« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

Chez Inno(シェ・イノ)

京橋駅近くにある、日本を代表するグランメゾン。
今回、こちらで御食事をする機会に恵まれました。

銀座からも東京駅からも徒歩圏内という立地。
名料理人、井上シェフのレストランとしても有名です。

堂々たる風格を感じさせる、重厚な造りの店内ですが、
天井非常に高く、座席間隔も広く、ゆったり落ち着く造り。

そんな中、ランチの10,800円のコースを頂きました。

〈ランチコース〉
・〈アミューズ〉カリフラワーのムース コンソメのジュレ
・オマール海老のガトー仕立て“コートドール風”
・鴨のフォワグラと胸肉の燻製の取り合わせ
・〈本日の魚料理〉アンコウのポワレ 
・仔羊のロースト ディジョン風
・デザートとカフェ

王道フレンチという位置づけで、斬新な料理は少ないものの、
アミューズに始まりデザートまで、クオリティは流石に高い。
ただ、重いソースの料理が多く、万全の体調でないときつい。

またデザートは、ケーキ・タルト系がワゴン形式で供される。
他に、シャーベット系の選択肢が欲しい所かも…。

特に好印象だったのが、「オマール海老のガトー仕立て」
お店のスペシャリテとも言える料理で、ゼラチンは使わない。
モリーユ茸、インゲン、人参、パプリカ等、数種類の野菜
オマール海老をキャベツで巻いたテリーヌ仕立て。
見た目も味わいも、ゴージャスな逸品です。

サービスも良く、今も輝き続ける憧れの名店でした。

Img_8150_2Img_8163_2Img_8187_2

関連ランキング:フレンチ | 京橋駅宝町駅銀座一丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂 鮨「りん」

神楽坂・見番横丁の傍の一角、ビルの2階にある鮨処。
国産檜一枚板の大きなカウンターが、まず目に飛び込む。
13席程度と座席間隔も広々で、高級感が漂う。

「おまかせにぎり」(4,000円)をオーダー。
・平目昆布締め
・カワハギ
・墨烏賊
・真鯵
・出汁巻玉子
・厚焼玉子
・〆鯖
・長芋山葵漬
・コハダ
・ヅケ
・トロ
・イクラ
・穴子
・巻物
・御椀
(追加)
・煮蛤
・寒鰤
・赤貝
・塩水雲丹

ネタによって、2種類舎利を使い分けており、
途中、赤酢白酢の酢飯の食べ比べも出来る。

其々の食材に丁寧な仕事が施されており、
夜のコースと全く同じ物が頂けるので、お得感満点。
握りの形状も美しい。

爽やかな接客、完璧な仕事と申し分なし。
神楽坂には少なかったお鮨屋さんということもあり、
今後、目が離せなくなりそうです。

Img_8256_2Img_8265_2Img_83301_2

関連ランキング:寿司 | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季彩「そばきり すゞ木」

西武池袋線・保谷駅に下り立ち、南側の住宅街へ。
忽然と現れる、白壁とコンクリートの打ちっ放し…。
そんな、シャープな造りの外観が目印の蕎麦処です。

静かなクラシックのBGMが流れる店内は、
間接照明シックモダンで落ち着いた雰囲気。
各所に飾られている置物にもセンスが感じられる。

「おまかせコース」(2,500円)をお願いしました。
・きゃらぶき
・浸し豆
・人参と昆布の和え物
・高野豆腐
・キノコの炒め煮
・マッシュポテト(甘味噌)
・キャベツのサラダ(カレー風味)
・鴨すき
・せいろ
・リンゴのコンポート

この価格帯では想像できないほど充実した内容。
器も素敵で、お酒がどんどんと進みそうな料理が登場。
ポーションも充分で、どれも優しい味わいであります。

メインの蕎麦は、手挽き十割で、細打ちやや硬め
香りがよく、のど越し、歯触り共に申し分なし。
蕎麦汁は見た目に反して、意外にも薄味で丁度よい。

奥様の接客も柔らかく、都心とはかけ離れた低料金に設定。
座席数も少なく、相席もしないので、予約するのが無難です。

Img_8436Img_8450Img_8470

関連ランキング:そば(蕎麦) | 保谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割烹蒲焼 わかな

横浜で鰻と言えば、必ずや名前の挙がる有名店。
関内駅北口近くにある、明治5年創業の老舗。
堂々とした風格のある店構えである。

今回は、黒を基調とした広々とした2階の食堂で頂きました。

「口がわり」(1,620円/税込)を楽しみつつ、
「上鰻重」(4,300円/税込)を待つことにしました。
「きも吸」(380円/税込)は、別途オーダー。

40分程で供される鰻重は、鰻が3枚乗る。
備長炭でじっくりと焼き上げられており、
ふわふわの身に、焼き目の香ばしさを纏います。

タレは、やや辛めでさっぱりしており、
鰻と御飯に良くマッチしており美味しいです。

この日は、ご年配のお客様が多い印象ですが、
家族連れ、接待など様々なシーンで利用できそうでした。

Img_8358Img_8337Img_8349

関連ランキング:うなぎ | 関内駅桜木町駅馬車道駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでん め組

JR浜松町駅・金杉橋口から程近い、おでん処。
小さなビルの急な階段を上った3階が店舗です。

雑然とした雰囲気のカウンター割烹といった雰囲気で、
優しげな御主人が、一人でお店を切り盛り。
クラシック音楽のBGMが流れ、ゆったりした空間を演出。

夜は基本的に「おまかせコース」(2,500円)のみ。
・先付
・金目鯛造りと広島産牡蠣
・広島産牡蠣
・三浦大根のスティック
・揚げの柚子味噌炙り焼き
・大根のフライ
・お任せおでん5種

おでん中心というより、創作小料理を数品頂き、
最後におでんで締めるコースで、どれも上品な味付けです。

この日は、広島産の牡蠣三浦大根がある種の主役。
今年は、割と小振りだという牡蠣でも旨味充分。
青首大根とは違う、梨の様な癖のない三浦大根も美味。

おでんの出汁は、薄味京風を感じさせつつも、
しっかりと旨みがあって、関東風のものとは違います。

交通至便で、気軽に利用できそうな雰囲気ですが、
臨時休業が多いゆえ、HP等でチェックされた方が賢明かもです。

Img_8236_2Img_8204_2Img_8228_3

関連ランキング:おでん | 浜松町駅大門駅芝公園駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きている珈琲「コヒア アラビカ」

ACTシアター観劇の帰りに立ち寄った珈琲店です。
赤坂見附駅近く、みすじ通り沿いにある45年程続く老舗で、
「生きているコーヒー」という看板が目印です。

明るく広い店内は、歴史を感じつつも手入れが行き届き、
上品な調度品もあったりで、ゆっくりと寛げる空間。

「マイルドブレンド」(1,500円)
「オレンジケーキ」(800円)
をオーダー。

肝心のコーヒーですが、可也サラリとした飲み口で、
喉にサッと通り、後に薫りの余韻が残る感じです。

夜12時まで開いているので、使い勝手はいいですが、
頻繁に訪れられる価格帯ではない。

生涯一、高価なコーヒーを頂いてしまいました。

Img_8408_2Img_8419_2Img_8417_2

関連ランキング:コーヒー専門店 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞台『真田十勇士』~赤坂ACTシアター~

舞台「真田十勇士」の初日を観劇してきました。
18時半開演、途中休憩20分、21:40過ぎ終演。
F列のほぼセンターにて。

江戸時代だけに、迫力ある殺陣のシーンが多く、
間近で見れたので、かなりの迫力を感じました。

     *****************************
〈脚本〉
中島かずき
〈演出〉
宮田慶子

〈キャスト〉
真田幸村……上川隆也
猿飛佐助……柳下 大
ハナ・花風……黒川芽以
霧隠才蔵……葛山信吾
服部半蔵……山口馬木也
由利鎌之助……松田賢二
真田大助……渡部 秀
豊臣秀頼……相馬圭祐
大野修理亮治長……小須田康人
根津甚八……粟根まこと
望月六郎……鈴木健介
三好清海入道……吉田メタル
大野治房……俊藤光利
三好伊佐入道……佐藤銀平
穴山小介……玉置玲央
筧十蔵……三津谷 亮
淀の方……賀来千香子
徳川家康……里見浩太朗
   
〈あらすじ〉
時は、関ヶ原の戦いから十数年が経過した慶長19年。
徳川と大坂(豊臣)の合戦が間近に迫っていた。
徳川家康は天下統一を目前にしていた。

幸村の家臣、猿飛佐助(柳下 大)と由利鎌之助(松田賢二)、
これに加え、霧隠才蔵(葛山信吾)、根津甚八(粟根まこと)、
穴山小介(玉置玲央)、筧十蔵(三津谷 亮)、
三好清海(吉田メタル)、三好伊佐(佐藤銀平)、
望月六郎(鈴木健介)、幸村の息子の真田大助(渡部 秀)が登場。
これで、名実ともに「真田十勇士」が出揃うことになる。

「真田十勇士」たちは、いよいよ大坂城に入場し、
「大坂冬の陣」の幕が切って落される。
徳川家康に一矢を報いるべく、知力の果てを尽くした。

Img_8366_2Img_8397Img_8389_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年 2015

明けましておめでとうございます
今年も皆さまにとって良い一年でありますよう
心よりお祈り申し上げます。
142005151217667214180_1bamg839Img_8102

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »