日本料理

銀座「神谷」木挽庵

銀座・交詢ビルにある日本料理と蕎麦のお店。
エントランスからしてゴージャスな雰囲気が漂う。

「懐石くずし〈椿〉(5,000円/税サ別)をオーダー。
〈 先 付 〉厚焼玉子、海老蓮根挟み揚げ等
〈 吸  物 〉鱧真丈 玉子豆腐椀
〈炙り寿司〉鯛、キス、ヒラメ、鮪
〈 焼  物 〉鰆の紅葉焼 栗の渋皮煮 きんぴら
〈 煮 物 〉鰯のつみれ 冬瓜
〈 蕎 麦 〉
〈デザート〉ほうじ茶プリン 羊羹等  

伝統的な日本料理に創作をプラスした料理で、
手の込んだ八寸を始め、香ばしさ溢れる炙り寿司、
〆に頂く蕎麦、甘味に至るまで高水準でした。

お店の方のサービスもさりげなく心地よい。
様々なシュチュエーションに利用できそうです。

Img_5540Img_5483Img_5530_2

関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島宿 真里

小豆島・「醤(ひしお)の郷」近くにある御宿に宿泊。

築80年以上古民家を改装した母屋をメインに
他に2棟の離れのある、全7室の隠れ家的お宿。

今回、一番リーズナブルな2階のお部屋でしたが、
星空を眺められるテラス、お風呂も備わっていました。

食事は、魚介を地元特産の醤油や諸味で頂く「醤油会席」
小豆島ならではの魚、野菜などの新鮮素材が並びました。
シンプルな調理法で素材の美味しさが存分に感じられる。

小豆島の素晴らしさを、余す所なく体感できる宿でした。

        「醤油会席」
〈酒〉甘夏のお酒
〈菜〉渡り蟹と木の芽のみぞれ和え
   いぎす諸味田楽 焼き〆さば
    鱸の南蛮漬 鰆の唐墨
     にし貝黄身酢和え
   筍いりこぶし
〈島〉生こびき平麺 
    諸味つゆ 切ざみ野菜
〈鮮〉春の造り盛り鉢 畑野菜
   ・諸味だれ
   ・二段熟成
   ・生あげ
   ・淡口生揚
〈蒸〉あこう昆布蒸し いりこ酢  
    新玉葱 春キャベツ 青梗菜
〈焼〉鰆の照り焼き 
    ほうれん草 大根
    酢取り茗荷 いんげん
〈油〉穴子天麩羅
    蓮根 アスパラ 天然塩
〈汁〉鰆の焼白子すまし汁
    牛蒡 三つ葉
〈飯〉島のおこげご飯(小豆島産)
    諸味みそ だいしもち入り
〈甘〉蜜柑あいすくりーむ

*別注料理*
〈本日の料理長お勧め〉讃岐さーもんの鍬焼き
〈オリーブ牛季節料理〉

Img_3347Img_3553Img_3530

関連ランキング:旅館 | 小豆島町その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルグランヴィア大阪・日本料理「浮橋」にて

関西遠征で滞在している、ホテルの中の日本料理店。
この日の朝食は、こちらの「和定食」(2,310円)を。

ヘルシーでバランスの良い構成ですが、分量は多め。
納豆を付けることもできました。

御飯は、生姜餡で頂く、お粥を選択。
コーヒー、紅茶、お水はセルフサービスです。

駅構内の雑踏が嘘のような静かな食事処です。

Img_6259Img_6264Img_6268

関連ランキング:懐石・会席料理 | 梅田駅(阪神)大阪駅西梅田駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園 なん波

京都・祇園の花見小路近く、細い路地にある京料理店。
一見、敷居が高そうだが、お昼のランチはお得に味わえる。

引戸を開け靴を脱いで上がると、小さなカウンターがお出迎え。

「昼のコース」(5,000円/税サ別)を頂きました。
・鱧の酒煮  菊花餡  銀杏 蕪 煮梅
・松茸土瓶蒸し 鱧 粟麩
・(造り)険先烏賊 鰹 鯛 
・(八寸)鰆西京焼き 子持ち鮎 衣かつぎ 
           丹波栗蜜煮 鯖寿司 柿なます
・甘鯛の萩蒸し
・栗、鯛、舞茸の炊き込み御飯 赤出汁 香の物
・カボスのシャーベット 巨峰のムース
・抹茶と和菓子

季節を折り込んだお料理は、拘った器にもよく映える。
目でも舌でも楽しめ、趣向を凝らしたものでした。

素材を活かした薄目の味付けは、正に京料理の本道
締めには、和菓子と抹茶までも供され、大満足。

最後は、路地を曲がるまでご主人に見送って頂きました。
料理は勿論のこと、接客も素晴らしく温かいお店でした。

Img_6580Img_6688Img_6666

関連ランキング:懐石・会席料理 | 祇園四条駅三条京阪駅三条駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理「胡蝶」

ホテルニューオータニ長岡にある和食処です。

9月のおすすめ御膳である
「秋風の膳」(6,500円/税サ込)を頂きました。

                献立
〈前菜〉新銀杏揚げ 丸十公孫樹 昆布籠盛り
               にいがた菊鮭寿し 子持鮎甘露煮
                          鯨味噌漬 柿玉子 帆立松風
〈吸物〉飛び魚はんぺん 白葱
                         三つ葉 露生姜 焼き本湿地
〈造里〉鯒湯引き 新さんま
                        針生姜 菊花添え 芽物一式
〈煮物〉冬瓜旨煮 芝海老そぼろあんかけ
                        紅葉麩 香味野菜天盛り
〈焼物〉かます塩焼き 生姜白身魚巻揚げ
                                小芋田楽 酢橘
〈進肴〉牛ヒレステーキ 木の子色々添え
〈食事〉松茸入り木の子の炊き込み御飯
〈水菓子〉本日の三種盛り

旬の素材を使用し、五感で楽しめるお料理。
サービスも、ホテルならではの安心できるものでした。

Img_3205Img_3078Img_3144

胡蝶

関連ランキング:懐石・会席料理 | 長岡駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぐら坂 志満金

JR飯田橋駅近く、神楽坂を登りはじめて直ぐの鰻料理店。
創業140年、外装が立派なので入店を躊躇しそうですが、
一度暖簾をくぐれば、意外と庶民的なのに驚かされる。

「うな重(雅) 」(3,700円/税サ別)
「う巻き玉子」(1,500円/税サ別)
をオーダー。

高価な漆の重箱で供されるうな重は、上品な味わい。
タレはあっさり、鰻は柔らかで口の中で溶けて行くよう。

また、食後には家紋の入った落雁抹茶も供される。
如何にも花街・神楽坂といったサービス。

接客は、ベテランのスタッフさんなので安心です。

Img_3373Img_3357Img_3348

かぐら坂 志満金

関連ランキング:うなぎ | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座 とよだ

銀座7丁目にある、界隈を代表する日本料理店。
並木通り沿いにある、ひっそりとしたビルの2階の店を構え、
ミシュラン2つ星も獲得しています。

店内は、木材が多用された温かみのある空間で、
L字のカウンターを中心とした、凛とした空気が漂う。

「昼コース〈真〉」(7,000円/税サ別)をオーダー。
〈先付〉胡麻豆腐・雲丹(利尻) 金時草
〈御椀〉鱧・白瓜
〈造り〉鱸(三河産)、鮪(大間)、星鰈(岩手)
〈焼物〉鮎塩焼
〈炊合〉万願寺・茄子 ズッキーニ
〈食事〉浅蜊御飯 赤出汁 香の物
〈食後〉杏仁豆腐

和食の生命線が「お出汁」だというのを再認識。
驚きや感動と言った、所謂、奇を衒ったものは少ないが、
国内産旬の物に拘り、丁寧に調理されている正統派和食
最後に供される京番茶も、しみじみ美味しい。

料理の説明、供されるペース配分なども素晴らしく、
ご主人と女将さんが温和なのも魅力的です。

Img_8043Img_8052Img_8097

関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅日比谷駅東銀座駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰燕

地下鉄・溜池山王、ツインタワー近くの日本料理店。
六本木通りから一本裏の路地に佇むだけだが、
周囲の喧騒が嘘のような、閑静な空気がここにはある。

店構えは純和風で、石畳のある玄関アプローチや、
木の温もりを感じるような、和の心地よい空間が印象的。

今回は、予約にて昼懐石をお願いしていたので、
カウンターではなく、半個室へ通して頂きました。
2時間ほどかけて、ゆっくりとコースを楽しみました。

「昼懐石〈吉〉」(5,500円/税サ別)
〈食前酒〉梅酒
〈先 付〉くみ上げ湯葉のすり流し(蟹、雲丹)
〈お凌ぎ〉天ぷら(そら豆、蕗の薹、タラの目、ワカサギ、太刀魚)
〈御 椀〉若竹真薯(蟹身真薯、筍、こごみ)
〈向 付〉煽り烏賊、カンパチ、鮪、鯛、煮凝り
〈焼 物〉カマスの木の芽焼き
〈炊合せ〉新筍土佐煮、蕗、海老芋揚げ、麩
〈食 事〉筍御飯
〈甘 味〉わらび餅

分とく山で修行されたご主人の織りなす料理の数々。

季節の物をふんだんに使って、様々な調理法で、
最後まで期待を抱かせるコース内容。
上品な出汁の美味しさは、御椀等で存分に感じられます。

ミシュラン獲得店という驕りなどを全く感じさせなない、
お店の方の接客も本当に素晴らしい。

わらび餅は、予約にて手土産にすることも可能です。

Img_9819Img_9824Img_9804

関連ランキング:懐石・会席料理 | 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿「紀風」

東京・恵比寿に、この春にお目見えしたばかりの日本料理店。
小さいカウンターがメインで、店内もまだ真新しい。

お店は、同じ恵比寿「京しずく」ご出身の若き御主人と、
お弟子さんとの二人で切り盛りしている。

「昼のおまかせコース」(4,000円/税サ別)を。
〈先付〉胡桃豆腐 むかご
〈八寸〉
〈椀物〉鮭粕汁 白味噌仕立て  蕪  九条葱 蓮根 
〈造り〉穴子薄造り
〈焚合〉海老芋
〈食事〉山形県産「つや姫」 大山地鶏
〈甘味〉酒粕のチーズケーキ 紫芋のアイス

盛り付けも素敵で、季節旬の物を楽しめる。
この価格帯では考えられないほど、お得感を感じる内容。

秋の設え八寸や、白味噌仕立てのお椀、
穴子のお刺身、土鍋で炊かれた山形県産「つや姫」
皮がパリパリで中がジューシーな大山鶏…。
どれも溜息が出るほど美味しかった。

店主のお人柄もあり、ゆっくり食事が出来るのもいいです。

Img_7840Img_7847Img_7876_2

関連ランキング:懐石・会席料理 | 恵比寿駅広尾駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本料理 太月

表参道駅下車、国道246から路地に入り徒歩5分ほど。
昨年オープンしたいう、新鋭の日本料理店へ訪れた。
コンクリート打ちっ放しのビルの地下にあります。

店内は、を基調とした明るく清潔感のある空間。
そんな中、大将が深々とご挨拶され、お昼がスタート。

懐石料理の正式な作法として「濡れ箸」が置かれる。
料理がお箸に染み込むのを防ぐためなのだとか…。

「昼のコース」(5,250円/税込)
〈先付〉スッポンの茶碗蒸し     
〈前菜〉菊菜と松の実の胡麻和え、子持ち鮎、子持ち昆布
    銀杏、海老芋の唐揚げ、鱧寿司
〈御椀〉若狭ぐじ、ミニ青梗菜、聖護院蕪
〈造り〉明石の鯛、銚子の金目鯛(焼き霜)
〈焼物〉銀鱈の西京焼
〈揚物〉(北海道鵡川産)子持ちししゃも
〈食事〉金目鯛の煮付と共に
〈甘味〉粟ぜんざい、わらび餅、紫芋アイスクリーム

「スッポンの茶碗蒸し」からスタート。
濃厚で深い納得の味わいで、スッポンのコクがよく出ている。

続いて、塗盆で供される「前菜」彩り豊か
すっかり秋の演出で、1つずつ丹精込められているのが判る。

その後の料理も、安定した内容で外れがない。
出汁を大切にする、基本に忠実な日本料理の数々が続く。
デザート3種類も女性には嬉しい。

昼懐石としては、想像以上の内容で大満足。
夜のコースが、もう気になって仕方ありません。

物腰の低い御主人と、美しい女将さんのサービスは秀逸。
初めてでも居心地のよいお店であった。

Img_7020Img_7026Img_7055


日本料理 太月

関連ランキング:懐石・会席料理 | 表参道駅明治神宮前駅渋谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧