« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

そば処「結城」

JR鶴見駅近く、豊岡商店街にある蕎麦処。
細長く奥へ伸びる店内は、居酒屋のような雰囲気。

「桜えびのかき揚げ」(400円)
「鴨せいろ」(1,060円)
をオーダー。

信州産石臼挽二八蕎麦とのことですが、
機械打ちながらも、喉越し良くコシも強いのが特徴。
そして分量が可也多めです。

一品料理、お酒も豊富、しかも良心価格です。
ふらりと立ち寄れそうな感じです。

Img_0717Img_0721Img_0742

関連ランキング:そば(蕎麦) | 鶴見駅京急鶴見駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ「久保田」

秋葉原の外れの閑静な地、末広町にある鰻店。
明治30年創業川魚問屋直営のお店です。

「特上うな重定食」(3,800円)
「う巻き」(1,500円
)をオーダー。

鰻自体は、決して大ぶり肉厚なものではなさそうですが、
備長炭ならではの柔らい仕上がり、ふっくら感は流石。

醤油系のキリリとさっぱりとしたタレ、
やや固めに炊かれている御飯も高印象。

接客も良く、気軽に暖簾を潜れる雰囲気。
一品料理、お酒の種類、通し営業も有り難いです。

Img_0472Img_0497Img_0513

関連ランキング:うなぎ | 末広町駅御徒町駅上野広小路駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NODA・MAP 第20回公演『逆鱗』~東京芸術劇場 プレイハウス

NODA・MAP『逆鱗』の初日の舞台を鑑賞してきました。
野田秀樹の「NODA MAP」は今回で20回目の公演ですが、
私としては、一昨年の『MIWA』以来の観劇です。
19:00開演、休憩なし、21:15頃終演、1階RB列にて。

今回は、人魚と人間の出会いがテーマです。

〈作・演出〉
野田秀樹

〈出  演〉
松たか子、瑛太、井上真央、阿部サダヲ
池田成志、満島真之介、銀粉蝶、野田秀樹 ほか

〈ストーリー〉
沈没船の窓際で交わした人魚(松たか子)と人間の約束、
それを果たすため、地上に現れた人魚は人間のふりをし、
海中水族館の「人魚ショー」に迷い込む。
こうして、人魚と人間の出会いが始まる。

現代だと思っていた物語は、いつしか1940年代へ。
しかも日本の敗戦が濃厚だった太平洋戦争真っ最中。
指導者が人間魚雷を増産し、若人を死に追いやってゆく。
コミカルにだが、第二次世界大戦を風刺している。

Img_0522Img_0517Img_0532

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司席「和さび」

鎌倉駅からバスで揺られること10分程の報国寺近く、
静かな路地にひっそりと佇む、古民家を改装したお店。

店名のような「侘び寂び」という言葉がしっくりとくる
古都鎌倉ならではの、隠れ家的な雰囲気を醸し出す。
骨董品等も、さりげなく飾られいて、なかなか渋いです。

居間を改装した店内には、掘り炬燵のあるカウンター
田舎の家に遊びに来たような、不思議な感覚にも陥る。

「昼のおまかせ」(5,000円)をオーダー。
・イサキ
・ヒラスズキ
・鰆
・真鯛
・黒ムツ
・平目
・赤貝
・青柳
・平貝
・コハダ
・鯵
・ズワイガニ
・太刀魚
・蛸
・中トロ
・墨烏賊
・穴子
・干瓢巻
・厚焼玉子
・粗汁

固めのシャリで、小さいサイズの握りが特徴的で、
沢山のものを、最後まで美味しく美味しく頂けます。
摩り下ろしの山葵も、いい香りで鮨を引き立てる。

出汁の際立つ粗汁、お茶もしみじみ美味しい。

人当たりの良い大将と、何とも落ちつける雰囲気。
ついつい長居したくなるお店でした。

Img_9866_3Img_9882_3Img_0347_3

関連ランキング:寿司 | 鎌倉駅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笹本玲奈 PREMIAM LIVE 2016 ~品川キリスト教会~

ミュージカル女優である笹本玲奈さんのライブへ。
品川キリスト教会にて18:30開演、9列目にて鑑賞。

昨年30歳になられ、芸歴も18年というキャリアの笹本さん。
舞台の活躍ぶりは幾度も拝見しているものの、
今回、初めて単独のコンサートに伺わせて貰いました。

400人ほど収容すれば一杯になるチャペルでは、
彼女の温かい歌声が満員のお客様を包み込みました。

    *****(プログラム)*****
〈第1部〉
1.父の墓場にて 
2.私はイエスが分からない 
3.Proud Of Your Boy
4.世界を手にした日
5.草原星歌
6.Popular
7.FALLING SLOWLY/ONCE
8.愛した日々に悔いはない

〈第2部〉
9.God Bless America
10.Reflection
11.Colors Of The Wind
12.Go The Distance
13.Escualo/
14.リベルタンゴ
15.Along With You
16.If I Were A Bell
17.夢破れて

〈アンコール〉
18.Take Me To Heven
         ******************

Rena001Img_0422_2Img_0077_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば処「松風」

品川・御殿山ガーデン近くにある蕎麦処です。
小奇麗な店内は広々として落ち着ける空間。

「かき揚天ぷら」(800円)
「つけ鴨」(1,100円)
をオーダー。

「かき揚げ」は、直径10cm以上は軽くある大振りなもの。
海老ふんだんに入り食べ応え充分だが、軽い仕上がり。

評判の「つけ鴨」は、焦げ目のある香ばしいネギと、
旨味充分の鴨の旨味とのバランスが絶妙です。

ツルとした食感の御蕎麦は、コシ・風味共に充分で、
一般のお店の倍はありそうな分量にも驚く。

昼間は、近隣のサラリーマンの方で賑わいますが、
夜は比較的、穴場な感じがしました。

Img_0041Img_0042Img_0052

関連ランキング:そば(蕎麦) | 北品川駅大崎駅品川駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Le Salon de Legumes (ル サロン ド レギューム)

みなとみらい線・馬車道駅近くにあるフレンチのお店。
目印は、白い外観パラソルのある外観です。

野菜を基調としたライトフレンチが頂けるとあって、
この日も女性客を中心に賑わう。

「季節の特別ランチコース」(3,500円/税別)をオーダー。
・野菜だけの特製レギュームテリーヌ
・〈季節野菜のスープ〉じゃが芋のスープ
・〈鮮魚料理〉鱸のグリル
・〈肉料理〉旬野菜と仔羊モモ肉のロティ +650円
・〈デザート〉林檎のガトー・フロマージュ
・パン
・カフェ 
   *肉料理/デザートは筆者が選択したもの

野菜が中心ではあるが、魚・肉料理も抜かりなく、
彩り豊かな盛り付けと、優しい味付けが印象的。

看板メニューである「特製レギュームテリーヌ」は、
12種類の野菜がふんだんに使われていて、
素材そのものの美味しさが伝わり、如何にも体に良さそう。
塩、ソース、バルサミコで頂きます。

気取りすぎない雰囲気、価格帯といい利用しやすく、
野菜を補いたい女性には、願ったり叶ったりのお店で、
記念日などにも喜ばれそうでした。

Img_0129Img_0142Img_016690

関連ランキング:フレンチ | 馬車道駅日本大通り駅桜木町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒焼 うなぎ「むさし野」

武蔵小杉駅近く、府中街道沿いにある鰻店。
再開発の進むこの近辺で、レトロな店構えが異彩を放つ。

相撲部屋移設したという建物は、まるで旅籠のよう。
力士の写真や手形、カレンダーなどが飾られています。

「うなぎ重箱(中)」(3,500円)
「甲焼き」「きも焼き」(各350円)
をオーダー。

「黒焼き」と称される、蒸さずに繰り返し焼く技法で、
パリッとした焼き上がりが印象的。
脂が落ちず、鰻本来の味わいが楽しめます。

肉厚な鰻一匹使用されていて、充分な存在感。
タレは辛口でキリリとしている。

程よい距離感ながら、好感の持てる素朴な接客。
何とも落ち着ける店内で頂く鰻は格別でした。

Img_9770Img_9772Img_9815

関連ランキング:うなぎ | 武蔵小杉駅向河原駅新丸子駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第32回・STARLIGHT YOKOHAMA ILLUMINATION 2015-2016

横浜駅西口周辺を彩る、冬の風物詩のイルミネーション。

約10万個LEDが周辺を彩り、「風の塔」はシンボル。
今回のテーマは、「冬に花咲く奇跡のブルーローズ」

Img_9861Img_9846Img_9848

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横濱珈琲店 五番街

横浜駅相鉄口近く・五番街にある、昭和45年創業の喫茶店。
再開発から取り残されたような一角にあり、
鉄格子のある外観は、古き良き時代の雰囲気そのもの。

「オレンジソースのレアケーキセット」(850円/税別)を。

珈琲は、濃い飲み口で苦みの強い、しっかりした味わい。
ケーキは甘さ控えめで美味しい。

座席間隔は狭いが、純喫茶を満喫できる雰囲気は素敵。
ただ、全席喫煙可なので、煙草が駄目な方には辛い所です。

Img_0025Img_0030Img_0028

関連ランキング:コーヒー専門店 | 横浜駅平沼橋駅新高島駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »