そば/うどん

ゆふいん「花野そば」

由布院・湯の坪街道から離れた閑静な場所にある蕎麦処。
数寄屋造りの落ち着いた佇まいが印象的である。

「湯葉そば」(1,680円/税込)をオーダーした。

素蕎麦とは別皿湯葉と青菜が用意される。
素麺のように細く、香り高い繊細な感じの蕎麦は、
石臼挽きの蕎麦粉を使用し、毎朝手打ちされるそう。
以外にもしっかりとしたコシが感じられる。

お出汁は薄色で透き通った色合い。
しっかりと出汁を感じつつ、見た目に違わぬ上品な仕上がり。

何とも、しっぽりとした趣のあるお店でした。

Img_8311Img_8319Img_8323

関連ランキング:そば(蕎麦) | 由布院駅

| | コメント (0)

そば処 福田屋

渋谷の道玄坂小路にある蕎麦処です。
ビルの2階だが、小奇麗で箱庭があったりと素敵な空間。

「なすの揚げ煮」(500円)
「おかめそば」(950円)
をオーダー。

供された途端に素晴らしい出汁の香りが立つそば、
細打ちで歯触りがよく、なかなかの分量もある。
柚子の香りも加わり、なんともいいです。

厚焼き玉子蒲鉾、筍、椎茸などの上質具材も乗り、
ほっとさせる味わいであった。

一品料理も多く、早い時間から飲まれる方も多いです。

Img_3754Img_3755Img_3772

関連ランキング:そば(蕎麦) | 神泉駅渋谷駅

| | コメント (0)

玄挽蕎麦 赤坂 NAGARA(ながら)

乃木坂、赤坂、青山一丁目の、ほぼ中間にある蕎麦処。
建物の地下にあり、コンクリート打ち放しでモダンな空間は、
店主の趣味の置物も多く、まるでアトリエのようです。

「お通しセット」(1,000円)
「鴨ざる」(1,600円)
をお願いした。

お通しセットは、蒲さし、煮物、長芋の浅漬、おかかチーズが。
何とも日本酒に合う味付けです。

蕎麦は、細打ちで若干の甘みを感る風味豊かなものでした。

ついつい長居をしたくなる、隠れ家的お店であった。

Img_1255Img_1247Img_1241

関連ランキング:そば(蕎麦) | 赤坂駅乃木坂駅青山一丁目駅

| | コメント (0)

手打そば「梅玉」

浦和駅西口交差点近く、旧中山道沿いの蕎麦店。
古民家風で、奥行きのある落ち着ける雰囲気です。

「梅玉御膳」(2,050円/税込)をオーダー。

じゃこ御飯、鶏スープ、天麩羅、卯の花、ひじき、
鴨料理、玉子焼等、手作り感満点の料理が一堂に会す。

細く黒味がかった蕎麦は、田舎そばような味わいでした。

蕎麦前の一品料理やセットメニューも豊富。
お店の雰囲気もあって、時間の流れがゆっくりに感じます。

Img_7739Img_7740Img_7760

関連ランキング:そば(蕎麦) | 浦和駅

| | コメント (0)

かんない蕎麦処「利久庵」

昭和22年創業、関内駅ほど近くにある蕎麦処。
落ち着いた和風建築で、伝統を感じられる空間で、
1階がテーブル席、2階は懐石料理等が頂ける座敷です。

「おまかせミニ懐石」(3,990円/税別)をオーダー。
・若竹の子と野菜の炊き合わせ
・〈前菜〉南瓜ムース、和牛ローストビーフ、丹波黒豆など
・〈造り〉鮪、鯛
・〈御椀〉三色つみれ
・〈焼物〉カニの甲羅焼き
・上牛肉と茄子 特製ソース焼
・春野菜の天麩羅
・蟹と焼き椎茸 きざみ野菜のサラダ
・蕎麦
・薄皮饅頭
   
 *「そばいなり」(300円)は別途追加。

想像以上に手の込んだ、たくさんの料理が供され、
日本料理店顔負けの洒脱したものが並んだ。

お蕎麦も、かえしに化学調味料は一切使用しない拘り。

いつも大繁盛のお店だが、接客も素晴らしい。
長居されまいという雰囲気を微塵たりとも感じさせない。

都内に比べ、蕎麦屋が少ない横浜でもあるので、
いついつまでも残っていて欲しいお店であります。

Img_5896Img_5899Img_5950

関連ランキング:そば(蕎麦) | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打蕎麦処「安曇野」

三軒茶屋の西友近くの昭和61年創業の手打蕎麦処。
コンクリート打ちっ放しのモダンな外観が印象的。
店内は、蕎麦打ちスペースが間近いテーブル席、
10人掛けほどのカウンター、座敷などもある。

店名には「安曇野」を冠しているが、
北海道国産蕎麦粉に拘っている。

蕎麦会席「信濃コース」(4,100円)をオーダー。
・梅ごのみ
・蕎麦の実のとろろ
・天婦羅盛合わせ
・蕎麦寿司
・二色蕎麦
・蕎麦アイスクリーム

メインは「二色蕎麦」で、せいろと田舎そばの食べ比べ。
細めで白っぽく、香り豊かで喉越しがいいのは「せいろ」
対して、饂飩のような太さ黒味掛った「田舎」は対照的。

他の料理も外れがなく、どれも美味しいです。
強気の価格設定ながら、満足感も可也のもの。

接客も良く交通至便ゆえ、何かと利用価値が高いです。

Img_3610_2Img_3616_2Img_3660_2

関連ランキング:そば(蕎麦) | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんだやぶそば

神田・淡路町の閑静なオフィス街の一角に佇む、
明治13年創業の老舗蕎麦処。

嘗ては、木造2階建の都の歴史的建造物指定の
風情のある店構えだったが、2013年2月の火災で半焼。
店舗の全面的な建て直しを余儀なくされた。
2014年10月に、ようやく装いも新たに営業を再開。
開店前から行列を成す光景は、以前と変わりません。

以下のものを所望。

「天たね」(1,340円/税抜)
  芝海老をふんだんに胡麻油で揚げたかき揚げで、
  軽やかな揚げ上りが印象的。

「あいやき」(1,340円/税抜)
  鴨の脂で合鴨と長葱を炒めたもので、
  柔らかくて風味豊かな合鴨もの美味しさが引き立つ。
  お塩で頂きます。

「そばずし」(770円/税抜)
  蕎麦、玉子焼、干瓢、椎茸を太巻きにしたもの。
  海苔の風味とお蕎麦の香りがよくマッチ。

「せいろうそば」(670円/税抜)
  薄い緑色をしているのが特徴的で、喉越し豊か。
  鰹と昆布の風味豊かな、かえしが美味しい。

       ************************

オーダーを厨房に通す際の花番さん掛け声などは、
江戸蕎麦を今に伝える雰囲気を感じ取れました。

Img_1131Img_1174Img_1221

関連ランキング:そば(蕎麦) | 淡路町駅新御茶ノ水駅小川町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座「神谷」木挽庵

銀座・交詢ビルにある日本料理と蕎麦のお店。
エントランスからしてゴージャスな雰囲気が漂う。

「懐石くずし〈椿〉(5,000円/税サ別)をオーダー。
〈 先 付 〉厚焼玉子、海老蓮根挟み揚げ等
〈 吸  物 〉鱧真丈 玉子豆腐椀
〈炙り寿司〉鯛、キス、ヒラメ、鮪
〈 焼  物 〉鰆の紅葉焼 栗の渋皮煮 きんぴら
〈 煮 物 〉鰯のつみれ 冬瓜
〈 蕎 麦 〉
〈デザート〉ほうじ茶プリン 羊羹等  

伝統的な日本料理に創作をプラスした料理で、
手の込んだ八寸を始め、香ばしさ溢れる炙り寿司、
〆に頂く蕎麦、甘味に至るまで高水準でした。

お店の方のサービスもさりげなく心地よい。
様々なシュチュエーションに利用できそうです。

Img_5540Img_5483Img_5530_2

関連ランキング:懐石・会席料理 | 銀座駅東銀座駅日比谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちそば「わき水」

郡山インター近くの住宅街に佇む手打ち蕎麦店。
メヒコの裏の細い道から「わき水」と書かれた
小さな立て看板を道標に訪ねる。

一般の民家を少々改築しただけの店内は、
友人の家にでも招かれたように落ち着きます。

こちらのお店のメニューを一通り味わえるという
「そば道楽」(2,300円)をオーダー。
・梅おろし
・もり
・そばがき
・花まき

国産玄蕎麦の丸抜きを石臼挽きした全粒粉と、
磐梯の湧水で手打ちした十割蕎麦が最大の売り。

この日は、北塩原村桧原産の蕎麦粉を使用。
黒目の色合いの蕎麦は、喉越し、コシ共に抜群。

そばがきは、ふんわりとしてマシュマロのような食感。

蕎麦つゆをかけ、紀州南高梅を潰し頂く「梅おろし」
2種類の大根おろし汁モンゴル岩塩で頂く「もり」…。
様々な蕎麦の食し方を体感することができます。

店主は以前、高校で教鞭を執っていた方だそうで、
流石に料理の説明も丁寧で、当りも柔らかい。
そんな店主夫妻のお人柄が感じられるお店でした。

Img_3558Img_3593Img_3589

関連ランキング:そば(蕎麦) | 喜久田駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一東菴

JR東十条駅から程近い、住宅街に佇む蕎麦店。
店内には、穀物を選別するための農具「唐箕」や、
石臼などが配され、センスの良さを感じさせる雰囲気。

「車海老天せいろ」(1,700円/税別)
「おまかせ酒肴」(1,100円/税別)
をオーダー。

蕎麦は埼玉県三芳産で、風味豊かでのど越しが良い。
天ぷらは、車海老の他に野菜も盛り込まれ、軽い仕上がり。

おまかせ酒肴は、手の込んだ料理を少しずつ9種類。
蕎麦前にぴったりでした。

ご夫婦のみで営まれており、料理の提供はゆっくり目。
久しく、ゆったりとした昼時間を堪能しました。

Img_1277Img_1273Img_1267

関連ランキング:そば(蕎麦) | 東十条駅王子神谷駅十条駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧