« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

Aux-provençaux(オー・プロヴァンソー)

東京・麹町界隈にあるフレンチレストラン。
新宿通りを越えた路地にあり、青の外観が目印。

店内は、ブラウン系の落ち着いた雰囲気で、
ゆったりとした座席間隔である。

「Dejeuner C」(6,200円)を頂いた。
〈前  菜〉帆立貝と季節の野菜のゼリー寄せ
〈魚料理〉(千葉県産) 鱸のポワレ
〈肉料理〉(北海道産) 蝦夷鹿肉のロースト
〈デザート〉ワゴンデセールで
〈カフェ〉

目新しさこそ無いが、クラシックなフランス料理。
柔らかい肉質の蝦夷鹿や、味わい深いソースは印象的。

バゲットが紙袋に入って供されるのは初めて。
デザートはワゴンで、好きな物を好きなだけ頂ける。

料理の提供が早く、王道フレンチを手早く頂ける。
接客も丁寧で素晴らしく、居心地のよいお店でした。

Img_6208Img_6217Img_6252

関連ランキング:フレンチ | 麹町駅半蔵門駅永田町駅

| | コメント (0)

松栄(恵比寿本店)

恵比寿駅近く、駒沢通りの裏手にある鮨店。
モダンな店内で、カウンターが二つという珍しい造り。

「ランチ〈松〉」(5,250円)をオーダー。
・小鉢2種
・小鯛昆布〆
・白烏賊
・鯵
・トロ
・コハダ
・赤貝
・鰤
・車海老
・イクラ
・ウニ
・ヅケ
・トロ鉄火巻、ひもきゅう巻
・玉子焼
・お椀

小ぶりのお寿司は、芸術的で目にも麗しい。
江戸前の仕事を忠実に施している印象です。

お店の雰囲気も良く、従業員の気づかいも行き届いている。
使い勝手もよく、気持ちの良いお寿司屋さんです。

Img_5647Img_5639Img_0429

関連ランキング:寿司 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

| | コメント (0)

てんぷら 茂竹

銀座・数寄屋橋近く、外堀通り沿いのビルの天婦羅店。
創業・大正2年(1913)、現在は若い四代目が中心である。
綺麗に手入れされた、白木のカウンターが印象的。

「盛り合せ天丼」(3,000円)を所望。

薩摩芋、海老、メゴチ、銀杏など、様々なタネが盛り込まれ、
いい所を程よい分量で味わえ、しかも全くもたれない感じ。

また、手作り感満点の前菜2品水菓子も美味しい。

銀座の喧騒を忘れて食せる、昭和の雰囲気漂う良店。
末永く存続することを願いたい。

Img_5064Img_5068Img_5098

関連ランキング:天ぷら | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

| | コメント (0)

根津 鷹匠

古き良き時代の佇まいが残る谷根千地区。
不忍通りの根津神社入口近くの裏通りにある蕎麦店。
入口は、紺地の店名が染め抜かれた暖簾があるだけだ。

お店の歴史は比較的新しいが、町並みに溶け込む風情。
木目を白を基調とした、隠れ家的ムード満点です。

「盛り合わせ」(800円)
「鴨せいろ」(1,575円)
「蕎麦がきぜんざい」(945円)
をオーダー。

「盛り合わせ」は、お酒のお供にぴったりな酒肴の数々。
玉子焼、板わさ、白菜漬などが彩り豊かに盛り込まれる。

「鴨せいろ」は、蕎麦が太く香りが存分に楽しめる感じ。
つけ汁には、うま味たっぷりの鴨に加え、つくね入り。

「蕎麦がきぜんざい」は、蕎麦がきにたっぷりのこしあん。
口直しの抹茶も付いてきて、大満足。

夜の営業はないが、朝から営業されている希少なお店である。

Img_6096Img_6151Img_6137

関連ランキング:そば(蕎麦) | 根津駅千駄木駅東大前駅

| | コメント (0)

梅田芸術劇場主催公演「黒蜥蜴」~日生劇場~

日生劇場にて、舞台「黒蜥蜴」を観覧。
18時開演、休憩20分、21:15頃終演。1階H列にて。

江戸川乱歩の長編探偵小説で、昭和36年(1961)に
三島由紀夫が戯曲化した最高傑作戯曲の1つ『黒蜥蜴』。

〈キャスト〉
  中谷美紀(緑川夫人/黒蜥蜴)
  井上芳雄(明智小五郎)
  相楽 樹(岩瀬早苗)
  朝海ひかる(家政婦ひな)
  たかお鷹(岩瀬庄兵衛)
  成河(雨宮潤一役)
 他

     ***************************

            〈ストーリー〉
宝石商・岩瀬庄兵衛は、ある脅迫状に怯えていた。
大阪のKホテルに滞在中の娘・早苗を誘拐するというもの。
素人探偵の明智小五郎に依頼し、身辺警護に当たらせる。

ホテルに身を潜める父娘の隣室には、
岩瀬の店の上客である、緑川夫人が宿泊していた。
実は彼女こそ、誘拐予告をした主人公・黒蜥蜴である。
早苗を誘拐するのが目的であったのだ。
彼女の左腕には、黒いトカゲの刺青があった。

黒蜥蜴は、自分の部下の美しい青年・雨宮潤一を
早苗に紹介すると見せかけ、彼女を奪い去る。
だが、明智の機智の前に一敗地に塗れ、辛うじて逃亡。
明智と岩瀬は、大阪南部の自宅でようやく早苗を匿う。

しかし、部屋の長椅子に仕込んだ黒蜥蜴のトリック…。
早苗は、ついに誘拐されてしまうのである。

Img_5531Img_5489Img_5497

| | コメント (0)

うなぎ 炙一徹

日比谷シャンテ裏のガード沿いにある鰻専門店。
利根川で養鰻業を営む「忠平」直営店
そちらで開発したブランド鰻「坂東太郎」が最大の売り。

店内は、白と黒を基調にしたスタイリッシュな空間。

「うなぎ坂東太郎」(4,400円)
「串焼き」
肝/短冊/くりから/ひれ(各300円)
をオーダー。 

出来上がりまでに1時間ほどの時間を要す。      
ふっくら感、脂の乗り、皮目の美味しさは流石。
さっぱりなタレと美味しい炊き上がりの御飯も好印象。

肝吸い、水菓子まで付いていてお得感も満点であった。

Img_5446_3Img_5448_3Img_5467_3

関連ランキング:うなぎ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »