« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

Ripaille(リパイユ)

横浜、馬車道にある、カジュアルフレンチのお店。

クラシカルインテリアでとても落ち着いた雰囲気。
絵画アールヌーヴォーの装飾品も素敵。

テーブル間隔がゆったりと配置されていて心地よい。

「Menu a」(4,300円)をオーダー。
〈アミューズ〉鳥ハツのコンフィ 紫キャベツ
〈前菜〉ブランダードのガトー仕立て パッションフルーツの香り
〈ポタージュ〉ズッキーニとカリフラワーのポタージュ
〈魚料理〉ほうぼうのポワレ ほうれん草のソテ サフランソース
〈肉料理〉豚ばら肉のビール煮とじゃがいものピュレ
〈デザート〉林檎と胡桃のパイ
〈コーヒー〉


独特
な味のするソースがメインを引き立てていた印象。
お堅いイメージのフランス料理とは皆無。

全体的にボリュームが半端ではないが、
何とか、アミューズからデザートまで美味しく戴けた。

スタッフの丁寧でホスピタリティに満ちた接客と、
友人とのんびり会話も楽しめるような雰囲気も素晴らしい。

料理の選択肢は少ないが、良心的な価格設定は魅力。

●Ripaille(リパイユ)
住所:横浜市中区住吉町6-66-1 
                ベイサイトヴュー横濱1F
℡:045-212-5989
営業:11:30~15:00(L.O.14:00)
    18:00~22:30(L.O.20:30)
定休:火・水の昼

http://www.ripaille2002.com/

Img_2003Img_2006Img_2033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜・関内「天七」

横浜・関内の地で、昭和40年から存在する天婦羅屋さん。
今回、ランチに訪問しました。

3年前の大震災の折には、休業を余儀なくされ、
一時は閉店も考えられたと伺う。

シンプルでシックだが、高級感が漂う店内。
カウンター2つ存在し、手前の店主の側へと案内される。
ベレー帽を被った方がそうである。

「彩コース」(3,500円/税サ別)をオーダー。
 ・才巻海老(頭と)
 ・山芋シソ巻
 ・白ギス
 ・ばってん茄子(熊本)
 ・加賀蓮根
 ・帆立
   *
 ・サラダ
 ・山芋豆腐
   *
 ・食事(天茶)
 ・デザート

カウンターで、店主自らが一品ずつ揚げてくれる天婦羅は、
軽い仕上がりで、最後まで美味しく頂けます。

素材に必要以上の下ごしらえをしないためか、
天然塩が一番合うのかも知れないと感じます。

肩肘はらず、ランチは気軽に頂ける雰囲気です。

●横浜・関内「天七」
住所:横浜市中区住吉町5-64
      L.BCROSS馬車道ビル1F
℡:045-681-3376
営業:11:30~15:00
    17:30~23:00
定休:日

http://www.tenshichi.com/

Img_1912Img_1915_2Img_1936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅草 栄寿司

浅草観音裏、まだまだ下町の風情が色濃く残る界隈。
そんな一角に佇む小さなお店である。

引き戸を開いて店内へ入ると、L型カウンターがお出迎え。
年季は入っているのであろうが、清潔感が漂う店内。
いかにも懐かしい、街場のお寿司屋さんといった風情。

メニューは、おまかせ(お通し、お造り+おきまり6貫+巻物)
これに、好きなものを追加してゆくのが一般的なよう。

<以下は頂いたもの>
・お通し(たたみいわし/豆腐味噌漬)
・お造り(関あじ、かわはぎ、青柳、ヒラメ昆布〆、蛸梅肉)
・かわはぎアラのつけ焼き
・ねぎま汁

(握り)
<おきまり>
・本鮪トロ
・コハダ
・穴子
・活き車海老
・ヅケ
・玉子焼
・栄巻(トロタクに胡麻を塗したもの)/かっぱ巻
<追加>
・煮はまぐり
・いくら
・赤貝

何を頂いても本当に感動するほど美味しかった。

取り分け「ねぎま汁」は、おつまみの締めにはうってつけ。
抑え気味の塩加減が印象的。

握りは、ネタの見極めに始まり、それに丁寧な仕事を施す、
正に江戸前の職人技が光るものであった。

水槽に泳ぐ、活きた車海老を生で頂けるのも珍しい。
玉子焼は、まるでケーキのようなしっとり食感。

また握りのお皿に、ガリ、谷中生姜甘酢漬、大根の醤油漬
これだけの種類が乗っているのも珍しい。

しかし特筆すべきは、お店の方々の人柄の良さでしょう。
これだけのものが頂けるのに、変に敷居が高くない。

いつまでもいつまでも残っていて欲しいお店です。

●浅草 栄寿司
住所:東京都台東区浅草3-21-6
℡:03-3874-2303
営業:18:00~23:00
定休:日・祝

Img_1996Img_1954Img_19861_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちそば「大川や」

市ヶ谷駅から少し歩いた、九段南の一角に佇むお店。
店内は、和風モダンシンプル温かな佇まい。

テーブル他にカウンターもあり、一人客も多い。
座席間隔が広く、ゆったりとお蕎麦が頂ける。

「おまかせコース」(4,800円)をオーダー。
〈前菜小鉢 三品〉
   春菊黒胡麻和え 自家製オイルサーディン なまこ酢
〈椀物〉鰊蕎麦
〈お造り〉氷見寒鰤
〈玉子焼〉
〈一品料理 二皿〉鴨ロース 牡蠣つけ焼
〈天富良〉アスパラ 椎茸海老詰 ふきのとう 穴子
〈蕎麦〉2枚頂ける
〈黒糖アイス最中〉

お料理一品一品が上品で完成度が高い。
どれも外さない感じで、和食店さながらの美味しさ。
天ぷら1品ずつ供されるため、出来たてを頂ける。

しっかりと冷水でしめられた、やや細切りの蕎麦は、
歯ごたえ、喉越し、風味ともバランスがとれている。

どんな趣向を凝らしたものが供されるのか興味津々。
そんな時間が何とも楽しく感じた今回。

静かにゆっくりと、お酒、お料理、〆にお蕎麦を。
そんな楽しみたい方をしたい方にはもってこい。

この界隈では、美味しい蕎麦が頂ける貴重な一軒です。

●手打ちそば「大川や」
住所:東京都千代田区九段南3-4-2
℡:03-3234-8887
営業:11:00~15:00
       11:30~(土)
    17:30~22:00
               ~21:00(土)
定休:日・祝

Img_1842Img_1845Img_18961_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活鰻専門「うな富」

水天宮、ロイヤルパークホテル近くに位置する鰻店。

を基調とした小奇麗でシックモダンな店内は、
カウンター4席、テーブル2卓ほどのこじんまりした空間。

「鰻重〈松〉」(4,000円/税込)をオーダー。

さっぱりとしたタレで、鰻はふっくらとした焼き上がり。
蒸してから焼く、所謂正統派な関東スタイル。

お膳に付いてくる、鰻巻、小鉢、肝吸い、香の物も美味しく、
細部までにお店の拘りが感じられます。

食後には、デミコーヒーのサービスもあり、
今の鰻事情からすると良心的で満足のゆくもの。

アットホームな雰囲気も魅力です。

●活鰻専門「うな富」
住所:東京都中央区
            日本橋蛎殼町2-8-9
℡:03-3667-7266
営業:11:00~14:00
    18:00~21:00(要予約)
不定休

Img_1826Img_1827Img_1830

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年2月 »