« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

珈琲苑

川崎駅界隈で本格的な珈琲が頂けるお店。
テナントビルの2階にあり、昭和の純喫茶ムード満点。

ホットケーキ人気ですが、サンドイッチ系も捨て難い。

「ミックスサンドセット」(997円/税込)をオーダー。
あっさりして薫り高い珈琲には、ミルクホイップクリーム付き。
ウィンナーコーヒーにも出来てしまいます。

平日の早い時間だと、お客さんも疎らでのんびりできます。

●珈琲苑
住所:川崎市川崎区駅前本町7-5
℡:044-211-8920
営業:9:00~21:00

Img_5109Img_5116_2Img_5113_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすもじ処「うを徳」

向島百花園に行った帰りに利用したお店。
東向島駅からは徒歩で数分。

懐かしい雰囲気の店構えは、静かで落ち着いた風情。

コース料理から一品料理までメニューは多彩。

その日のお勧め料理が記された黒板には、
目移りしそうなものがリーズナブル価格で並ぶ。

お鮨も食べたいので、料理を幾つか頂き、
その後、握りへ移行したいとお願いしました。

<頂いたもの>
・蕪とアンキモの吸い物
・厚岸牡蠣のバルサミコソース仕立て
・琵琶湖産諸子の甘露煮
・駿河産桜海老から揚げ
・宍道湖天然鰻の白焼き
・カラスミ

(握り)
・小柱(北海道野付)
・青柳(北海道野付)
・大トロ(青森県三厩)
・松波鰈(北海道余市)
・中トロ
・平目昆布締(利尻)
・〆鯖(神奈川県三浦松輪)
・コハダ(東京湾小柴)
・づけ
・帆立炙り
・穴子(ツメ、塩)
・スミイカ(東京湾小柴)
・鉄火巻
・厚焼玉子

京都の割烹で修業された御主人から繰り出される料理は、
お寿司屋の域を超え、まさに完成された日本料理

握りは、比較的大きめで食べ応えのあるもの。
江戸前の仕事がきっちり施された正統派

料理が想像以上に美味しかったので、
次回は、一品料理に重点を置いてみても面白そう。

物静かながら温厚な御主人なので、
初めての方や女性同士でも利用しやすい。

●おすもじ処 うを徳
住所:東京都墨田区東向島4-24-26
℡:03-3613-1793
営業:12:00~14:30
    17:30~22:30
    12:00~22:00(土・日・祝)
定休:月(祝の場合は翌日)

http://www.geocities.jp/uwotoku3613/

Img_4903Img_4910Img_4980

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向島百花園へ

この日は、向島百花園へ紅葉狩りに出かけました。

紅葉情報でも「色づき始め」と出ていましたが、そんな感じ。
まだ、見頃前といった感じでした。

四季折々の花が乱れ咲くといわれるこちらは、
江戸の町人文化が花開いた文化、文政期に造られた庭園。

その後、昭和14年に有料で制限公開を経て、
昭和53年に、国の名勝・史跡に登録されました。

地元の方曰く、一番の賑いは、萩まつりの頃だそう。

Img_4897Img_4892Img_4839
Img_4867Img_4879Img_4882

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ 魚政

京成線、四ツ木駅から延びる、庶民的な商店街にあるお店。
木造二階の建物は、至って普通の町の鰻屋さんといった風情。

通されたのは、小奇麗な2階の椅子席。
芸能人のサインも多く飾られ、「鰻の名店厳選40軒」という
人気の高さも覗わせる。

「坂東太郎 うな重(特上)」(5,500円/税込)
「鰻珍味セット」(1,000円/税込)
をオーダー。
      *肝吸いは、別途200円にて

今回は、天然物と迄は行かずとも、ブランド鰻「坂東太郎」を。

オーダーを受けてから捌くので、40分以上待つのですが、
合間に、肝わさと塩気の強い骨煎餅が供されるのが嬉しい。

坂東太郎の鰻は、天然に近く、ふんわり柔らかで美味しい。
注ぎ足し使われてきたという辛めのタレや御飯とも好相性。

珍味セットは、肝焼、えり焼、かぶと焼の3本。
ほろ苦さが癖になりそう。

物腰柔らかな店主と女将さんのアットホームなおもてなし…。
下町のホッとできる一軒でした。

●うなぎ 魚政
住所:東京都葛飾区四つ木1-31-10
℡:03-3695-5222
営業:11:30~14:00(L.O.13:00)
    17:00~21:00(L.O.20:00)
定休:火、第1水

http://unagi-uomasa.jp/

Img_4720Img_4722_4Img_4753_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新妻聖子 Live Tour 2012 ~ルネこだいら 大ホール

この日は、新妻聖子さんのコンサートを鑑賞。
ルネこだいら大ホール、席は2列目のほぼセンター。
18:30開演、途中休憩を挟み、21:00頃終演

平成が生んだNo.1ミュージカルスター」と称される彼女は、
2003年「レ・ミゼラブル」エポニーヌ役に大抜擢されて以来、
5オクターブ音域と澄み切った歌声でも知られます。

有名なミュージカルソング以外にも、
オリジナル曲や邦楽も取り入れた構成になっていました。

<第1部>
・おかえり(オリジナル曲)
・アンダンテ(〃)

~アメリカン ポップ メドレー~
・American pops medley
・Diamonds are forever
・You can't hurry love
・Cutie pie

・さくら(森山直太朗)
・I've never been to me(Charlene)
・ラ・マンチャの男
・On My Own
・私だけに

<第2部>
・愛をとめないで(オリジナル曲)
・Sisters(〃)
・ひとつ(〃)
・Pieta
・River Deep, Mountain High
・ありがとう(オリジナル曲)
・GOLD
・Time to say goodbye

<アンコール>
・命をあげよう
・私の星(オリジナル曲)

Img_4706Img_4707Img_4712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちそば「にはち」

西武新宿線、武蔵関近くにある手打ちそば店。

「にはち」の店名に反して、こちらで頂けるのは十割
当初二八だったそうですが、数年前から今の十割に。

お店は、比較的若いご夫婦が営まれているよう。

「そば尽しコース」(3,500円/税込)
をオーダー。
・蕎麦豆腐、蕎麦若葉の山葵醤油和え、
             栗渋皮煮、焼き茄子胡麻和え
・鴨つくねと蕪の炊き合わせ
・小田巻蒸し
・車海老と野菜の天婦羅
・もりと田舎そばの二種盛
・わらびもち

蕎麦細めですが、コシが素晴しく喉越し抜群。
薫りを愉しめ、力強い主張のある十割蕎麦。

料理も、奇をてらわないものが多く、好感が持てます。

木調で落ち着いた店内は、しっぽりと蕎麦を嗜める環境。
接客も良く、実に居心地のいいお店でした。

●手打ちそば「にはち」
住所:東京都練馬区石神井台7-9-6
℡:03-3920-2815
営業:11:30~14:30(L.O.)
       17:00~21:30(L.O.)
定休:火(祝は営業)

Img_4681Img_4682_4Img_4700_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理「衛藤」

武蔵小山商店街アーケードの脇道にある
こじんまりとした清潔感のある日本料理店。

基本的には、月替わりのコース料理(5,000円)の1本。
良心的価格設定ながら、料理内容が充実。

(コース)
・小松菜 車麩 お浸し
・車海老の飯蒸し
・真鱈の白子椀
・平目と本マグロ造り
・鰆の焼き物 花豆 菊花蕪
・銀杏人参 里芋 ほうれん草 焚合せ
・牡蠣雑炊
・最中(林檎 餡)

(追加)
・珍味三点盛り 酒盗と酒粕チーズ 肝山椒煮

品数も充実し、器にも拘った正統派日本料理。
優しい出汁野菜がたくさん盛り込まれている印象。

リーズナブル価格でより良いものを提供したいという
心意気に溢れた丁寧な仕事が施された料理が続きました。

多数取り揃えられている日本酒と共に
じっくり月替わりのコース料理を楽しむのが最高かと。

●日本料理「衛藤」
住所:東京都品川区荏原3-4-10
℡:03-3788-2077
営業:17:00~23:00(L.O22:00)
定休:日・第1,3月

http://www.geocities.jp/mako7_7/index.html

Img_4780Img_4785Img_4798

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »