« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

甘味「おかめ」

JR有楽町駅近く、イトシアプラザにある甘味処。
民芸調の店内は、狭いながらも落ち着ける雰囲気。

「クリームあんみつ」(760円)をオーダー。

丁寧に作られた甘過ぎない餡子、フルーツがたっぷり。
バニラアイス、黒蜜とも相性ばっちりです。

いつも行列の出来ている印象があるこちら。
年配店員さんの気の利く接客も心地よいです。

Img_7811Img_7817Img_7813

関連ランキング:甘味処 | 有楽町駅銀座駅日比谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー 2015

第44回・東京モーターショーに行ってきました。
今回のテーマは「きっと、あなたのココロが走り出す。」
延べ世界11ヶ国、160社が参加しました。

自動運転のできる車を展示した日産メルセデスベンツ
会話ロボット「KIROBO MINI」TOYOTAが印象的でした。

この日も相変わらずの物凄い人出です。

Img_1675Img_0404Img_0407

Img_9791Img_8583Img_9513

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vive le soleil(ヴィーヴルソレイユ)

東京・有明の国際展示場駅の近くのフレンチレストラン。
パルティーレ東京ベイウェディングヴィレッジという
ウエディングモールの一角にあるお店です。

当然ながら、白を基調とした素敵で豪華な雰囲気ですが、
リーズナブルにランチが味わえます。

ランチメニュー「Aコース」(2,500円/税抜)をオーダー。
・じゃが芋の冷製スープ
・鮮魚のムニエル タブナードソース
・牛肉の赤ワイン煮込み
・パティシエ特製デザート
・カフェ
・パン

見た目にも彩り豊かで、完成度の高いフルコース。
流石に接客なども抜かりなく、大満足のランチでした。

Img_0347Img_0389Img_0373

関連ランキング:フレンチ | 国際展示場正門駅国際展示場駅有明駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵前・幸鮓

都営浅草線・蔵前駅前にある江戸前寿司のお店。
かの文豪・志賀直哉も通い詰めたという「幸鮨」の流れを汲む。
そんな由緒あるお店である。

お店は、街場のお鮨屋さんのような印象だが、
小奇麗で洗練されており、なかなか居心地がよい。

「旬の握り」(7,200円/税別) ~をお願いしました。

(お通し)
・生しらす(御前崎)
・もずく(能登)
・汲み上げ湯葉

(握り)
・平目(青森)
・墨烏賊(鹿児島出水)
・細魚(淡路島)
・車海老
・赤貝(香川)
・赤身
・馬糞海胆(北方四島)
・小肌(船橋)
・鯖(松輪)
・煮蛤
・穴子(対馬)
・薄焼き玉子
・干瓢巻

・蛸(久里浜)
・小柱(苫小牧)
・イクラ

・蜆の御椀

古い江戸前の技術伝統がしっかりと継承された握りで、
鞍掛の薄焼き玉子等は、それを物語る。

産地にも拘りが多いようで、ネタの質もなかなか。
舎利のハラけ具合、ネタとの一体感も素晴らしいです。

蜆の御椀も深い味わいでしみじみ美味しい。

店主夫妻が、素朴で物腰に柔らかい感じなので、
お店に流れる空気までもが、柔らかく感じられました。

気軽に伝統の江戸前寿司が味わえそうなお店です。

Img_1679Img_1684Img_025085

関連ランキング:寿司 | 蔵前駅田原町駅浅草橋駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活鰻の店 つぐみ庵

東京・駒込の住宅街の一角にある活鰻のお店。
店舗兼一般住宅で、御夫婦だけで営まれているよう。
実にアットホームで温かな雰囲気が漂う店内。

アルコールに合わせた旬の料理も用意して下さるが、
基本的にメニューは「うな重」(4,500円)のみです。

活き鰻を、注文を受けてから捌いて焼くスタイルで、
仕上がりまでに40分ほどの時間を要す。

身がしっかりとした鰻は、捌きたてならではの存在感で、
表面の香ばしさ、中のふっくらとした食感は秀逸。
タレの甘すぎず、辛すぎずで丁度良い感じです。

鰻は勿論、腰の低いのご夫婦の接客は好感が持てる。
久しく心洗われる思いのした、素晴らしいお店です。

Img_2890Img_2841Img_2861

関連ランキング:うなぎ | 駒込駅田端駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巽蕎麦「志ま平」

東京・神楽坂、牛込中央通にある蕎麦処です。
重厚な外観は一瞬、入店を慄いてしまいそうな異彩を放つ。

意外に広い民芸調の店内には、一枚板のカウンターが聳える。
調度品や陶器、酒器、置物等、センスの良い物がチョイスされ、
食事への期待を抱かせる雰囲気です。

以前は、お昼の営業も行っていたこちらのお店だが、
現在は夜のみで、事前予約コース料理のみだそうである。

〈前菜〉無花果の胡麻和え、南瓜、大豆煮 、山水母
〈蕎麦の実のスープ〉  
〈蕎麦寿司〉
〈八寸〉玉子焼、葉山葵蒲鉾、近江の赤蒟蒻、牡蠣、酢蓮根、
      牛蒡、子持ち昆布、マダコの頭、金時梅肉、 赤蕪など
〈蕎麦がき〉
〈蕎麦のクレープ〉
〈鴨汁せいろ〉

前菜から〆の蕎麦に至るまで、まさに蕎麦づくし。
本来であれば脇役であろう、八寸や前菜などの料理も
完成度が高く、酒好きには堪えられない構成です。

取り分け、14種類ほど料理が盛り込まれる「八寸」と、
ポタージュの様な舌触りの「蕎麦の実のスープ」は印象的。

都心で、これだけの蕎麦懐石を頂けたので大満足でした。

Img_8038_2Img_7945_2Img_8018_2

関連ランキング:そば(蕎麦) | 牛込神楽坂駅神楽坂駅市ケ谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »