« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

城崎温泉の風景(夜景)・名物の外湯めぐり

城崎温泉のお楽しみの1つに外湯めぐりがある。
7つの共同浴場のうち「一の湯」「御所の湯」を楽しんだ。

寂れた温泉街とは活気が違い、夜も浴衣姿の人で賑わう。
レトロな雰囲気の遊技場や、夜飲みできる所も多い。

Img_4903Img_5241

    画像①       画像②

①城崎温泉駅/駅前「さとの湯」/駅通り
  城崎のシンボル、大谿川と柳/御所の湯
   木屋町小路(複合施設)/木屋町通りと大谿川/元湯

②遊技場「やなすけ」/城崎温泉街夜景
  城崎温泉街夜景/ランドマーク的存在「一の湯」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

但馬生蕎麦「ますや」

城崎温泉街の中心部にある御蕎麦屋さん。

古民家を模した感じの雰囲気のある佇まい。
手書きの品書きも仄々していて何だかよい。

食材の蕎麦粉等、地元の素材を使うことがこちらの拘り。

「鴨ざる」(1.350円/税込)をオーダー。

蕎麦の薫りコシの強さのど越しが印象的。
いい脂の乗った鴨のお出汁も美味しい。

比較的空いている昼間は狙い目かも知れません。

●但馬生蕎麦「ますや」
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島654
営業:11:00~22:00
定休:不定休

Img_4804Img_4798Img_4801

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城崎温泉「西村屋本館」

江戸安政期創業城崎温泉を代表する宿に宿泊。
犬養毅大隈重信といった文人墨客にも愛されてきた、
今や数少なくなった純日本旅館です。

今回泊まったのは、一番リーズナブルな8畳和室
それでも庭園を眺め、暫し日常を忘れる贅沢な気分。
外観から想像できないほど、清潔で設備が行き届きます。

お風呂は、開湯1400年の歴史がある城崎のお湯を、
趣の異なった様々な浴槽で楽しめます。

食事は、山海に恵まれた、この地ならではのもの。
新鮮な日本海の幸や、旬の地の物を使用した懐石料理
溜息が出るほどに美しく、鮮やかな盛り付けと器にも感動。

設備、サービス、料理、全てにおいて申し分ありません。

          〈皐月のお献立〉
〈食前酒〉緑茶ワイン割り
〈前  菜〉鴛咬合 蛍烏賊、芋茎、山蕗浸し
        小鮎の蓼焼き、姫栄螺、鰰の小袖寿司
                             枹餅、小メロン他
〈御  椀〉蓬と白子の二色豆腐 海老素麺
                             青さ海苔仕立て
〈御向附〉旬のお刺身 取り合わせ色々 
                              あしらい物一式
〈合  肴〉鮑と若芽の陶板焼き 彩り野菜添え
〈箸  休〉穴子の焼霜 岩もずく ゼリー 空豆
〈強  肴〉紅かにの甲羅焼き
〈台   物〉但馬牛リブロース  すき鍋  甘麹仕立て
〈御食事〉こうのとり郷米釜飯
〈留  碗〉赤出し汁
〈香  物〉三種盛り
〈水菓子〉季節の果物

●城崎温泉「西村屋本館」
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島469
℡:0796-32-2211
イン:15:00 アウト:11:00 全35室
〈交通〉JR城崎温泉駅より旅館組合送迎バスあり

http://www.nishimuraya.ne.jp/honkan/

Img_4919_3Img_4961Img_5156_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾茶専門店「靑竈(ちんざお)」にて

伊根町の舟屋群にある台湾茶葉専門店です。
この春に収穫された烏龍茶等を頂きました。

台湾茶に関しては全く初心者の私なので、
飲み方やお茶の種類など、店主に教えてもらいつつのんびり。
ついつい長居をしてしまいました…。

舟屋で台湾茶を頂けるとは、何か不思議な感じがしました。

●台湾茶専門店「靑竈(ちんざお)」
住所:京都府与謝郡伊根町字平田69
営業:要確認
℡:0772-32-0037

http://www.chinzao.com/about/

Img_4423Img_4437Img_4432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WATER FRONT INN 与謝荘

伊根観光のために滞在していた宿泊先がこちら。

舟屋を改装した、懐かしい趣に満ちた宿で、
対岸に並ぶ舟屋を見渡せる、平田湾沿いに建つ。

客室には、必要最低限の設えのみで、テレビもない。
これは、「伊根の生活」を体感して貰いたいからなのだとか…。

食事は、伊根沖で獲れた魚が中心の海鮮料理で、
舟のガレージ部分改装した食事処で頂きます。

カウンター席の背面が、ガラス張りになっており、
テーブルの直ぐ下が、海面(水際)という構造。

俗世を離れた、ゆったりとした時間が流れていった。

素朴で家庭的な接客も心地よい宿です。

●WATER FRONT INN 与謝荘
住所:京都府与謝郡伊根町字平田507
℡:0772-32-0278
16:00イン/10:00アウト・全8部屋
天橋立駅より丹海バス「伊根」下車、徒歩3分

Img_4439_2Img_4668_2Img_4486_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都府伊根町「舟屋の里」を巡る

日本一、海に近い暮らしが息づく京都府伊根町
天橋立駅からは、路線バスで揺られること約1時間ほど。

「伊根町」の名を一躍、全国区にしたのは、
平成5年(1993)の、NHK朝の連続テレビ小説『ええにょぼ』。
今も当時と、ほぼ変わらぬ舟屋の立ち並ぶ風景が残る。

一階部分が、漁師さんの舟を入れておくガレージ、
二階が居室スペースの舟屋は、230軒ほどが現存。
そんな伊根町を半日かけて、ゆっくりと巡ってみました。

          ***********************

Img_4075_4Img_4147_2Img_4229_2
   〈画像①〉        〈画像②〉       〈画像③〉

Img_4224Img_4218Img_4410
   〈画像④〉        〈画像⑤〉       〈画像⑥〉

①舟屋の里公園(道の駅)/ええにょぼ記念碑
         〃眺望/舟屋の合間に覗く伊根湾

②舟屋見学ができる無料スペース/内部
     NHK朝ドラ「ええにょぼ」ポスター等を展示

③伊根の人々が行き交う路地/向井酒造(江戸創業)
                 民宿「えびすや」/遊覧船乗場

④朝ドラの撮影の舞台となった「耳鼻(にび)地区」

⑤「ええにょぼ」主人公・朝倉悠希(戸田菜穂)の実家の舞台

⑥日出地区を望む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お食事処「兵四楼」

伊根、舟屋散策の前に立ち寄った食事処。
掘り炬燵式のカウンターやテーブル席、座敷もある。

その日の朝に水揚げされた魚を頂けるこちらは、
一品料理から鍋料理までと、メニューも幅広く取り揃える。

「海鮮丼」(1,200円)をオーダー。

ヒラマサ10種類ほどのネタが埋め尽くし、
甘め醤油ダレとも相性が良く美味しい。

因みに、御飯はコシヒカリを使用している。
プラスチック製の菊の花は、ご愛嬌。

サバを塩漬けにし、さらに糠漬けにした伝統料理
「へしこ寿司」もこちらの名産だとのこと。

伊根の町にとっては、数少ない食事処の一つです。

●お食事処「兵四楼」
住所:京都府与謝郡伊根町字平田155-2
℡:0772-32-0055
営業:11:00~14:00
    17:00~21:00
定休:木

http://www.geocities.jp/mkmikawa/hyoshiro/

Img_4233Img_4237Img_4243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧風料理「精養軒」

宮津にある創業80年以上の老舗レストラン。
レトロな店構えで、懐かしさ満点のお店です。
現在の店主で4代目を数えるそう。

マヨネーズ、デミグラスソース等、全て手作りに拘わり、
創業以来、変わらぬ味わいを今なお受け継ぐ。

「特ランチ」(2,400円)をオーダー。
(オマールロブスター・ハンバーグ・チキンソテー・ポークカツ・
ハヤシビーフ・カニサラダ・野菜サラダ・ライス)

大きなプレートには、代表的な洋食メニューが集結。
こちらは、ディナータイムでも頂ける。

卵サラダ、ポテトサラダなど、手作りならではの美味しさ。
ドミグラスの奥深い味わい、ハンバーグもふんわり柔らか。
どれも外れがない。

気軽に入れ、本格的な洋食を食べれるのも魅力。
久しく、正しい洋食屋さんにありつけた気がしました。

●欧風料理「精養軒」
住所:京都府宮津市島崎2021-1
℡:0772-22-2426
営業:11:00~14:00
    16:00~19:00
定休:木

http://seiyouken.jp/index.html

Img_3941Img_3926Img_3934

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍燈の松

天橋立、文殊地区にある喫茶店。
大きいテーブルと大きいソファのある店内は、
調度品に拘りがあり、のんびりできる雰囲気です。

「ケーキセット」(800円)をオーダー。
ケーキは「天橋立ワインムース」にしました。

白ワイン「ナイヤガラ」が入ったムースケーキに、
白桃赤ワインゼリーが乗るこちら。
甘すぎず、さっぱりだが、ワインの香りが口一杯に広がる。

散策の小休止に、ぴったりなお店です。

●龍燈の松
住所:京都府宮津市字文珠481-1
℡:0772-25-1594
営業:8:30~18:00

Img_3879Img_3881Img_3886

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天橋立 旬の味「雪舟庵」

天橋立駅から車で20分ほどの所にある食事処。

を基調とした、和モダンスタイリッシュな空間。
カウンターの向こうは、全面ガラス張り大きな窓が採られ。
天橋立絵画に収めたかの様な、素晴らしい景色が広がる。

平日にも関わらず、お昼は予約客で一杯の盛況振り。

「にぎりずし〈雪〉」(3,500円)をオーダー。
にぎり13貫、小鉢、茶わん蒸し、汁物、デザート

(握り)
鱸、細魚、白烏賊、鱧、ヒラマサ、石鯛、よこわ、
マアジ、甘海老、ヒラメ、エンガワ、生シラス、雲丹
(小鉢)
鰆のアーモンド揚げ

その日の朝、漁船で直接仕入れるネタで握られるお寿司は、
仕事を施したものではなく、鮮度が直に活かされたもの。

目で楽しめる彩り豊かな盛り付けもいい感じで、
小鉢や茶碗蒸し等も、完成度が高く美味しい。

都会では決してあり得ない、贅沢な食事処でした。

●天橋立 旬の味「雪舟庵」
住所:京都府宮津市溝尻247
℡:0772-27-1530
営業:11:30~14:00
     17:00~21:00(L.O.21:00)
定休:水

http://www.sessyu-ann.com/

Img_3639_2Img_3642_2Img_3654_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本三景・天橋立周辺を観光

この日は、天橋立周辺を観光。
お天気にも恵まれました。

Img_3539Img_3732Img_4685

①元伊勢籠神社    ②傘松ケーブル
③傘松公園「昇龍観」 ④成相寺五重塔

⑤傘松ロープウェイ    ⑥知恵の輪灯籠
⑦天橋立観光船     ⑧智恩寺

⑨天橋立駅              ⑩天橋立ビューランド「飛龍観」
⑪廻旋橋                ⑫カトリック宮津教会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fines herbes(フィーヌズ・エルブ)

橋立ベイホテルに併設されているフレンチレストラン。
小高い丘の上あり、天橋立を真横から眺められる立地。

「Dコース」(6,120円/税込)をオーダー。
〈オードブル〉鮮魚と桜海老のサラダ仕立て 丹波牛のディルマリネ添え
〈スープ〉   有機栽培野菜のブイヨンスープ
〈魚料理〉  宮津産 真鯛のグリル
〈肉料理〉  和牛フィレ肉と新じゃがのグリエ グリンピースとセージのソース
〈デザート〉 2種盛り
〈コーヒーorハーブティー〉
〈パン〉

繊細柔らか軽い仕上がりのフレンチ

特に魚系は、近隣の漁港で仕入れられる
身の引き締まったものばかりで、美味しく頂けます。

そして野菜とハーブは、施設内栽培された
有機肥料を使用した無農薬のものを使用している拘り。

リーズナブルで気軽に訪れられる雰囲気も魅力。
女性ウェイトレスの接客も好印象でした。

●Fines herbes(フィーヌズ・エルブ)
住所:京都府与謝郡与謝野町字岩滝68
                                    橋立ベイホテル
℡:0772-46-1600
営業:11:30~14:00(L.O.13:30)
    17:30~21:30(L.O.21:00)
無休

http://www.hashidate-bay-hotel.com/

Img_3401Img_3358Img_3375

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe du Pin(カフェ ド パン)

天橋立で有名な回旋橋を渡ったにあるお洒落カフェ。
デッキを出れば、直ぐそこに湾が広がる見晴らし眺め。

「ケーキセット」(800円)をオーダー。
モカ・バナーヌというケーキに、ブレンドコーヒーを選択。

コーヒーは、無駄な酸味もなく苦味もちょうどよい。
ケーキは、甘さ控えめで美味しい。

心地よい風が入り、ゆったりした雰囲気に浸れます。

●Cafe du Pin(カフェ ド パン)
住所:京都府宮津市字文珠468-1
                            ワインとお宿 千歳
℡:0772-22-1313
営業:9:00~18:00
不定休

http://www.amanohashidate.org/cafe/top/

Img_4669Img_4673Img_4679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天婦羅処「京林泉」

ホテルグランヴィア京都にある天婦羅処。
駅の雑踏が嘘のような別世界が、ここには広がる。

お昼限定
「料理長お奨め天婦羅コース」(4,000円/税込)
をオーダー。
〈先  付〉 新馬鈴薯きんぴら(アスパラ ベーコン)黒七味
〈天婦羅〉 ・車海老  ・こしあぶら ・淡竹 ・稚鮎
         ・新玉葱  ・万願寺唐辛子
              ・抹茶アイスの天婦羅
              ・車海老紫蘇巻 ・生麩 ・穴子 ・蓮根
              ・うすい豆寄せ揚げ ・甘藷
〈食   事〉  かき揚げ丼、又はちりめんじゃこ御飯
〈赤出汁〉
〈香の物〉
〈果  物〉 グレープフルーツとレットグローブのゼリー寄せ 

衣が薄くサクサクで、素材を上手く活かした天婦羅。
あっさりで、甘い一般的なものと可也印象が異なる。

琵琶湖から直送された、頭ごと頂ける稚鮎や、
京都ならではの生麩の天婦羅は、特に印象深い。

また、抹茶アイスの天ぷら衝撃的で、
アイスの冷たさに、衣の熱さが見事にマッチしている。

小鉢やデザート等も上品で、京都らしい抜かりないお味。

ランチは、東京では考えられないほどCPにも優れ、
交通至便で利用価値が高いお店だと思われます。

●天婦羅処「京林泉」
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル
       ホテルグランヴィア京都3F
℡:075-343-3535
営業:11:30~15:00(L.O.14:30)
     17:30~21:30(L.O.21:00)
無休

http://kyorinsen.kyoyamato.com/

Img_3280Img_3284Img_3315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »