« 2018年6月 | トップページ

2018年9月

九段下 寿司政

東京・九段にある、文久元年創業の歴史ある寿司処。
店舗は風格を感じさせる造り、店内は凛とした雰囲気です。

「おまかせにぎり」(8,000円)をオーダー。
・お通し
・鱸
・白烏賊
・車海老
・ヅケ
・赤貝
・牛蒡の醤油漬
・細魚
・お椀
・クエ(ウニを忍ばせて)
・大トロ
・イクラ
・コハダ
・穴子
・玉子焼

赤酢の酸味を利かせたシャリ、仕込みの完璧なネタ。
名物のコハダは、キリリと強目に〆られていました。

老舗で江戸前寿司の醍醐味を味わえた気がします。

Img_4686Img_4623Img_4652

九段下 寿司政

関連ランキング:寿司 | 九段下駅神保町駅竹橋駅

|

割烹「若竹」

北品川駅近くにある、昭和41年創業の割烹料理店。
薄暗い中、仄かな提灯の明かりが目印となります。
小奇麗な小料理屋さんのような店構えである。

「うなぎ会席」(5,500円)をオーダー。
・お通し(ふぐの煮凝り)
・旬の刺身
・ホタテコキール
・小ふぐ唐揚げ/半人前
・合鴨たたきミニサラダ
・うな重
・きも吸
・お新香

鰻は身がふわふわで、さっぱりしたタレが好印象。
秋田産コシヒカリの御飯は、炊きあがりもも素晴らしい。
他の料理も美味しく、お酒がどんどん進みそう。

家庭的で何かホッとするような雰囲気も魅力でした。

Img_4540Img_4563Img_4571

割烹 若竹

関連ランキング:割烹・小料理 | 北品川駅新馬場駅品川駅

|

『LADY OUT LAW!』~品川プリンスホテルクラブeX

映像宇宙アクション(いわばSF演劇)を観て来ました。
17:00開演、休憩なしで1時間45分ほど。E列にて。

会場は、品川プリンスホテルクラブeX。
円形のステージの上でアクションで主役を張るのは、
アイドルグループ・℃-uteの元リーダーの矢島舞美さん。
凄まじい展開&運動量で繰り広げられる舞台でした。

〈 作 〉池田純矢
〈演出〉岡村俊一
〈出演〉矢島舞美 味方良介 鈴木勝吾 小野健斗
     松井勇歩 増子敦貴 日比美思 久保田創 神尾 佑

                     〈設定〉
第三次世界大戦により荒地と化した地球を捨てた人類。
危機から脱する為、広大な宇宙ステーションを築いた。
ひと時の平和は終わりを告げ、また争いが拡大していく。
そんな中、突如現れたのは、半身が機械仕掛けの少女。
彼女の目的はこの世界を破滅へと導くことだったのだ。

Img_4524Img_4534Img_4527

|

FURUYA augastronome (フルヤ オーガストロノム)

赤坂・円通寺通り沿いのマンションにあるフレンチ。
コンクリート打ちっ放しの店内、白を基調としている。

「LUNCH 〈A〉」(4,000円/税別)をオーダー。
〈アミューズ・ブーシュ〉エスプレッソと南瓜のビシソワーズ
〈オードヴル 〉静岡県産の鱒 林檎のゼリー等と共に
〈鮮魚料理〉千葉産ヒラメ ターメリックソース
〈お肉料理〉イベリコ豚のロースト
〈一皿目のデザート〉 シャインマスカットとメロンのアイス
〈メインのデザート〉チョコレート ブラウニー ソース

彩り豊かな盛り付けと繊細な味わいが印象的で、
ソースの使い方が斬新、素材を引き立てていました。

堅苦しい雰囲気は皆無、利用しやすい雰囲気でした。

Img_4389Img_4392Img_4427_2

関連ランキング:フレンチ | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

|

『日本一の鉱都』栃木県足尾町へ

嘗て『日本一の鉱都』と呼ばれ、繁栄を極めた足尾町。
江戸幕府が鋳銭座を設けて以来、長きに亘り歴史を刻んだ。

しかし鉱毒事件の影響やその後の産出量の減少で
昭和48年に閉山を余儀なくされた。

足尾町は過疎化が著しく、現在の人口は3,000人強。
今では、寂れた印象が拭えない町となっていた。

嘗ての坑内の一部は現在、観光用として開放されている。

                             *********

Img_3911Img_3973Img_3970
Img_3984Img_3986Img_4175
Img_4010Img_4022Img_4026
Img_4076Img_4092Img_4173
Img_4164Img_4140Img_4134

①②③ 「足尾銅山観光」(坑内700m等を見学できる)
④通洞駅近くの街並み ⑤廃路線 ⑥通洞選鉱所跡
⑦⑧⑨本山精錬所と古河橋
⑩精錬所煙突 ⑪間藤水力発電所跡 ⑫わたらせ渓谷鉄道
⑬⑭⑮映画「海街diary」のロケでも使用された「足尾駅」

|

すし処 さいとう

群馬・桐生市、緑豊かな住宅街にポツンと佇む寿司店。
大きな一般家屋で、店内も広々とした贅沢な造りである。
赤と黒を基調としたカウンターは10席ほど。

・(前菜)万願寺唐辛子/鳴門金時/蓮/谷中生姜
・(造り)大間のマグロ/エンガワ/墨烏賊
・たいら貝磯辺巻
・四万十川天然鮎焼
・(箸休)香の物
 (握り)
・墨烏賊
・鯛
・ヒラメ
・赤貝
・ゲソ
・鯵
・鮪赤身
・中トロ
・コハダ
・煮蛤
・車海老
・玉子焼
・ウニ
・煮蝦蛄
・鳥貝
・穴子
・巻物

美味しい魚を提供するため、築地に通うというご主人。
旬の魚介を熟成させ、最高の状態で供してくれる。

料理の美味しさ、ご主人の所作と物腰の柔らかさ、
居心地といい全てに於いて素晴しいし、お会計も良心的。

「孤高の名人がいる隠れ家」と云うのに相応しいお店でした。

Img_3809_3Img_3810_3Img_0444_3

関連ランキング:寿司 | 運動公園駅桐生球場前駅

|

« 2018年6月 | トップページ