« 第64回 さっぽろ雪まつり① | トップページ | 第64回 さっぽろ雪まつり②(大通会場) »

薄野 鮨金

地下鉄すすきの駅近くにある、昭和47年創業の鮨店。
大通りの一本裏にあり、落ち着いた門構え。

扉を潜ると、広いカウンター2人の板前さんがお出迎え。
店内は驚くほど静かで、「すすきの」の喧騒を忘れさせます。
落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。

基本的には、「おまかせのコース(10,500円~)」の一本。
今回は、二代目店主の方が担当となりました。

(供されたもの)
・煮鮑
・毛カニのミソ和え
・ヤリイカ(松前)
・ナマコ卵巣(このこ)茶碗蒸
・つぶ貝(日高)
・鱈の白子
・蛸の柔らか煮(北海道産)
・鰤のスモークハム風
・帆立磯辺巻

・鯛
・ボタンエビ(昆布〆)
・鮪ヅケ
・鰺
・北寄貝炙り
・大助ヅケ(北海道近海)
・中トロ
・塩水生バフン雲丹巻
・きんき炙り
・いくら醤油漬
・穴子
・鯖
・鮃エンガワ
・巻物(トロ、燻りがっこ)
・厚焼玉子(北海道産甘エビ入り)
・お椀

北海道産に拘ったネタに、江戸前の仕事を施した握りと、
小鉢で供される、一手間かけたおつまみを堪能。

赤酢のシャリは、酢の強さ、甘味と共に絶妙なバランス。
丸く柔らかな程よい大きさ、ネタとの一体感が素晴しい。

大将は、物腰の柔らかい方で、程よい絶妙な距離感の中で
お鮨を食べさせてくれるので、居心地も満点。

本当に最高のお店に出会えました。

●薄野 鮨金
住所:札幌市中央区
      南四条西4-5-4 松岡ビル1F
℡:011-251-9521
営業:17:00~翌0:00
定休:日(月が祝の場合営業)、6~8月無休

http://s-sushikin.jp/index.html

Img_5603_2Img_5601_2

Img_5612_8Img_56081_4

|

« 第64回 さっぽろ雪まつり① | トップページ | 第64回 さっぽろ雪まつり②(大通会場) »

寿司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517937/56780325

この記事へのトラックバック一覧です: 薄野 鮨金:

« 第64回 さっぽろ雪まつり① | トップページ | 第64回 さっぽろ雪まつり②(大通会場) »