« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年2月

第61回 湯島天神 梅まつり

学問の神様として祀られる菅原道真公の縁の天満宮。
「第61回 湯島天神 梅まつり」が今年も始まりました。

梅の名所として、江戸時代から有名な湯島天満宮。
梅園には、加賀梅など約20品種の梅が植栽されている。

Img_8767Img_8751Img_8871

Img_8876Img_8834Img_8784

|

Bikini PICAR(ビキニ・ピカール)

コレド室町の2階にあるスペイン・バルでランチを。
お店は広く、お洒落なインテリアが印象的です。

「パエリアコース」(2,100円/税込)をオーダー。
・特製タパスの盛り合わせ
・本日のスープ
・本日のデザート
・カフェ

メインは、3種類のパエリアから「ミックス」を選択。
お米の硬さも程良く、魚介の出汁を存分に吸収しているが、
さっぱりとした味わい。

彩り豊かなタパスは、ワインにぴったりの味わい。

この界隈としては、リーズナブルなランチでした。

Img_8890Img_8896Img_8908

関連ランキング:スペイン料理 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

|

江戸前鮓 すし通

六本木通りを少し入る、西麻布三丁目の鮨店でランチを。
外観からして立派であるが、内装は更に豪華な雰囲気。

緩い扇形を描いた長いカウンターが鎮座し、広々。
天井や柱、氷室に至るまで、木材は全て檜を使用する。
BGMは、店内に置かれた水琴窟の水滴の小さな響きのみ。

「握り(桃花)11貫」(5,940円/税込)をオーダー。
・赤身
・鯛
・車海老
・鰤
・帆立
・蓋物
・太刀魚
・〆鯖
・マカジキのヅケ
・縞鰹
・ウニ
・穴子
・お椀
・玉子焼

熟成物が多くネタが豪快、赤酢のシャリは小さめ。
どれも、江戸前寿司の丁寧な仕事ぶりが印象的です。

外の喧騒が嘘の様な空間と、堅苦しくない接客も素晴らしい。

Img_7757Img_7739Img_0482

関連ランキング:寿司 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

|

刑事・雪平夏見シリーズ『アンフェアな月』~天王洲 銀河劇場

この日は、天王洲銀河劇場にて舞台鑑賞をした。
19時開演、休憩なし、21時頃終演。1階C列にて。

映画やドラマでヒットした「アンフェア」。
その原作「推理小説」の続編の舞台化であるこの作品、
元AKBの篠田麻里子さんが主演なのにも注目です。

〈スタッフ〉
  原作:秦 建日子
  脚本・演出:菅野臣太朗
  音楽:野田浩平

〈キャスト〉
    篠田麻里子(雪平夏見)
    染谷俊之(安藤一之)
    中村優一(佐藤和夫)
     和田琢磨(日野雅紀)
     堤下敦〈インパルス〉(沢木和生)
     飯田基祐(山路徹夫)
     林堂航(岡田達也)
     野崎弁当(藤田由人)
     内田裕也
     下村青
  他 

         ***********************************
                   〈ストーリー〉
生後3か月の赤ん坊が行方不明となる誘拐事件が発生。
母親が錯乱し警察に通報したのは、事件発生から8時間後。
警察が本格的に捜査に乗り出したのは、それからであった。

特殊班に駆り出された強行班の刑事・雪平は、
母親による狂言ではないかと疑う。
ほどなくして、犯人と思しき人物から電話が入る。
「娘に見合うだけのものを用意しろ」と…。

身代金の要求もなく、曖昧な指示を残した電話の主。
捜査本部が翻弄される中、誘拐された幼児の物と思われる
遺留品が、山中で発見されるのであった。

Img_7734Img_7715Img_7730

| | コメント (0)

鰻 登亭(銀座店)

数寄屋橋交差点近く、銀座4丁目にある鰻店。
風情こそないが、こじんまりとして清潔感のある雰囲気。
しかし、創業は天保8(1837)年というから驚く。

「うな重〈竹〉」(3,700円/税抜)を頂いた。

程よく脂の乗った国産鰻は、身がふっくら柔らか。
タレは辛口で、新潟産コシヒカリの御飯によく合います。

銀座でサクッと気軽に鰻が食べれるお店で、
SUICAやPASMO、テイクアウトも可で使い勝手がいいです。

Img_7698Img_7694

関連ランキング:うなぎ | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

| | コメント (0)

手打ち蕎麦 銀杏

都営新宿線の西大島駅と住吉駅のほぼ中間辺り、
そんな閑静な住宅街に店を構える、手打ち蕎麦のお店。
コンクリートの打ち放しのモダンな建物が印象的。

「冬の銀杏コース」(5,000円/税別)をお願いした。
・柚子切り
・牡蠣の茶碗蒸し
・本まぐろのお造り
・百合根まんじゅう
・蕎麦さらだ
・蕎麦屋の玉子焼き
・旬の天ぷら
・粗引き田舎蕎麦
・黒豆のブランマンジェ

細かい所まで拘りを感じる料理で、器も素敵。
どんどん、お酒が進みそうな品ばかりであった。

接客は勿論、御品書きも可愛らしい絵で紹介するなど、
全てに於いて、温かみの感じられるお店であった。

Img_8422Img_8430_2Img_8483

関連ランキング:そば(蕎麦) | 西大島駅住吉駅亀戸駅

|

THE FUJIYA GOHONJIN(藤屋御本陣)

長野・善光寺参道にあるレストラン「藤屋御本陣」。
1648年創業以来、2006年まで旅館として営業。
現在は、結婚式場も備えるレストランとして再出発。

歴史を感じさせる重厚な雰囲気の建物は、
国の登録有形文化財に指定されているもので、
アンティークな和洋折衷空間は往時を偲ばせます。

「シェフズランチコース」(2,400円/税込サ別)をオーダー。
〈本日の前菜 4種盛り合わせ〉
  ・寒サバのスカペーチェ
  ・生ハムとルッコラのサラダ
  ・カリフラワーのパンナコッタ
   ・キノコのクロスティーニ
〈玉葱のクリームスープ〉
〈スパゲッティーニ アマトリチャーナ〉
〈メイン〉
  ・本日の鮮魚(鯖)のソテー マントヴァソース
〈デザート〉
    ・藤屋りんごパイ (+\200)
〈フォカッチャとコーヒー〉
       
       *メインとデザートは筆者が選択したもの。

地元長野の食材を中心に、季節の食材を盛り込み、
丁寧に調理された、グレードの高い料理が頂けました。

接客も流石にスマートで申し分なし。
この日もランチは大繁盛。予約が望ましそうです。

01Img_7909Img_7951_2

関連ランキング:イタリアン | 善光寺下駅権堂駅

| | コメント (0)

やま茶屋

長野・善光寺近く、中央通り沿いにある郷土料理店。
店内は、民芸調の温かみのある雰囲気で落ち着ける。

信濃の郷土料理と蕎麦が楽しめる、コース仕立ての
「やま盛〈松〉」(3,080円)を頂いた。
・山の幸の小鉢
・山の幸の盛合せ
・山の幸の天ぷら
・山の幸と地鶏の鍋
・信州サーモンのお造り
・信州黄金シャモ焼き
・ざるそば
・とん汁(灯明まつり期間中のサービス)

季節感を感じる料理で、長野ならではの山菜・茸も登場。
締めの蕎麦も、流石・蕎麦所・長野と思わせる絶品さでした。

一品料理も豊富、個室も備え、何かと使い勝手が良さそう。

Img_7652Img_7669Img_7728

関連ランキング:郷土料理(その他) | 権堂駅市役所前駅善光寺下駅

| | コメント (0)

うなぎ 岩井屋

JR長野駅・善光寺口前にある明治30年創業の鰻店。
歴史を感じる民芸調の店内は、中々の雰囲気を醸す。

「うなぎ重」(4,000円/税込)をオーダー。

しっかり焼き目のついた鰻は、身も厚くふっくら。
若干濃い目のタレを纏い、安曇野産の御飯と相性がよい。
現在の鰻事情を考えれば、良心的で大満足。

手作り感満点の小鉢が供されるのも嬉しい。
その中の「醤油豆」は、こちらの名物とのこと。

駅前という立地上、観光客にも便利で重宝するが、
昼間のみ営業ゆえ、注意して頂きたいです。

Img_7586Img_7881Img_7891

岩井屋

関連ランキング:うなぎ | 長野駅(長野電鉄)長野駅(JR・しなの)市役所前駅

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »