« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

旬彩天 つちや

地下鉄江坂駅に降り立ち、繁華街を少し離れ、
住宅街の中にある、古民家を改装した店舗のこちら。

椅子席をいくつも設けられそうな広いフロアーに、
コの字の朱塗りのカウンター14席ほどという
贅沢スペースの使い方にも驚かされます。

ミシュランガイド掲載店といえど、カジュアルな店内は、
片肘張らないシックな落ち着いた雰囲気。

昼の「天婦羅会席」(4,500円)をオーダー。
   〈先付〉
   〈造り〉
   〈八寸〉
   〈天婦羅〉天然車海老、ホタルイカ、トウモロコシ、
      そら豆、蟹、アスパラ(岡山)、胡麻豆腐、稚鮎、
      新玉葱、穴子、鳴門金時
   〈酢の物〉クレソンと鬼灯
   〈焼き魚〉カマスの木の芽焼き
   〈白飯、赤出汁〉
   〈デザート〉アプリコットアイス

先付に始まり、お造り、八寸、メインの天婦羅と
構成も内容も抜かりなく、昼席とは思えない素晴しい内容。
盛り付けも、彩り豊かで素晴しい。

店主曰く、開業時には、敢えて目立たない所で営業し、
天婦羅店でも日本料理店でもないものを目指していたとか・・・。

3種類(モンゴル岩塩,長崎産昆布塩,メキシコ産)で頂く天ぷらは、
軽い仕上がりで、幾らでも食べられそう。

奢りの全く感じられない御主人のお人柄も素晴らしく、
笑顔で接して戴け、和やかな時間を過ごせました。

●旬彩天 つちや
住所:大阪府吹田市豊津町41-4
℡:06-6338-2288
営業:11:30~14:00(LO)
    17:30~21:00(LO)
定休:日・月昼

http://www.shunsaiten-tsuchiya.com/

Img_0240Img_0252_4Img_0295_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

倉敷の風景

この日は、倉敷を観光。


          Img_77762

①②中橋からのアングル  ③くらしき川舟流し
④大原家住宅  ⑤倉敷考古館  ⑥倉敷民藝館
⑦⑧大原美術館  ⑨有隣荘

              *

          Img_7716

①中国銀行本町出張所 ②吉井旅館 ③呉服はしまや
④本町通り ⑤倉敷らしい小路 ⑥大橋家住宅
⑦⑧⑨倉敷アイビースクエア

              *

          Img_8171

      倉敷美観地区夜間景観照明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

町家 三宅商店

江戸後期に建てられた町家を利用したカフェ。
数年前まで荒物屋として営業していたそう。

屋号譲り受け、最低限の改装を行っただけの店内は、
土間座敷を残し、美観地区ならではの雰囲気を醸し出す。

「三宅カレー」(850円/税込)をオーダー。
 季節のカレー、スープ、浅漬け

素揚げした蓮根やジャガイモ、さやえんどうが乗り、
ルーは、スパイシーですが、フルーティーで食べやすい。

朝食には朝粥夕食の時間にはアルコールも扱っており、
様々な使い方が出来るのも魅力。

季節ごとに種類が変わるパフェも有名なようです。

 

●町家 三宅商店
住所:岡山県倉敷市本町3-11
℡:086-426-4600
営業:(平日)11:30~17:30
     (土)11:00~20:00
     (日) 8:00~17:30
定休:月

http://www.miyakeshouten.com/

Img_7763Img_7804Img_7806

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館 くらしき

この日は、倉敷美観地区の旅館に宿泊。
棟方志功司馬遼太郎も愛したという、由緒正しきお宿。

江戸後期砂糖問屋として栄えた母屋と蔵を利用しており、
アンティーク物のランプや家具、調度品などがあり、
古き良き時代の倉敷を存分に感じさせる旅館。

客室5室のみで、どれも和室洋寝室で構成され、
それぞれに趣の異なるお部屋。

今回宿泊したのは、「巽の間」
棟方志功や司馬遼太郎がこよなく愛したお部屋だそうで、
約260年前米蔵を改装した2階にあります。

夕食は、瀬戸内の素材を中心とした季節の懐石料理
一品ごとに手間を惜しまず、丁寧に仕上げられた料理。
薄味でホッとする味付けにも好感が持てます。

日頃の喧騒を忘れ、ゆったりとするには最高の環境です。

●旅館 くらしき
住所:岡山県倉敷市本町4-1
℡:086-422-0730

http://www.ryokan-kurashiki.jp/top.php
〈交通〉JR倉敷駅より徒歩15分

Img_7673Img_8019Img_8128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢空間 はしまや

呉服屋「はしまや」の看板の脇の小道を入るとある
文化財登録原簿にも指定された、米蔵を再生した喫茶空間。

二階建ての蔵造りの内装は、木のぬくもりに溢れ、
非日常の別世界が広がり、時の流れが穏やかに感じます。

「珈琲」(450円/税込)「ケーキ」(250円/税込)をオーダー。
ケーキはオレンジのパウンドケーキです。

接客も心地良く、町歩きに一息入れるのには最適。
珈琲もしみじみ美味しい。

時折、音響の良い蔵の特質を活かして、
コンサートやイベントも開催されたりするそう。

●夢空間 はしまや
住所:岡山県倉敷市東町1-20
℡:086-422-2564
営業:10:00~17:00
定休:火

http://www.hashimaya.com/

Img_7732Img_7739_3Img_7740

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lionni(レオーニ)

岡山、総合運動公園の近くの閑静な地にあるお店。
外観も素敵ですが、店内も広々としていて落ち着く空間。

「ディナーコース」(6,200円税込サ別)をオーダー。
〈付出し〉モッザレラチーズとトマトのカプレーゼ
〈前菜〉黒毛和牛ローストビーフのカルパッチョ
     ホロホロ鳥とピスタチオのテリーヌ
〈パスタ〉自家製タリアテッレ 剣先イカと自家製カラスミのオイルソース
       アニョロッティ・デル・プリン (ピエモンテ地方の小粒のラヴィオリ)
〈肉料理〉フランス産 仔鴨胸肉のアッロースト
〈Dolce〉バナナ・アプリコットタルト
 
〈Cafe〉ハーブティー

本場で修業を積んだシェフが織成す本格イタリアン
イタリアンのベースを守りながらも重くない仕上がり。

契約農家牧場から直送される完全無農薬野菜、食材
岡山県の食材を存分に使用する料理の数々。

スタッフが現地イタリアのワイナリーまで足を運び、
セレクトしてきたワインも豊富に取り揃えられている。

畏まり過ぎていないし、カジュアル過ぎでもない。
様々な用途で美味しい食事を楽しめるお店です。

●Lionni(レオーニ)
住所:岡山市北区絵図町9-40
℡:086-255-7772
営業:12:00~15:00(13:30 Lo) 
    18:00~23:00
定休:水・第2火

http://www.restaurant-lionni.com/

Img_7494Img_7541_2Img_7533_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Souris,La Seine(スーリィ・ラ・セーヌ)

岡山市内で人気の洋菓子店です。
濃い青のフレンチレストランのような瀟洒な外観。

ドアを開けると、ショーケースの眩いケーキの数々が並び、
左手には座席の多いイートインコーナーがあります。

「ヌガーグラッセ」(735円/税込)
「コーヒー」(330円/税込)
を頂きました。

ヌガーグラッセは、濃厚ながらも上品な美味しさ。
ひんやりクリームに、香ばしいナッツやドライフルーツの食感
色々な風味が口に広がり、 ラズベリーソースとも好相性。

洋菓子をテイクアウトする地元の方も絶えないお店です。

●Souris,La Seine(スーリィ・ラ・セーヌ)
住所:岡山市北区内山下1-2-15
                  安原ビル 1F
℡:086-224-3876
営業:10:00~20:00
不定休

http://sourislaseine.jp/index.html

Img_7478Img_7476Img_7475

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元祖 岡山「とりそば 太田」

路面電車「県庁通り駅」近くにある、「とりそば」のお店。
長い奥行きのあるカウンターのみの、和風の趣き。

「とりそば」(650円/税込)をオーダー。

ラーメンと言うよりは中華そばに近い感じの仕上がり。
あっさり味のスープに細麺の組み合わせが抜群。

また、チャーシューの代わりに煮鶏がトッピングされ、
鶏のおいしさを存分に楽しめる一杯。

千切りキャベツ青ネギ胡麻が入るのも珍しい。
「鶏飯」「さばずし」といったサイドメニューも豊富です。

●元祖 岡山「とりそば 太田」
住所:岡山市北区表町1-7-24
℡:086-236-0310
営業:11:00~20:00
定休:月(祝の場合は翌日休み)

http://www.torisoba.com/

Img_7448Img_7450Img_7455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山市内の観光

この日は、岡山市内を巡りました。
お昼過ぎから徐々に雲が広がってくる日和でした。

㊤㊧岡山駅前(桃太郎像)・㊤㊨岡山一番街(地下街)
㊦㊧岡山市電・㊦㊨表町商店街

            Img_7468_3        

㊤㊧岡山城・㊤㊨天守閣より岡山市街を望む
㊦㊧夢二郷土美術館・㊦㊨オリエント美術館

            Img_7431

㊤㊧㊨後楽園
㊦㊧   〃・城下電停付近より岡山駅方面を望む

            Img_7373

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すし処 ひさ田

岡山から車で約40分ほど、赤磐市の住宅街にある
西日本でも屈指の人気寿司店。

お店は暖簾を潜ると、右側に座敷席、手前にテーブル席、
左手にL字型のカウンター10席ほどの清潔感あふれる空間。

料理は、基本的におまかせのコースのみ。
2時間半以上かけてゆっくりと頂きました。

<頂いたもの>
手長蛸のポン酢ジュレかけ
小河豚の湯引き 辛味大根おろし仕立て
吉田牧場モッツァレラチーズの漬け
ベイカ(岡山ではベカ)

ハリイカ(関東ではスミイカ)
ヤリイカ
蝦蛄(愛媛石鎚)
イサキ
車海老(半生観音開き)
カマトロ
サワラ辛味大根
アマテカレイ
紫海胆(瀬戸内)
細魚
キス
煮蛤
コハダ(岡山笠岡)
天然青鰻
芽葱
いくら

あらのスープ
玉子焼(山芋ときくらげ三つ葉が入)
沢庵ハーブ巻
餡玉とほうじ茶

岡山近郊、瀬戸内、四国のネタが中心で、
握りは若干柔らかく、ふんわりと握られている。

興味深いおつまみが数品供され、お鮨16貫ほど。
普段頂けないような珍しいネタや料理に感激。

お鮨が一通り供された後には、玉子焼実演パフォーマンス
お客を飽きさせない、空間づくりが嬉しい。

客を温かくもてなそうとする姿勢、センスは、
器やひと手間加える料理などにも表現されているよう。

東京の名店にも決して引けをとらない素晴しいお店。
難を言えば、立地条件ぐらいしか思い当たりません。

●すし処 ひさ田
住所:岡山県赤磐市桜が丘西9-1-4
℡:0869-55-8585
営業:12:00~14:00
    17:30~21:00
定休:月・第4火

Img_7045Img_7050Img_7131_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打うどん 豊しげ

新大阪駅の近くにある手打ちうどんのお店。
まだ真新しく、和の清潔感漂う割烹料理店のような空間。

「天釜」(980円/税込)をオーダー。

細めの麺は、コシがあり硬めで喉越しがよく、
御汁は、鰹節出汁がよく効いた仕上がり。

天ぷらは、海老2本と野菜等が盛り込まれます。

お昼時は、ビジネスマンやOL さんが押し寄せるそうで、
「日替わり御飯定食」(御飯+うどん+小鉢)などもあります。

●手打うどん 豊しげ
住所:大阪市淀川区西中島5-4-33
            辰野新大阪第3ビル1階
℡:06-6885-8111
営業:11:00~15:00 
    17:00~21:00(平日)
       ~20:00(土・祝)
定休:日

Img_6994Img_6998_3Img_6999_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »