« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

うどん・そば「みぞろ木」

西武・狭山市駅から数分歩いた辺りにある蕎麦処。
お店は、自然木を多用した温かみのある造り。
ご主人の趣味であろうモデルガンアメリカングッズ等が
所狭しと飾られていて、蕎麦やらしからぬ雰囲気です。

「二味蕎麦(十割蕎麦お好み二種)」(1,460円)
「海老(大)天ぷら」(1,150円)
「チーズケーキとコーヒー」(500円)
の以上をオーダー。

蕎麦は、十割・更科・挽きぐるみ・粗挽き4種類から選択。
既に十割は売り切れで、「更科」と「粗挽きぐるみ」にしました。

蕎麦の分量は、ほぼ2人前といった感じの物凄いボリューム。
風味や喉越し、食感…どれも申し分なし。
つゆは、濃目と薄目2種類用意されています。

天ぷらは、サクッとした軽い仕上がりで、
海老以外に野菜も盛り込まれています。

コーヒーは薫り豊か、チーズケーキは手作り感満点。

ご夫婦の温かみのある接客と店内の雰囲気がマッチし、
居心地のいい空間を演出していました。

Img_8331Img_8332Img_8338

関連ランキング:そば(蕎麦) | 狭山市駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華原朋美『TOMOMI KAHARA 20th Anniversary TOUR KAHARA's HISTORY @19952015』~狭山市民会館

今年で歌手生活20周年を迎えられる華原朋美さん。
記念ツアーの皮切りとなる、狭山市市民会館の公演を観覧。
17:30開演、21:20頃終演。11列目にて。

今回は、新曲「はじまりのうたが聴こえる」や、
アルバムに含まれた新曲2曲も熱唱しましたが、
初期の頃の作品がたくさん歌われた印象。

オープニングでは20年前に、最後は現在に引き戻された私。
自分の様々な出来事が走馬灯のように甦り、感無量。

「会場を後にしたとき『明日もまた頑張ろう』と思ってもらえる
そんなコンサートにしたい」と語っていた華原さん。

華原朋美という歌手と、同じ時代を歩んで来た私は幸せ者。
これからも、また頑張ろうと思いを新たに会場を後にしました。

8月10日には、小室さんとの対談を含むメモリアルブック
「華原朋美を生きる」
が発売されるという発表も・・・。

ツアーは、9月23日の神戸国際会館こくさいホールまで、
全国16か所で開催されます。

        ********プログラム********
・keep yourself alive
・I BELIEVE
・I'm proud
・just a real love night
・LOVE IS ALL MUSIC
・LOVE BRACE
・メドレー
  I'm proud~I WANNA GO~here we are~as A person~
  Living on…!~たのしく たのしく やさしくね
・DEPARTURES
・Long way to go
・never give up!!
・summer visit 
・Every morning

(アンコール)
・save your dream
・Dear Friend
・はじまりのうたが聴こえる

Img_8275Img_8279Img_8304

Img_8298_2Img_8292

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仏蘭西厨房「かえりやま」

東京メトロ・溜池山王駅近くにあるのフレンチ。
フランス国旗が目印の隠れ家的なお店です。

白を基調とした清潔感溢れるこじんまりとした空間は、
最近、近くから移転してきたとのことで真新しい。

「Lunch Menu B」(3,000円)をオーダー。
〈オードブル〉
 冷製ラタトゥイユ コンソメジュレと海老 温泉卵添え
〈スープ〉冷たいかぼちゃのポタージュ
〈メイン〉真鯛のパイ包み焼き
〈デザート〉リンゴのタルトタタン
〈カフェ〉

決して派手さはないが、料理毎手間が感じられます。

中でも、お店のスペシャリテ「真鯛のパイ包み」は、
サクサクのパイ生地に中に、真鯛のふっくらとした白身がつまり、
添えられた温野菜とのハーモニーも素晴らしい。

スタッフの気遣いも心地よく、上質な雰囲気を演出。
都内において、屈指のコスパと言える良心的価格も魅力です。

気軽に優雅な気分を味わえるお店だと思います。

Img_9509Img_9505Img_9480

関連ランキング:フレンチ | 溜池山王駅国会議事堂前駅赤坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入谷鬼子母神門前 のだや

メトロ日比谷線・入谷駅2番出口を降り右折する。
程なく、建物の「う」という文字が目に飛び込む。
今宵のお目当ての鰻屋さんです。

創業140年以上という、都内でも屈指の老舗で、
野田屋調理士紹介所直営店である。
店頭からはガラス越しに焼き場が見え、
鰻の産地と職人さんのお名前が記されています。

お店はモダンで真新しく、清潔な空間。
予約していて訪れた為か、離れのテーブル席で頂いた。

「特選うぐいす」(5,000円/税別)
   ・三河一色産初うなぎ特大サイズ一匹付け
「名物 うなぎの酢〆 うら梅造り」(1,650円/税別)
「うざく」(1,550円/税別)
をオーダー。

お重に所狭しと敷き詰められた鰻は、ふんわり柔らか。
照りも良く、見た目にも美しい。
さっぱりとしたタレ、御飯との相性も絶妙です。

うなぎの酢〆は、生の鰻を強目の酢で締めた一品で、
歯ごたえの残るしっかりとした食感が印象的。
梅ソース山葵で頂きます。

調理師会の直営店の技術に裏打ちされた完成度。
それでいて、スタッフは若くて活気に溢れている。

少々値は張りますが、満足度は可也高いお店です。

Img_9348Img_9372Img_9407

関連ランキング:うなぎ | 入谷駅鶯谷駅上野駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »