道でも、屈指の美味しさだと評判の酢豚。
お味は濃すぎず程よい味付けが印象的で、ボリュームも満点。

店内の額に掲げられているように「医食同源」がテーマ。
薬膳を意識した、体に優しい料理を心がけているそう。

●中国料理「養源郷」
住所:札幌市中央区南十二条西8-3-46
           札幌華僑会館内
℡:011-533-7751
営業:11:00~14:00
    17:00~21:00
    11:00~21:00(土・日・祝)
定休:月

Img_0402Img_0404Img_0405   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江軍鶏「直(じき)」

札幌に戻ってきました。
北海道旅行も終盤に差し掛かってきました。
もう少し美味しいものを頂いて帰るべく、
今宵のお店はこちら。

市営地下鉄西18丁目から程近い鳥料理のお店。
普通の焼鳥屋さんとは一線を画します。

カウンター6席+テーブル2卓8名程
を基調としたシックモダンな、こじんまりとした店内。
お酒も多く取り揃えられています。

店主は比較的若く、実直な方。

頂いたのは、近江軍鶏を使用した料理串焼きの他に、
その日のお勧めの魚介類料理が盛り込まれる、
コース料理に、白老牛サーロインを盛りこんで頂きました。
(7,000円ほど)

<献立>
・岩内産朧豆腐、鯨ベーコン
・秋刀魚、ボタン海老、鮪
・砂肝
・そり(腿の付け根の稀少部位)
・軍鶏白子
・レバー
・あずき、獅子唐
・広島の鮎、穴子
・白老牛サーロイン(200gほど)
・かた、さがり
・つくね
・軍鶏親子丼
・軍鶏スープ
・柚子アイス

なんと何と言っても、最大の売りは近江軍鶏
甘みがあり脂肪分少なく、旨みを存分に湛え、
歯ごたえ程よくあるのが特徴。
串焼きは、絶妙塩加減で好印象でした。

割烹で修業されていたという店主の織成す
串焼き以外の料理も、グレードが高く素晴しい。

「軍鶏の水炊き」も名物とのことですが、
こちらは要予約とのこと。

お洒落に鳥料理を味わえるお店です。

●直(じき)
住所:札幌市中央区大通西18-2-12
             MMビル 1F
℡:011-616-3329
営業:18:00~24:00(月~土)
    11:30~13:30(火~金)
定休:日

http://ji-ki.com/index.html

Img_0469Img_0473Img_0505   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新富良野プリンスホテル

富良野観光で、数日間滞在していたホテル。
JR富良野駅からは10分ほど。

四季を通じて楽しめる様々なスポーツ施設や、
富良野温泉「紫彩の湯」(露天・サウナ付)
和洋レストランお土産処に加え、
敷地内にロケ地「風のガーデン」「森の時計」、
ショッピングロード「ニングルテラス」などがあります。

明るい色調のダブルルーム(客室)は、33.0㎡
広々とした設計でゆったりと寛げます。

●新富良野プリンスホテル
住所:北海道富良野市中御料
℡:0167-22-1111

http://www.princehotels.co.jp/

Img_2672Img_2690Img_2615   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和食「からまつ」

新富良野プリンスホテル内にある和食処。
128席ある広々としたゆとりある空間。

北海道旬の食材を中心とした、
季節を感じられる会席料理が頂けます。

「ふらの御膳」(5,000円/税サ込)というものをオーダー。
<先 付> 本日の先付け
<椀 物>北海道産とうもろこしのすり流し
<造 里>造里盛り合わせ
<焼 物>日高産時鮭とサロマ湖産帆立の合わせ焼き
<煮 物>とうもろこしの博多寄せと炊き合わせ
<中 皿>パレット皿の盛り合わせ
<進 肴>野菜の変わり焼き
<食 事>炊き込み御飯・味噌椀・香の物
<デザート>本日のデザート

上品な味付けと、程よいボリュームで、
価格的にも良心的に感じました。

ホテルならではの接客も印象的です。

●和食「からまつ」
住所:北海道富良野市中御料
       新富良野プリンスホテル
℡:0167-22-1111
営業:17:30~21:00
無休

http://www.princehotels.co.jp/

Img_2588Img_2572Img_2584   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲「森の時計」

テレビドラマ「やさしい時間」で舞台となった喫茶店。
新富良野プリンスホテルの敷地内にあります。

こちらを利用した2回ともテーブル席の利用で
体験できませんでしたが、9席ほどのカウンター席では、
ドラマと同様に、自分でミルを挽くことができます。

大きな窓から見える森の景色も素晴しく、絵画のよう。
木目調の温もり溢れる店内は、物凄く居心地がよい。

「雪のシチュー」(1,000円/税込)
「森の時計ケーキセット」(1,200円/税込)
をオーダー。
*ケーキは「雪解け」というものを選択。

ケーキ「雪解け」は、厚いチョコレートの下に
フワフワのスポンジ3層に重ねられたもの。

長い冬が終わり、ようやく黒い土が顔を出し始めることを
イメージして作られているのだとか…。

「雪のシチュー」は、キノコを主体にじっくり煮込まれた
クリーミーなシチューで、バターライスも添えられます。

またコーヒーは、香り豊か苦味が効いているタイプ。

ドラマファンの間では外せないお店なのでしょうか、
客足はひっきりなしです。

●珈琲「森の時計」
住所:北海道富良野市中御料
℡:0167-22-1111
営業:10:00~21:00
不定休

http://www.princehotels.co.jp/

Img_2319Img_2322Img_2328   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「北の国から」のロケ地・麓合地区をめぐる

富良野観光の目玉と言えばやはり
「北の国から」のロケ地巡りでしょう。

脚本家・倉本聰氏によるドラマ「北の国から」は、
既に放送は終了しましたが、ロケに使われた
建物などは、未だ多くの人を迎え入れてくれます。

今年で早、放映開始30周年に当たるそうで、
イベントツアーも催され、人気が再燃しているとか・・・。

富良野市街地からは20km近く奥まった所にあり、
更にロケ地も離れて点在しているので、半日は軽く要します。

画像㊧
・JR布部駅(五郎、純、螢が物語の初めに降り付いた駅)
・中の澤小学校(純と螢が通っていた小学校の建物)
・麓合展望台(「五郎が熊に出会った場所」の看板あり)
・純と結の家(ドラマ終了後'04に完成)
・拾って来た家と内部('02「遺言」に登場)
・4番目の家(「'81連続ドラマ」で五郎が廃屋同然の家を修理し使用した)
・五郎の石の家(五郎5番目の家 五郎が一人で積み上げて建てた家)

画像㊨
・五郎の石の家内部
・最初の家(「'81連続ドラマ」で五郎が廃屋同然の家を修理し使用)
・丸太小屋と内部(五郎が手掛けシリーズ17話から作り24話で完成)
・3番目の家と内部(丸太小屋が全焼後、農家の廃屋を直して住んだ)
・小野田そば(一杯飲み屋や宴会場の撮影に使用)
・中畑木材事業所(五郎の同級生である中畑和夫が経営した)

Img_2350Img_2503 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンパーナ六花亭

富良野観光の途中に立ち寄ったお店。

十勝岳などの大雪山連峰を望む絶好のロケーション
店舗には併設された喫茶コーナーも。

北海道で「六花亭」と言えばあまりに有名で、
お土産を求める観光客も多く大繁盛の店内。

「ぶどうソフト」(250円)
フルーティーでさっぱりとした
富良野産ぶどう果汁を使ったソフトクリーム。
こちらの店舗のみの販売。

「雪こんチーズ」(150円)
ココアビスケットベイクドチーズケーキをサンド。
濃厚なチーズの風味が秀逸。

「智宏風ハヤシライス」(680円)
具沢山で満足度が高く、想像以上に美味しい。

イートインコーナに無料で頂けるコーヒーもあり。

敷地内に「鐘の塔」、ギャラリー「神々の遊ぶ庭」等も併設され、
観光スポットの1つに数えられるほど。

●カンパーナ六花亭
住所:北海道富良野市清水山
℡:0120-012-666
営業: 9:00~17:00
     10:00~16:00(喫茶室)
無休

http://www.rokkatei.co.jp/

Img_1896Img_1911Img_1910   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富良野市内の見所

今日から富良野市内をめぐります。

富良野のなだらかな丘に広がるラベンダーで有名な
「ファーム富田」(画像㊧)からスタート。

ラベンダーの見頃はとうに過ぎていますが、
一年中ラベンダーが楽しめる「グリーンハウス」をはじめ、
「秋の彩りの畑」飲食のできる「ポプリの舎」
香水やポプリなどの商品を販売する「花人の舎」などがあり、
半日ぐらい居ても飽きません。

「ラベンダーソフトクリーム<コーン>」(250円)は、
仄かなラベンダーの香りミルクの濃さと相まって美味。

(画像㊥)
・富良野ワイン工場
と内部、試飲コーナー
・富良野チーズ工房と内部
・風のガーデン(フジテレビ開局50周年記念ドラマで使用)

(画像㊨)
・風のガーデンの内部
・「ニングルテラス」(森の中にログショップが建ち並ぶ)
・北の国から資料館と内部
・富良野駅

Img_1802Img_1850_2Img_2231_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASPERGE(アスペルジュ)

JAびえいが運営する、地元食材情報発信基地「美瑛選果」
その施設の中にあるお店です。
大きな窓と白を基調とした空間は、開放的でスタイリッシュ。

この地ならではの地元食材を多用した
野菜本来の美味しさを堪能できるフレンチが味わえます。

「コース料理」(3,680円/税込)をオーダー。
・玉ねぎのコルネ
・美瑛の畑
     20種類の野菜と花ズッキーニを使った一皿
      一晩マリネした完熟トマトの低温ロースト
       茹で上げブロッコリー
・美瑛産豚ロースのグリエ
     ポンムピューレと北あかりのロースト添え
・プチトマトのシロップ漬け
・苺の赤ワインマリネ チョコレートアイス添え
・黒豆ショコラ 人参のフィナンシェ
・コーヒー・紅茶・ハーブティーから選択

濃い甘みが特徴だという美瑛野菜新鮮そのもの。

地元産に拘った豚肉のグリルは、豚特有の臭みもなく、
脂分も程よくジューシーで美味しい。

料理も去ることながら、スイーツも評判だというこちら。
この時期もあってか家族連れが多かったです。

評判通りの…いや期待以上のお店でした。

●ASPERGE(アスペルジュ)
住所:北海道上川郡美瑛町大町2 美瑛選果
℡:0166-92-5522
営業:11:00~19:00(L.O)
      11:00~20:00(L.O)[7月~8月]
定休:水

http://www.bieisenka.jp/

Img_1486Img_1459Img_1477   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美瑛の見所

1日かけて美瑛の見所を周遊。
お天気は、晴れのち曇りといった具合。

旧千代田小学校跡を改修し、昭和62年に写真家、
前田真三氏がギャラリーとしてオープンさせた「拓真館」
一年中花が咲き乱れる「四季彩の丘」
「親子の木」「セブンスターの木」「ケンとメリーの木」等を
観て回りました。

Img_1366_3Img_1431_3     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のぼりべつクマ牧場・地獄谷・温泉街夜景

午前中、のぼりべつクマ牧場地獄谷を散策。
雲が多く、ロープウェイ山頂付近は、もやっていました。

Img_3436_2Img_3180

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登別温泉郷「滝乃家」

この日は登別温泉の滝乃家さんに宿泊。

2,3年前に建て替えたという館内は真新しく、
老舗らしさも残しつつ、館内はモダン斬新なイメージ、
バリアフリー設計で年配者にも優しい設計。

ロビーから部屋まで畳敷きになっているので、
スリッパが不要で素足でも歩けます。

お部屋は機能的な広々とした造り。
DVDデッキLAN回線、アメニティグッズも充実。
立派なチェアーまでしつらえてありました。
和の気品と洋の洗練さが上手く融合している印象。

お風呂は最上階天空露天風呂「雲井の湯」をはじめ、
内風呂露天とあり、4つの源泉を使用しています。

食事は、北海道ならではの物がふんだんに取り入れられ、
丹誠を込めた品々は、彩り構成とも素晴しいもの。

必要以上に過剰でない接客も心地よい感じで、
のんびり上質な時間を過ごすにはもってこいのお宿です。

<夕食の献立>
<先附>枝豆豆腐・いくら
<小鉢>もずく・長芋・じゅん菜
<前菜>占地梅・ミニトマト土佐煮・サーモン砧巻・椎茸裏付
               数の子粉節和え・スナップエンドウ射込み
<碗盛>魚ソーメン・甘海老・玉子豆腐・絹さや
<向附>(函館産)鮑・(根室産)うに・(室蘭産)平目・(室蘭産)烏賊
<洋皿>(十勝産)池田牛のロースト・大滝産椎茸のクーリ
<焼物>時鮭柚庵焼
<合肴>米茄子・冬瓜・隠元 琥珀餡かけ
<強肴>(登別産)毛ガニ
<冷鉢>ゼリー寄せ
<揚物>(室蘭産)相並目・獅子唐 茗荷
<デザート>(富良野産)メロンのサラダ
      (壮瞥産)赤シソのジュレ・アールグレイのクレームグラッセ

●登別温泉郷「滝乃家」
住所:北海道登別市登別温泉町162
℡:0143-84-2222

http://www.takinoya.co.jp/
<交通>
JR登別駅より道南バス15分、徒歩3分。
JR札幌駅より直行バス「おんせん号」1日1便 1時間40分
JR室蘭駅より道南バス1時間15分
新千歳空港より高速バス1時間

Img_3414Img_2939Img_3157   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支笏・洞爺方面へ

この日は支笏・洞爺方面へ足を伸ばしました。

特に午前中までは薄日は射したものの、雲もどんより。
夕方近くからは、徐々に晴れて来ました。

・支笏湖(遊覧船・船内・水中遊覧)
・有珠山(ロープウェイ・西山火口・展望台から眺望)
・昭和新山
・洞爺湖

Img_0946

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成吉思汗「だるま」(6.4店)

この日は、札幌すすきの名物「成吉思汗(ジンギスカン)」を。

本店は昭和29年創業の老舗で、炭火焼ジンギスカンで
毎晩ひっきりなしに人が訪れる有名店。

6.4店も、開店直後の雨天にも拘らず既に順番待ち。
流石に人気の高さを伺わせます。

1人前「成吉思汗」(735円/税込)

毎日欠かさずに開店直前に仕入れる新鮮マトン肉を。
機械を使わず人の手で捌いているそう。

臭みがあり、硬いイメージのラム肉の印象が払拭され、
匂いが苦手な私でも美味しく頂けました。

頑なに秘伝の味を守っている印象。
お店の庶民的な温かい家庭的な雰囲気も魅力です。

●成吉思汗 だるま(6.4店)
住所:札幌市中央区南6条西4丁目
                          野口ビル1F
℡:011-533-8929
営業:17:30~翌5:00
 [日]16:30~翌1:00
無休

Img_0352_2Img_0353_2Img_0367_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Patisserie SHIYA(パティスリー・シイヤ)

札幌で人気のスイーツのお店。
地下鉄駅からは距離があるので、バスの利用がお勧め。
最寄りのバス停「北5西20丁目」

を基調とした清楚スタイリッシュな店内。。
入口すぐのショーケースには宝石のような洋菓子の数々。
40~50種類ぐらいはありそうです。

左手奥にはカフェスペースも設けており、
飲み物などと共にその場で味わえます。

「白桃とパッションフルーツのタルト」(390円/税込)
「ヴェリーヌ・ムロン・シトロンベール」(420円/税込)
「シュー・アラ・クリーム」(210円/税込)
を購入し、
「ハーブティー(280円/税込)」と共に。

濃厚な味わいですが、甘さ控えめ
スイーツ好きには堪えられない逸品ばかりです。

マカロンもこちらのお勧め商品だそうです。

●Patisserie SHIYA(パティスリー・シイヤ)
住所:札幌市中央区北5条西21-1-15
℡:011-611-7003
営業:10:00~20:00
定休:水・第3木

Img_0432Img_0422Img_0428   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円山味ごころ「たけだ」

円山公園近くにある、お昼のみ営業する和食店。
年配の男性二人が切り盛りしています。

小物が飾られた可愛らしいL字カウンターと
小上がりがある店内は水色が基調。

メニューは「おまかせ膳」(1,050円/税込)のみ。

松花堂風の彩りのいい、手間の込んだ品が盛り込まれ、
この値段では申し訳ないような素晴らしい内容です。

食後に「食後のコーヒー(*フルーツシャーベット付き)」(315円/税込)も。

素晴らしい包丁細工を施したデザートに
苦味の利きつつも、さっぱりとしたコーヒーで楽しめます。

●円山味ごころ「たけだ」
住所:札幌市中央区北1条西27丁目3-20
                  アンクルビル3F
℡:011-616-0058
営業:11:30~14:30
定休:日

Img_0276_2Img_0282Img_0288   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食堂車「ダイナープレヤデス」にて

前日の夕食と朝食は、食堂車にて頂きました。

朝食は、6時00分から45分刻みでの3部制。
夕食は、18時~と19時半~の2部制の時間帯で予約。

メニューは年4回変更になるそうです。

<ディナー>
・縞鯵のミ・キュイ 生姜と香草風味のポタジェール
・むらさきいもの冷製スープ
・サン・ピエールの蒸し煮 プロヴァンス風
・牛黒毛和牛フィレ肉のステーキ
       ジロール茸のソテーと新北あかりのクロケット
・トンカ豆のアイスクリームとマスカルポーネの
       オレンジ風味クリーム メレンゲのドーム仕立て
・コーヒーか紅茶またはハーブティー
・自家製パン

<モーニング>
スクランブルエッグ、ハム、サラダ、ヨーグルト、
パン、コーヒー、ジュース

Img_0240_2Img_0179Img_0238_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝台列車「トワイライトエクスプレス」

寝台列車「トワイライトエクスプレス」に乗り込み
一路、北海道を目指しました。
人生初の寝台列車です。

約16時間ほどの旅のスタート。
通常は午前9時過ぎに札幌に到着するそうですが、
この日はお盆特別ダイヤで11時過ぎになるそう。

Img_0264_2Img_0229Img_0194   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Poco Aguja(ポコ アグハ)

新潟市の郊外の住宅街にひっそりとあるお店。
2種類のランチが評判とのことで行ってきました。
パスタランチもありますが、パエリアにしました。

「パエリアランチ」(1,300円/税込)
「ランチデザート」(300円/税込)

この日は、イカ墨のパエリアでした。
見た目とは違い、丁寧で薄味なのですが、
魚介の風味がしっかり行き渡っていて美味。

デザートは、バナナとアーモンドのクラフティー
ベリー系果物もふんだんに乗り、甘さ控えめで美味しい。

夜は豊富なお酒と共に、一品料理を嗜むのもよさそう。

●Poco Aguja(ポコ アグハ)
住所:新潟市西区小針上山9-26
                              カサデ藤山
℡:025-233-5660
営業:11:30~13:30(L.O)
     18:00~23:30(L.O)
定休:月・第2火

Img_4752_2Img_4741_2Img_4749_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三春美鮨

新橋駅に近い江戸前寿司のお店です。

お鮨やらしからぬ基調としたシックな空間。
意外に入りやすい雰囲気が印象的。

「たっぷりとおまかせコース」(10,000円) を。
・眞子鰈(宮城/気仙沼)
・アオリイカ(鹿児島/串木野)
・新子(佐賀/有明大浦)
・青柳の小柱(千葉/木更津)
・シビマグロ赤身(青森/大間)
・子持ち蝦蛄(福岡/行橋)
・福子(茨城/大洗)
・車海老(秋田/天玉町)
・中トロ
・眞子鰈の皮
・塩イクラ(北海道/標津)
・イカゲソ
・漬け(青森/大間)
・赤雲丹(北海道/利尻)
・穴子(神奈川/子安)
・鉄火手巻
・出し巻き玉子

・お椀

全国各地からその時期に一番いい魚を選んでいるそうで、
仕事を施し、最高の状態に仕上げられている印象。
ネタ大きく食べ応えも十分。

希少な浅草海苔を使った鉄火巻きは香りが秀逸。
だし汁風味が利いた卵焼きも美味。

こちらのご主人は、「江戸前鮨 仕入覚え書き」の著者であり、
余りにも有名な方だそうですが、暖かい空気感もあってか、
凄く居心地もよく、楽しい時間を過ごせました。

●第三春美鮨
住所:東京都港区新橋1-17-7
℡:03-3501-4622
営業:11:30~13:30
    17:30~22:30(L.O.22:00)
       ~21:00 (土)
定休:日・祝 

http://harumi-sushi.sakura.ne.jp/

Img_6656Img_6662Img_6703   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

L'Alliance(ラリアンス)

神楽坂のJR飯田橋駅近くにあるレストラン

入口からエスカレーターでダイニングフロアに昇るのですが、
あたかもホテルのフロントに向かうかのような錯覚に。
その先にラウンジのように広々とした贅沢な空間が広がります。

ゆったりと寛げる感じで畏まった感じはなく、
天井が高く開放感も有り、陽射しが入る素敵な設計。

「午後の午餐会コース」(6,800円/税込)を。
<アミューズ>本日の特別アミューズ(フィレ肉のサラダ仕立て)
<前菜>長崎 佐世保産 小鯛を2種調理法で仕上げた一皿
        ヴァプールマリネとエスカベッシュをサマートリュフの風味と共に
<スープ>お勧めポタージュ(ジャガイモの冷製スープ)
<魚料理>旬の鮮魚をシェフお薦めのスタイルで完成(イサキのグリル)
<グラニテ>本日のおすすめグラニテ
<メイン>国産牛フィレ肉のソテーと季節野菜のアンサンブル
                             赤ワインソースを注いで
<デザート>デザートワゴンより
<コーヒーか紅茶>

料理は繊細に創作されたものが並びました。
正にモダンフレンチで一品ごとに工夫が施されています。
彩り豊かで美味、流石にミシュランと納得。

そしてコースの価格の中に、ドリンクかワイン2杯込み。
都内でこの内容は非常に良心的ではないでしょうか。

接客も素晴しいです。

●L'Alliance(ラリアンス)
住所:東京都新宿区神楽坂2-11
℡:03-3269-0007
営業:11:30~14:00(L.O.)
    18:00~21:30(L.O.)
     バー  ~23:30(L.O.)
定休:土・日・祝

http://www.lalliance.jp/

Img_6307Img_6352Img_6337   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凹町(ほこちょう)

恵比寿界隈で上品な京料理を堪能できるお店。
駅からそう遠くはないが、隠れ家的な立地にあります。
恵比寿神社の近くです。

カウンター越しの臨場感、落ち着ける空間が広がります。

「おまかせコース」(10,000円)を選択。
<香 煎>
<先 附> 冷無花果粥
<八 寸>
<椀 物> 海老蓮根真丈仕立て
<向 附> きす昆布〆 雲丹山葵衣和え 雲丹殻盛り
<焼 物> ひれ鱒
<凌 ぎ> 雲丹胡麻豆腐
<冷し鉢>炙り鱧ハモソメがけ 万願寺焼浸し
<食 事> 御飯
<香の物>
<水 物>スイカのシャーベット
<和菓子>
<お抹茶>


誤魔化しのない究極の出汁の味が特に印象的。
旬の素材を活かしつつ、繊細彩り豊かな料理が
次々と登場し、期待を掻き立てられる内容。

京懐石の醍醐味を味わうには申し分なさそう。
リピーターの女性が多いのも納得。

男性陣の話し上手ながら上質サービスも好印象です。

●凹町(ほこちょう)
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-9-4
                  小熊ビル1F
℡:03-5728-7655
営業:17:30~24:00
無休

http://www.hokocho.com/

Img_6017Img_5985Img_6006   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀牛 銀座季楽

銀座5丁目、ロイヤルクリスタル銀座に入る
JA佐賀グループが経営するお店。

佐賀の伝統が感じられるモダンシックな店内で、
上質な佐賀牛が味わえます。

頂いたのは、
「牡丹(ぼたん)」(6,500円)というランチメニュー。
・前菜の盛合わせ~佐賀の彩り~
・季楽 鉄板焼き *佐賀産和牛サーロイン150g
・季節の焼き野菜
・炊き立て佐賀の白米 と お味噌汁 ふるさとの漬物
・季楽特製デザート ~季節のうまかもん~
・コーヒー

柔らかでジューシーな佐賀牛は絶品。
薬味は、岩塩・柚子胡椒・山葵・醤油。

「佐賀の彩り」という色鮮やかな前菜で始まり、
デザート盛りまでと、鉄板焼き以外の料理でも実にハイレベル。
全てにおいて、佐賀の魅力が凝縮されています。

食事は、佐賀産の白米とお味噌汁。
お肉の後は、この方がしっくりくるような気もしますね。

●佐賀牛 銀座季楽
住所:東京都中央区銀座5-4-6
      ロイヤルクリスタル銀座 5F
℡:03-5568-7080
営業:11:30~15:00(L.O.14:00)
    17:00~23:00(L.O.21:30)
無休

http://jasaga.or.jp/kira/ginza/

Img_5867Img_5869Img_5894   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八ツ目や にしむら

目黒不動尊前で一際いい香ばしい香りを放つ
昭和35年創業という鰻店。

一階が店頭販売、二階が食事処。
折角なのでイートインで。

使用される鰻は、千住の川魚問屋から仕入れるという
国産最高級品のみ。

「うな重定食<特上>」(3,500円/税込)
「肝焼き」(350円/税込)
以上をオーダー。

紀州備長炭で焼き上げる鰻は、身も程よく柔らかく、
江戸前らしい照りが印象的で実に美味。

利用しやすい庶民的な雰囲気も魅力です。

●八ツ目や にしむら
住所:東京都目黒区下目黒3-13-10
℡:03-3713-6548
営業:10:00~19:00頃(店頭)
    11:00~14:00(店内)以降は予約
定休:水

http://www1.cts.ne.jp/~nisimura/

Img_6452Img_6468Img_6461   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »