« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

芝大門 更科布屋 本店

地下鉄大門駅前にある寛政3年創業の蕎麦店。
店舗は、しっぽり落ち着いた雰囲気で座席間隔は広い。
一人客も利用しやすい大きなテーブルもあったりする。

「白魚天せいろ」(1,300円)
「お通し三品盛」(600円)
「鴨焼」(1,100円)
をオーダー。

天せいろは、喉越し豊かな二八の更科のそばに、
胡麻油の風味が堪らない、さっくり衣を纏ったかき揚げ。
良心的価格で満足度も高い。
ただ、蕎麦汁が私的には甘過ぎと感じました。

程よく脂が乗った柔らかな肉質の鴨焼をはじめ、
お通しなど、つまみ類はどれも美味しい。

メニューも豊富なので、様々な用途に対応できそう。

Img_1533Img_1567Img_1560

関連ランキング:そば(蕎麦) | 大門駅浜松町駅御成門駅

| | コメント (0)

REQUINQUER(ルカンケ)

白金台・プラチナ通りを少し入った所にあるフレンチ。
オレンジを基調とした、暖色系の温かみのある店内です。
至ってカジュアルな雰囲気で、こじんまり。

「ランチコース」(3,300円/税サ別)をオーダー。
  +1,200円でポワゾンとヴィアンドの2つ頂いた。
           【Menu de Septembre】
〈アミューズブーシュ〉
   小石に見立てた小さなパンと豚のリエット
〈アミューズ〉
   フォアグラのお菓子仕立て
〈スープ〉
   トマトの冷たいスープ
〈オントレ〉
  秋刀魚のテリーヌ パテ タルタル セロリのリボン添え
             燻製したじゃが芋とトリュフのビネグレット
〈ポアソン〉
   本日の鮮魚(イトヨリ鯛) キュイソンのスタイルで
             秋野菜と茸のナージュ 柚子の薫り
          魚のブイヨンで炊いたうるち米のおこげとともに
〈ヴィアンド〉
  仔鴨のロティ マデラ酒のソース
         大手亡と花豆のラグー カボチャのピュレ
                  鮮やかな季節の野菜をあしらって
〈デセール〉
  シートで包んだイチジクのコンポート
〈小菓子と食後のお飲み物〉

創造性溢れる、彩りのよい見た目にも麗しいフレンチ。
和食器やガラスの食器は、料理を更に引き立てます。
野菜をふんだんに取り入れているのも女性好み。

食材の火入れ、ソース、付け合わせに至るまで抜かりなし、
この価格帯のランチとしては、非常にグレードが高い。

店名「ルカンケ」とは、仏語で「元気になる」の意味。
そんな食べて元気になれるお店でした。

Img_1587Img_1601Img_1645

関連ランキング:フレンチ | 白金台駅目黒駅高輪台駅

| | コメント (0)

懐食 みちば

銀座6丁目、かねまつビルにある日本料理店。
和の鉄人として知られる、道場六三郎氏のお店。
シックモダンな店内は、可也の大箱で大賑わいです。

昼席「もてなし膳」(6,000円/税別)をオーダー。
〈前 菜〉チーズ黄金焼  白和え海老・柿
      秋刀魚棒寿し 菊花浸し プチトマトワイン漬
〈御 椀〉名残り鱧糝薯  松茸、三ツ葉、柚子
〈刺 身〉鮮魚三種氷盛り あしらい色々
〈焼 物〉丸茄子 山椒味噌焼き 鴨、海老、葱
〈煮 物〉冷し煮物  海老、粒貝、茄子、小芋
〈強 肴〉太刀魚東寺揚げ  松茸、ぶどう
〈食 事〉糠鯖茶漬
〈水菓子〉本日のデザート
                
*強肴、食事は筆者が選択したもの

旬の食材を使い、野菜を豊富に使用した料理が多く、
王道の日本料理に、創作のテイストが加わる構成です。
品数も豊富で、ランチといえど可也、満足の行く内容。

立地条件も良く、ランチも遅くまでやっていて便利です。

Img_1530Img_1459Img_1512

関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅東銀座駅新橋駅

| | コメント (0)

シス・カンパニー公演「ワーニャ伯父さん」~新国立劇場 小劇場

新国立劇場 小劇場にて舞台「ワーニャ伯父さん」を観覧。
18:30開演、第1部・2部共に66分、途中休憩15分。
1階B1列にて。

〈作〉
  アントン・チェーホフ
〈劇作・脚本・演出〉
  ケラリーノ・サンドロヴィッチ
〈出演〉
  段田安則
  宮沢りえ
  黒木華
  山崎一
  横田栄司
  水野あや
  遠山俊也
  立石涼子
  小野武彦

〈演奏〉
  伏見蛍

        **************************

              〈あらすじ〉
大学教授であったセレブリャコーフ(山崎一)は、
退職後、都会暮らしを捨て、若き後妻・エレーナ(宮沢りえ)
と共に、先妻の親から受け付いた田舎屋敷へ移住を決めた。

その田舎屋敷には、先妻の兄・ワーニャ(段田安則)がいた。
ワーニャは、セレブリャコーフを崇拝する心から、
彼の娘ソーニャ(黒木華)、母のヴォイニーツカヤ(立石涼子)、
隣人で没落貴族・テレーギン(小野武彦)と共に、
25年間、この領地で共につましく暮らしてきた。

ワーニャは、機嫌も体調も悪く、尊大で身勝手な態度の
セレブリャコーフと生活を共する中で、彼に対する怒りが増し、
それまでの勤勉な性格から、変貌を遂げてゆく。

セレブリャコーフ夫妻の移住で、生活が一変して以来、
屋敷には、重苦しい空気が立ち込めるようになってゆく。

後妻のエレーナも、義理の娘ソーニャとの折り合いが悪く、
田舎町での暮らしに、不満を募らせていくことに。

町で唯一の医師アーストロフとワーニャは酒を交わす間柄に。
2人は、若きエレーナに恋心を抱き、ソーニャもまた、
アーストロフ(横田栄司)に惹かれてゆく。

そんな中、セレブリャコーフが発した一言によって、
ついにワーニャは激昂・・・。波乱の展開を迎えてゆく。

Img_1413Img_1432Img_1442

| | コメント (0)

うなぎ割烹「大江戸」

江戸寛政年間(1800年)創業の老舗の鰻割烹。
場所は日本橋本町で、岸朝子氏推薦のお店としても有名。
昭和通り沿いで、門構えからも老舗の雰囲気を醸し出す。

店内は、鰻の寝床の様に縦方向に長い造りで庶民的。
暖簾で仕切られた、半個室の様な4人掛けテーブルが並ぶ。

目当ては、土曜日だけの奉仕メニュー「いかだ」
ご飯の上に一本の切らない鰻を並べた物である。

「前菜の盛り合わせ」(1,944円/税込)を頂きつつ、
「三本いかだ」(6,156円/税込)の登場を待った。

鰻が折れ曲がって一尾ずつ並べられ、迫力満点。
ふっくら、ほろほろの鰻は、焼き加減も絶妙。
あっさりしたタレ、ご飯の炊き上がりといい、申し分なし。

やはり、お得感があるのは、土曜日だと再確認した。

Img_1299Img_1337Img_1336

関連ランキング:うなぎ | 新日本橋駅小伝馬町駅三越前駅

| | コメント (0)

鰻割烹 伊豆栄 永田町店

永田町・自民党本部の隣にある鰻店。
創業二百数十年を数える本店は、上野・池の端にある。
店構えは、至って普通の和食店といった趣。
夕方の早い時間だからか、個室に通して頂きました。

「うな重(梅)」(4,860円/税込)をオーダー。
因みに、こちらのお店は、梅が一番お高いランク付け。

30分ほどで供された鰻は、ふっくらとした仕上がり。
備長炭を使用しているので、焼きあがりも風味豊か。
またタレが薄口なので、鰻の風味を邪魔しません。

気取らないサービスと利用しやすい雰囲気が印象的です。

Img_8624Img_8635

関連ランキング:うなぎ | 永田町駅赤坂見附駅国会議事堂前駅

| | コメント (0)

新橋 鶴八

新橋駅前、ニュー新橋ビルの2階に店を構える寿司店。
マッサージやゲームセンターなどが立ち並んでいる分、
逆にすんなりと、気軽に暖簾を潜れる感じ。
思いの外、こじんまりとした店内だが、温かな雰囲気です。

お昼のおまかせ1人前に、数貫を追加した。

(1人前)
・ヒラメ昆布締め
・赤身
・トロ
・縞鯵
・烏賊
・コハダ
・お椀(蛤出汁の吸物)
・穴子
・イクラ
・小柱
・鉄火巻
・玉子焼
・干瓢巻

(追加)
・蝦蛄
・煮蛤
・車海老

やはり特筆すべきは、店主の石丸久尊氏ではないでしょうか。
立ち振舞い、仕事ぶりからも圧倒的な存在感を感じる。
客への気配りも忘れない姿勢も素晴らしいです。

お寿司は、強めの赤酢を使用したシャリが印象的。
握りのサイズ、ネタ共に大きめで食べ応え充分。
コハダ、穴子、煮蛤など一手間加えたものは流石。

鉄火巻は、中にトロを贅沢に使用した太巻きサイズ
このお店の名物だそうで、流石に逸品であった。

ひたすらお寿司を堪能するのが似合うお店だと思いました。

Img_8725_2Img_87321_2Img_0180_2

関連ランキング:寿司 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

| | コメント (0)

舞台『煉獄に笑う』~サンシャイン劇場~

舞台『煉獄に笑う』を、サンシャイン劇場11列にて観覧。
18:30開演、途中休憩を挟み、21:10頃終演、
その後アフタートークショーもありました。

フィギュアスケーターでタレントの浅田舞さんも出演。
遊女であり、陰陽師(おんみょうじ)という役どころでした。

                *************

〈脚本・演出〉西田大輔
〈原作〉「煉獄に笑う」唐々煙
(掲載「月刊コミック ガーデン」/WEBコミック「MAGCOMI」)

〈キャスト〉
 石田佐吉…鈴木拡樹
 曇芭恋…崎山つばさ
 曇阿国…前島亜美
 百地海臣…小野健斗
 百地一波…納谷健
 百地獅子丸…碕理人
 百地鈴太郎…林田航平
 百地亜瑚…釣本南
 百地桜花…山下聖菜
 羽柴秀吉…村田洋二郎
 百地浯衛門…平塚真介
 百地秋水…東慶介
 島左近…中村誠治郎
 芦屋弓月…浅田舞
 百地丹波…角川裕明(Wキャスト)

                    〈物語〉
時は天正・戦国乱世の真っ只中の近江国(現・滋賀県)。
300年に一度、琵琶湖に甦るといわれる伝説の化物
「大蛇(おろち)」。

その力を利用しようと、時の天下統一を目指す武将達は、
その拠り処とされる「器」を探す手掛りである
「髑髏鬼灯(どくろほうずき)」の謎を解こうと躍起になる。

織田家家臣・羽柴秀吉の命を受けた
「石田佐吉(後の石田三成)」は、髑髏鬼灯の謎に挑む。
大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・
曇芭恋・阿国を巻き込み、武将たちの争いが激化してゆく。

Img_8665Img_8647Img_8660

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »