« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

銀座 みかわや

銀座・三越裏にある昭和23年創業の歴史ある洋食店。
レトロでゴージャスな雰囲気が印象的。

16時まで頂くことのできる
「オリジナルセット」(5,800円税込)をオーダー。
・コーンポタージュ
・かにクロケット サラダ添え 
・ビーフシチュー  
*ハンバーグステークも可
・パン
・デザート 
・珈琲

伝統的な正統派洋食で、どれも外れがない美味しさ。
料理の付け合わせに、彩り豊かな野菜もたっぷりと。

お冷と共に日本茶が供されたり、食器共にお箸があったり、
ライスに香の物と、そこかしこに日本の洋食を感じます。

落ち着いた雰囲気の中、優雅な時間を過ごせました。

Img_6375Img_6409Img_6392

関連ランキング:洋食 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』~新橋演舞場

この日は、新橋演舞場にて『乱鶯』を観覧。
11:30開演、休憩35分、15:10終演。2列目ほぼ中央にて。

『蛮幽鬼』以来、7年振り劇団☆新感線公演で、
稲森いずみさんも、そのときに続き今回もご出演。

衣装も舞台セットも超豪華で迫力満点の演出。
時代劇ではあるが、笑うシーンもちゃんと用意されており、
最後まで存分に楽しめました。

         **************************

〈作〉倉持裕
〈演出〉いのうえひでのり
〈出演〉古田新太、稲森いずみ、大東駿介、清水くるみ、
 橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、山本亨、大谷亮介他。

              〈あらすじ〉
江戸では名の知れた盗賊の頭「鶯の十三郎」(古田新太)。
しかし、奉行所与力・黒部源四郎(大谷亮介)の術中に嵌り、
子分を皆殺しにされた上、自身も瀕死の重傷を負ってしまう。

十三郎を救ったのは、幕府目付の小橋貞右衛門(山本亨)、
そして、担ぎ込まれた浅草の小料理屋「鶴田屋」の夫婦の
「勘助(粟根まこと)」と「妻のお加代(稲森いずみ)」であった。

夫妻に世話になった恩返しとして、盗賊稼業から足を洗い
ここで料理人として働こうと決意する。

それから7年経ったある日、鶴田屋に若い侍が訪れる。
恩人・小橋貞右衛門の息子、小橋勝之助(大東俊介)だった。
それを知った十三郎は、彼に手柄を立てさせようと考えた…。

Img_9812Img_6358Img_6361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎映画祭30周年記念シンフォニックナイト『華原朋美 with 群馬交響楽団』 ~群馬音楽センター

群馬県高崎市で今日から始まった「第30回高崎映画祭」
その幕開けとして「華原朋美with群馬交響楽団」と題した
記念のコンサートが群馬音楽センターで開かれました。
私も8列目のほぼ中央にて観覧しました。

交響楽団の演奏に合わせて華原朋美さんが
ご自身の代表曲を中心に歌い上げた他、
ゲストに木山裕策さん、藤澤ノリマサさんも迎えた。

群響の演奏と華原さんの歌のコラボに大感動でした。

*************〈プログラム〉************
〈第1部〉
1,007のテーマ(群馬交響楽団/演奏)
2,I BELIEVE(華原朋美)
3,夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-(華原朋美)
4,希望の歌~交響曲第九番~(藤澤ノリマサ)
5,夢(藤澤ノリマサ)
6,愛の挨拶~夜空に星を散りばめて~(藤澤ノリマサ)
7,見上げてごらん夜の星を(華原朋美&藤澤ノリマサ)

〈第2部〉
8,男はつらいよ(群馬交響楽団/演奏)
9,home(木山裕策)
10,旅立ち ~home2016~(木山裕策)
11,I'm proud(華原朋美)
12,LOVE IS ALL MUSIC(華原朋美)
13,DEPARTURES(華原朋美)

〈アンコール〉
14,I'm proud(華原朋美)

Img_6219Img_6204Img_6222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ「一樹」

高崎・片岡町にある、ビジネスホテルに入居する鰻店。
近代的な店構えだが、店内は座敷も有り、和の風情です。

「上うな重」(3,460円/税サ込)をオーダー。

身はふっくらしているが、程よい脂の乗りで、
皮の焼き目もパリッとして、焼き加減も素晴らしい。
1匹半の鰻が乗るが、やや小ぶりなので丁度良い感じ。

ウズラが入った吸物と、ミニサラダも印象的。

アットホームな雰囲気も魅力です。

Img_5780Img_5804Img_5786

関連ランキング:うなぎ | 高崎駅(上信)高崎駅(JR)南高崎駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »