« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

Bodega Santa Rita(ボデガ サンタ リタ)

東京ミッドタウンにあるスペイン料理店。
麻布十番「バル レストランテ ミヤカワ」姉妹店です。

洞窟ような入口を潜った、テーブルクロスが掛かった席へ。
落ち着いていて中々の雰囲気です。

「お米のパエージャランチセット」(1,800円/税込)をオーダー。
・前菜、スープ、コーヒーor紅茶 付

前菜3種類盛り合わせは、アルコールが進みそうな味わい。
スープは、ガスパチョが供されました。

パエリアは、魚介の味がお米に滲み渡っていて美味。
分量的に、私で丁度よい位なので、男性陣ではどうか?

ゆっくりランチが楽しめる環境です。
一人前からパエリアが食べられるのもいいですね。

●Bodega Santa Rita(ボデガ サンタ リタ)
住所:東京都港区赤坂9-7-4
    東京ミッドタウン ガレリア ガーデンテラス 1F
℡:03-5413-3101
営業:11:00~14:00(L.O)
    17:30~22:30(L.O)
          ~22:00(L.O)(日・祝)
定休:月

Img_3707Img_3716_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白金「利庵」

白金台プラチナ通り沿いにある蕎麦屋。
昭和の香りを纏った、味わいのある古い日本家屋。

店内は、民芸調時代箪笥電球の笠の照明などが、
レトロな雰囲気を醸し出していて、随所に拘りを感じられます。

「あいやき」(1,850円/税込)
「そば寿司」(900円/税込)
「天せいろう」(1,900円/税込)
「わらびもち」(550円)
以上をオーダー。

白く細めの蕎麦は、喉越しの良い繊細な味わい。
瑞々しく見えますが、歯応え抜群で辛めつゆとも好相性。

天せいろうの天婦羅は、海老のかき揚げのみが付く。
プリプリ芝えび小柱が使われていて、実に美味しい。
また、柚皮三つ葉が添えられている辺りもお洒落です。

また、厚みのある香ばしく焼いた「あいやき」や、
「そば寿司」「わらびもち」絶品で、程よい分量。

少々、強気の価格設定ではありますが、どれも美味しい。
流石は、白金界隈と思わせるほどの完成度。

使い勝手の良さに加え、お店の雰囲気が堪りません。

●利庵
住所:東京都港区白金台5-17-2
℡:03-3444-1741
営業:11:30~19:30
定休:月・火(祝は営業)

Img_3721Img_3725_5Img_3740_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ふるあめりかに袖はぬらさじ』~赤坂ACTシアター

坂東玉三郎主演「ふるあめりかに袖はぬらさじ」を観覧。
18:30開演、休憩25分、21:45頃終演。全4幕構成。
1階2列目。通路側。この日が初日。

今年7月に人間国宝として認定された坂東玉三郎さんが、
歌舞伎とは別に20年以上演じている現代戯曲名作

元宝塚出身の女優の檀れいさんは、花魁・亀遊役で初共演。

<設定>
舞台は、横浜の遊廓・岩亀楼。
幕末の時代に翻弄される人々の人間模様を描いた作品。

<キャスト>
坂東玉三郎 檀れい
松田悟志 伊藤みどり 藤堂新二 団時朗 ほか

Img_3747Img_3759_4Img_3755_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤坂喫茶室

赤坂、一ツ木通り中央アーチ前にある喫茶店。
まだ新しいお店ですが、温かく落ち着いた雰囲気で、
BGMにはクラシックが流れ、ゆっくりできます。

「自家製日変りケーキセット」(1,000円/税込)をオーダー。
まだ温かく出来たての、ラムレーズンとカシスのケーキ
甘さ控えめ手作り感満点です。

ドリンク、パフェやケーキ類、メニューも豊富です。

●赤坂喫茶室
住所:東京都港区赤坂4-2-8
            カランドリエビル2F
℡:03-3585-7007
営業:11:00~21:00
年中無休

Img_3795_3Img_3806_3Img_3802_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とゝや 魚新

地下鉄赤坂駅から徒歩3分位にある和食店。
赤坂サカスBIZタワー裏手に、ひっそり佇みます。

お店はしっとりとした、和の趣たっぷりで、
綺麗に手入れが行き届いている印象を受けました。

起源が、創業100年を超える魚屋というだけあって、
やはり魚料理大評判

「菊コース」(5,250円/税込)をオーダー。
<前菜>京つぶ貝、海老真丈など
<刺身>もどり鰹、カマス、平目、えんがわ、スミイカ、雲丹
<焼魚>鮭の難波焼
<焚合せ>野菜の焚合せ
<食事セット>御飯、赤出汁、香の物
<デザート>栗ロール

鮮度の高い良質を使用しているのは勿論、
それらを丁寧に扱い、調理していていればこその魚料理数々。

一つ一つ、どれも上質な味わいで美味。
しみじみ日本人でよかったと思わせる内容です。

また接客も素晴しく、無駄な私語や動くが一切無く、
お客に対する目配りが当たり前のようにできている。
「大人のお店」と呼ぶのに相応しい感じです。

●とゝや 魚新
住所:東京都港区赤坂5-1-34
                       The Quarter House 1F
℡:03-3585-4701
営業:11:30~14:00(L.O.13:30)
    17:00~21:30(L.O.21:00)
定休:日・祝

http://www.uoshin.ne.jp/

Img_3792Img_3770Img_3784_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨 おとわ

東急、こどもの国駅から徒歩10分ほど。
閑静な住宅街の中に一軒家兼店舗の鮨屋さん。

昨年の10月オープンしたという店内は、
御飯を炊く釜戸があったりと、拘りを感じられる真新しい空間。

白木カウンター6席ほどのこじんまりした空間に、
黒塗りのつけ台は実に映えます。

夜のメニューは、「おまかせ」(8,000円)の一本。
(供されたもの)
・白魚(網走)
・平目(青森)
・えんがわ
・真鯛(明石)
・煮鮑(勝浦)
・〃肝
・鰹
・スミイカのゲソ

・スミイカ
・本鮪(青森戸井)
・ヅケ
・中トロ
・コハダ(有明)
・鰯
・車海老(江戸)
・鰹
・赤貝(宮城閖上)
・キタムラサキウニ
・煮穴子
・厚焼玉子

基本的には毎日、築地で良いものだけを仕入れるそう。

やや強く酢を効かせたように感じたシャリは、
ネタとのバランスが良く、段々と馴染んでくる感じ。

小ぶりの握りですが、一貫毎に存在感があるため、
一通り供される頃には、自然と満足感が得られます。

また、海老のすり身を混ぜて作られる玉子焼は、
1時間半程かけてじっくり焼き上げるもので、
デザートのような滑らかさ

控えめで、物腰の柔らかい御主人のおもてなしと
都内では決して味わえない、静かな空間と時間の流れ。

これからますます注目すべくお店ではないでしょうか。

●鮨 おとわ
住所:横浜市青葉区奈良3-11-1
℡:045-961-1007
営業:12:00~14:00
    18:30~22:00
定休:月・第3日

http://otowa.main.jp/

Img_3694Img_3638Img_3676_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »