« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

御田町 桃の木

JR田町駅または白金高輪駅から徒歩10分強。
立地条件は良くないが、以前から人気の高いお店。

店内は、グリーンの椅子白い壁に囲まれ、
フレンチかイタリアンを思わせる洋風な趣き。
最近、リニューアルしたそうで、まだ真新しい。
オープンキッチンで、カウンター席もあります。

「日替わりランチコース」(2,500円/税込)をオーダー。
・ミックスナッツ飴がけ
・紅芯大根貝柱の山椒和え
・葱と砂肝の山椒和え
・小龍包
・豚肉と葉野菜の山椒唐辛子煮込(+細麺)
・マンゴープリン

料理一皿毎に、驚き創意を感じる。
酸っぱい物の後に辛いものと、緩急を付けた構成もあって、
最後まで飽きさせない内容。
料理の分量多めで、女性では少々きついかも。

メインの「豚肉と葉野菜の山椒唐辛子煮込」は、
唐辛子で風味付けしているためか、
辛みより香りが勝っていて、爽やかな仕上がり。
後で供される細麺は、これに絡めて頂きます。

デザートに選んだ「マンゴープリン」も忘れ難い。
果肉たっぷり、しっかりしたサイズで食べ応え充分。
クリーム感の強い、甘さのない濃厚なココナッツミルクは、
意外性があり、果実の甘みが引き出されていました。

酢豚など、気になるメニューも沢山あるので、
機会があれば、また伺いたい感じです。

●御田町 桃の木
住所:東京都港区三田2-17-29
                              オーロラ三田105
℡:03-5443-1309
営業:11:30~14:00(L.O)月はランチ休
    17:30~21:30(L.O)
定休:水、第2火

http://www.mitamachi-momonoki.com/

Img_5117Img_5122_2Img_5135

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白庵 かりべ

東京、神楽坂の静かな住宅街の一角にあるお店。
前身は、六本木ヒルズにあった有名店の「竹やぶ」

当時のアンティークヨーロピアン家具
一緒に受け継がれた模様で、現在のお店にもマッチ。

「お昼のコース」(3,000円)をオーダー。
・かき玉汁
・前菜盛り合わせ(豆腐の梅肉乗せ、車海老味噌焼、玉子焼き、
                    穴子煮こごり、子持ち鮎の含め煮)  
・そばがき
・せいろ
・にしんそば
・甘味(水小豆)

まず、かき玉汁で、出汁の美味しさを存分に堪能し、
続いて、5品が盛り込まれる充実の前菜盛り合わせ…。
こちらも手の込んだ、期待を裏切らない美味しさ。

定番の「そばがき」「せいろ」は、蕎麦の風味
食感茹で加減も良く、美味しく頂きました。

食後の「水小豆」手作り感満点。
水羊羹のさっぱり滑らか版といった所です。

座席間隔も広く、店員さんも気さくなので、
不思議と敷居の高さは感じずに過ごせます。

●東白庵 かりべ
住所:東京都新宿区若宮町11-7
℡:03-6317-0951
営業:11:30~15:00(L.O)
    18:00~22:00(L.O)
    11:30~21:00(L.O)[日・祝]
定休:水

http://touhakuan.jp/

Img_5037Img_5038_5Img_5056_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮨 石島

銀座の外れ、最寄りが新富町駅近くの寿司店。
前身は、古くからのお米屋さんだったそう。

店内は、ゆったりしたL字カウンター10席ほど。
白木のカウンターにネタケースが映えます。

1,000円ランチ握りを提供していることでも知られ、
開店前から何人もの方が、それを目当てに並びます。

しかし、「おまかせ寿司」(3,500円)は、
事前予約が可能なので、こちらを頂いてきました。

・本鮪炙り(大間)
・寒ブリ(氷見)
・平目の昆布〆
・鮪ヅケ
・雲丹
・鯖
・イクラ
・厚焼玉子
・白魚
・穴子

(追加)
・小鰭
・細魚
・赤貝

流石に1,000円のランチとは全く異なる内容。

1貫が途轍もなく高価であろうお寿司も盛り込まれ、
可也、お得感のある内容にびっくり。

握りは、ネタとシャリのバランスがよい印象。
赤酢や砂糖を主張し過ぎない優しい舎利は、
人肌に近い温度が保たれ、よく纏まった握りに仕上げます。

女性同士も多く見かけるなど、居心地もなかなか。
流石は人気店です。

●鮨 石島
住所:東京都中央区銀座1-24-3
℡:03-6228-6539
営業:11:30~14:00
        17:00~23:00
  [土]16:00~22:30
定休:日・祝

http://www.sushi-ishijima.com/

Img_5219Img_5221_3Img_5245_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野毛おでん

横浜、伊勢佐木町モール近くの老舗おでん店。
明治36年創業野毛の地で屋台からのスタートという。

店内は、ちょっと敷居が高めな居酒屋といった風情。
時間帯を外して訪問しないと、待たされることもしばしば。

おでん盛り合わせがメインの「おでん定食」(1,900円)
追加で何点かお願いしてみることに…。
また「刺身の盛り合わせ」を少量で、とお願いしてシェア。

(おでんだね)
・玉子
・焼豆腐
・大根
・さつま揚
・ちくわ麩
・蒟蒻

・キャベツ巻
・ふくろ
・にし貝
・サザエ

こちらのおでん、何と言っても真っ黒い色合いで有名。
意外にも味は辛すぎず丁度よく、出汁もよく効いている。
江戸前のおでんとは、一線を画す感じです。

可也煮込まれているのに、型崩れなく綺麗。

名物大根が、厚さ5cmほどもあるのを筆頭に、
全てのおでんだねは、食べ応えのある大きさ。

おでんの注文は、テーブルの注文用紙に記入するスタイル。

客層、店員さん共に年配の方が多く、
サービスも家庭的で暖か、落ち着いた雰囲気です。

●野毛おでん
住所:横浜市中区吉田町2-6
℡:045-251-3234
営業:11:30~14:00
    17:00~20:30(L.O.)
定休:日

http://nogeoden.com/

Img_5085Img_5088_3Img_5101_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理 梅林

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて今回は、JR関内駅と桜木町駅のほぼ中間にある
昭和17年創業老舗日本料理店

名物「うなぎの朴葉蒸し」というこちらは、
日本料理店ながら鰻料理が大変評判。

外見は近代的なビルですが、中は日本家屋のよう。
個室中心の昭和を感じる店内は、どこか懐かしい雰囲気。
玄関で靴を脱ぎ、エレベーターで個室に上がります。

「うなぎコース」(8,400円/税込サ別)をオーダー。
<先 付>ゼリー寄せ 車海老 帆立貝 筍 干し柿 若布 金柑 蕪
<八 寸> 横笛盛り(諸子甘露煮 子持ち昆布唐墨 京菜花西京漬 錦玉子)
<心臓酒>
<鍋 物>天然鯛ちり鍋(鯛 豆腐 椎茸 葱 水菜 ポン酢)
<お造り>平目、北寄貝、鮪、烏賊
<かしら焼>
<うな重>
<肝吸い>
<香の物>
<甘 味>フルーツゼリー寄せ いちご パパイヤ メロン

まず生きたまま、捌く前の鰻を客室で見せてもらい、
白焼き・うな丼・うな重のいずれに料理するかを選ぶ。

先付、八寸に続き、先程の鰻の心臓酒が登場。
猪口に入った、ピクピク動くコリコリした食感は初体験。

また、お造りの際には、巨大な鮫皮本山葵が登場。
老主人(社長)自らが、目の前でそれを下ろして下さいます。
個室で頂けるだけでも贅沢ですが、この辺りも心憎い演出。

鰻重は、香ばしくふっくら柔らか、食べ応え充分の鰻、
あっさり目タレや、固めに炊き上げる御飯とも好相性。

繊細な出汁や、素材を調理する腕の良さ、
先付からデザートに至るまで、全く抜かりなし。

味、サービス共に、高級料亭並のグレードですが、
この控えめな価格設定は素晴しい。

「日本人で良かった」と心から思わせるお店でした。

●日本料理 梅林
住所:横浜市中区吉田町52
℡:045-251-7656
営業:11:30~14:30
    17:00~22:00
無休

http://www.bai-rin.co.jp/

Img_5148Img_5151Img_5182

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »