« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

甘味処「白壁家」

浦和ロイヤルパインズの向かいにある甘味処。
真新しい、和風モダンな内装が印象的です。

「白玉クリームあんみつ」(800円/税込)をオーダー。

手作り感満点の餡と、大振りな求肥は味わい深い。

ホッと一息ついた午後のひと時でした。

Img_7511_2Img_7518_2Img_7515_2

| | コメント (0)

手打そば「梅玉」

浦和駅西口交差点近く、旧中山道沿いの蕎麦店。
古民家風で、奥行きのある落ち着ける雰囲気です。

「梅玉御膳」(2,050円/税込)をオーダー。

じゃこ御飯、鶏スープ、天麩羅、卯の花、ひじき、
鴨料理、玉子焼等、手作り感満点の料理が一堂に会す。

細く黒味がかった蕎麦は、田舎そばような味わいでした。

蕎麦前の一品料理やセットメニューも豊富。
お店の雰囲気もあって、時間の流れがゆっくりに感じます。

Img_7739Img_7740Img_7760

関連ランキング:そば(蕎麦) | 浦和駅

| | コメント (0)

大宮第二公園(第33回 梅まつり)

さいたま市・大宮第二公園へ梅を愛でに出かけました。
40種類、約500本の梅が咲き誇る梅の名所でもある。

風も強く気温は低かったものの、晴天に恵まれました。
今が丁度、見頃とのことでした。

Img_7728Img_7725Img_7664

Img_7701Img_7715Img_7646

| | コメント (0)

『お勢登場』~シアタートラム

シアタートラムにて「お勢登場」を感劇。
19:00開演、D列にて、休憩なし、21:30頃終演。

大正から昭和にかけて活躍した江戸川乱歩
8本の短編小説を1本の作品として、倉持裕が再構成。

〈原作〉 江戸川乱歩
〈作・演出〉 倉持裕
〈出演〉黒木華 片桐はいり 水田航生 川口覚
     粕谷吉洋 千葉雅子 寺十吾 梶原善

         ********************

           〈あらすじ〉
病弱な格太郎(寺十)は、子供の将来を案じ、
書生と不倫する、妻・お勢(黒木)と離縁出来ずにいた。

ある日、お勢が不倫相手の元へ出かけた。
格太郎は、息子の正一と「かくれんぼ」で遊んでやる。
鬼になった格太郎は、長持の中へと隠れた。

正一は、格太郎を見付けられず、探すのを諦めた。
ようやく格太郎は、長持から出ようとする。
しかし…、肝心の蓋が開かないではないか…。

程無くして、逢い引きから帰宅したお勢は、
夫が長持の中で死に直面していることに気付く。
しかし、お勢はとんでもない行動に出るのである…。

Img_7485Img_7534Img_7538

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »