« 大分県立美術館『何必館コレクション 北大路魯山人展』 | トップページ | 蒲焼「小川菊」 »

江戸前鮨「月の木」

大分駅から少々離れた、アーケードにある鮨店。
シンプルでモダンな造りは、創作料理店のような風情。
広々としたフロアーの一角に、10席程のL字カウンターがある。

    (おまかせコースで供されたもの)
・蕨と筍の煮物
・(造り)城下鰈、甲烏賊、鯛(杵築)
・鱈子のワサビ漬
・茶碗蒸し
・お椀
(握り)
・鯛の腹身
・障泥烏賊
・関サバ
・城下がれい
・南インド鮪ヅケ
・〃トロ
・キジハタ(佐伯)
・コハダ
・白みる貝
・車海老
・雲丹
・玉子焼
・穴子
・干瓢巻

豊後水道など、新鮮な魚が豊富に入る立地の大分。
城下かれい、関サバ、関アジ等は一層、味わい深い。

塩と酢のみを使ったシャリは、仄かな甘みも感じ、
地物中心の魚に良く合います。

「たらこのワサビ漬け」はこちらの名物。
山葵が強めに効き、日本酒が進む味わいです。

店主、若いスタッフさんの接客も温かく居心地抜群。
場所柄、お値段も可也リーズナブルでした。

Img_9857Img_9862Img_0073_2

関連ランキング:寿司 | 大分駅

|

« 大分県立美術館『何必館コレクション 北大路魯山人展』 | トップページ | 蒲焼「小川菊」 »

寿司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大分県立美術館『何必館コレクション 北大路魯山人展』 | トップページ | 蒲焼「小川菊」 »