« 蕎麦舗 ふじたや | トップページ | 山陰の小京都・津和野を歩く »

萩の宿 常茂恵

大正14年創業という、歴史あるお宿に宿泊。
犬養毅、司馬遼太郎など、多くの文人墨客も訪れた
松本川の畔に立つ静かな純和風旅館です。

手入れの行き届いた庭園と、それを囲むように
数寄屋造り客室を、離れ風にゆったりと配しています。

黒御影石を用いた浴場、萩焼の器で供される
時を忘れてゆったりと癒される旅館でした。

              「夕食の献立」
〈先付〉アスパラ豆富 帯アスパラ 飛子 美味出し
〈前菜〉穴子棒寿司 玉子豆富 うすい餡 蒪菜
     矢羽根丸十 的大根 枝豆 知鮎南蛮漬け つの海老
〈椀物〉蛤の吸物 揚茄子 茗荷 柚子
〈造里〉伊佐木焼霜 平政平造里 文銭蛸
〈焚合〉長州鳥団子と青瓜含め煮 矢パプリカ 粒山椒 銀餡
〈焼物〉鱸山菜味噌焼き はじかみ 熊笹
〈強肴〉長萩和牛しゃぶしゃぶ 水菜 胡麻だれ
〈酢物〉貝柱と新玉葱の酢物 焼トマト 貝割菜 土佐酢ゼリー
〈食事〉白飯/山口県産コシヒカリ 香の物
〈留椀〉赤出汁仕立 干し芋茎 三ツ葉 粉山椒
〈水菓子〉グレープフルーツ ライチゼリー掛け 

Img_2877_2Img_2732_2Img_2814_2

関連ランキング:旅館 | 東萩駅

|

« 蕎麦舗 ふじたや | トップページ | 山陰の小京都・津和野を歩く »

ホテル・旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517937/61690668

この記事へのトラックバック一覧です: 萩の宿 常茂恵:

« 蕎麦舗 ふじたや | トップページ | 山陰の小京都・津和野を歩く »