« 名勝・天龍峡の紅葉(天竜ライン下り) | トップページ | そば屋 長森 »

うなぎ「丸よ」

豊橋駅東口から路面電車に乗り込み、
札木電停で降り立ち、そこから程近いお店。

店構えからして老舗の雰囲気を漂わせるこちらは、
軒先に「旧東海道吉田宿跡」とあるように、旧吉田宿
2軒あった本陣のうちの一軒という歴史あるお店。

日本には「別嬪(べっぴん)」という綺麗な言葉がありますが、
こちらのお店が発祥なのです。

江戸時代、こちらのお店の前身の割烹料理店が、
「頗別品」(すこぶるべっぴん)と売り出し、
全国に伝わっていく間に極上品を「べっぴん」と呼び、
更に美しい女性を「ベっぴん」と言うように変化していったとか・・・

「鰻丼(特上丼)*うまき デザート付」(4,090円)をオーダー。

まず、お重の蓋を開けてびっくり。
蒲焼の皮の面が上に向けられているのです。
おそらく全国的にもこちらだけでしょう。
皮が御飯と接して湿っぽくなるのを防いでいるとか・・・。

鰻は関東風に仕上がり、辛口のタレと相まって美味。
意外にさっぱりしています。

●うなぎ「丸よ」
住所:愛知県豊橋市札木町50
℡:0532-52-4987
営業:11:30~20:30
定休:水

http://www.maruyo-gr.com/maruyo/index.htm

Img_5045Img_5068Img_5060   

|

« 名勝・天龍峡の紅葉(天竜ライン下り) | トップページ | そば屋 長森 »

うなぎ」カテゴリの記事

コメント

東京、赤羽の「まるます家」という安くて大衆的な店が

あります。

朝9時から居酒屋兼営でやっています。

11時ころに行くと満員のこともあります。

ただし、客層がももさんのようなきれいな方はみた

ことがありません。念のため。

投稿: ヌーチャン(追加) | 2011年12月 1日 (木) 18時01分

この日はどうしても鰻が食べたくてこちらへ訪れました。
確かにビジュアル的な点やコスパの面でもどうかなって?思わないわけでもありません。
東京には良心価格で美味しい鰻を食べさせてくれるお店が沢山ありますね。

赤羽の「まるます家」ですか・・・ぜひ伺ってみたいですね。

投稿: もも | 2011年12月 3日 (土) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517937/53291657

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ「丸よ」:

« 名勝・天龍峡の紅葉(天竜ライン下り) | トップページ | そば屋 長森 »