うなぎ

蒲焼「小川菊」

小江戸・川越で1809年創業以来、7代続く老舗鰻店。
大正13年に建築された趣のある3階建木造家屋は、
都市景観重要建築物にも指定されるほど。
予約をしていたので2階の畳敷きの椅子席へ案内された。

「北海道産炙り帆立と
  フルーツトマトの土佐ジュレのせ」(800円/税込)
を頂きつつ、
「うな重〈特〉」(4,500円/税込)を待った。

30分ほどで供された鰻重は、大振りで2枚の蒲焼が鎮座。
甘辛のタレは、ふっくらとした鰻を一層引き立てる。
固めに炊かれた艶やかな御飯、香の物も美味しい。

接客も素晴らしく、好感が持てるものでした。

Img_4456Img_4393Img_4424

関連ランキング:うなぎ | 本川越駅川越市駅

| | コメント (0)

うなぎ 㐂代川

日本橋・茅場町、近代的なビルが立ち並ぶ中、
ここだけ時が止まったかのような風格ある日本家屋。
それが今回訪れた、明治7年創業の老舗鰻店である。

入口は2つあり、右がテーブル席用と左が座敷席用。
予約なしで伺い、今回は座敷へ通して頂きました。

「うな重〈竹〉」(4,000円/税別)
「お通し」(750円/税別)
をオーダー。

鰻は皮が薄く柔らか。表面は、さっくりとした仕上がり。
サッパリとしたタレ、ご飯の炊き上がりもいい。

接客に始まり、お店の風情、料理と三拍子揃い、
価格以上の価値を感じずには居られませんでした。

Img_0892Img_0931Img_0923

関連ランキング:うなぎ | 茅場町駅人形町駅水天宮前駅

| | コメント (0)

鰻 まるだい

京急川崎駅近く、旧東海道沿いの大正11年創業の鰻店。
鰻屋らしからぬ、大正ロマン調の建物と内装が印象的。

「うなぎ重〈竹〉」(3,800円/税抜)
「前菜盛り合わせ」(1,000円/税込)
をオーダー。

愛知県三河産の鰻を使用している、うなぎ重は、
身が箸で解れるほどに柔らかで、臭みも全くない。
さっぱりとしたタレと相まって、上品な仕上がりでした。

通し営業で交通至便、座席間隔もゆったり。
一品料理もたくさん取り揃えられていました。

Img_6100Img_6101Img_6115

関連ランキング:うなぎ | 京急川崎駅川崎駅港町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰻家

池袋から3kmほど離れた東長崎にある鰻店。
昭和44年創業以来、この地で店を構えるこちらは、
本田宗一郎がこよなく愛したことでも知られます。
内装はコンパクトな造りで、真新しく清潔感がります。

「うな重〈特〉」(3,750円)
「きも吸」(400円)
「玉子焼」(950円)
をオーダー。

たっぷりと脂の乗った鰻は、ふっくらとした仕上がり。
タレが控えめな味であり、鰻自体を味わうに有難い。

玉子焼は、大きくふわふわで優しい甘さが印象的。

通し営業で便利、素敵な鰻屋さんを堪能しました。

Img_0144Img_0150Img_0178

鰻家

関連ランキング:うなぎ | 東長崎駅落合南長崎駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ「三好」

日本橋・人形町にある鰻店、本店静岡県松崎町
店内には静かにBGMが流れ、モダンな内装。

「うな重〈雪〉」(4,080円)
「金目鯛の刺身」(1,370円)
をオーダー。

鰻重は、パリッと食感を残すためか蓋なしで登場。
江戸前の焼き方とは少しばかり違う皮目の焼き方。
炭火で丁寧に調理され、旨みが凝縮されていて堪らない。

また御飯炭火で炊かれ、ふっくら艶やか
鰻重に美味しいご飯は欠かせないと再認識。
肝吸い茗荷が加えられているのも珍しい。

アットホームな感じのお店で、なかなかいい雰囲気です。

Img_4909Img_4912Img_4943

関連ランキング:うなぎ | 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ「山尾」

郡山市・開成山公園近くのビルにある鰻店。
テーブル席、カウンター、奥に座敷と、店内は可也広い。

「松重」(4,300円)をオーダー。

静岡県吉田町の厳選した鰻を仕入れているそうで、
備長炭で丁寧に焼かれ、ふっくらと香ばしく仕上げられる。
釜炊きのつやつや御飯との相性もいいです。

お漬物は盛り沢山、食後には、ところてんも供される。

小奇麗な店内と丁寧な接客も印象的でした。

Img_3448Img_3392Img_3395

関連ランキング:うなぎ | 郡山駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山家本店

大宮・高島屋向かいにある明治5年創業の鰻店。
古風で民芸調の落ち着いた店内が印象的。。

「上鰻重」(4,120円/税込)をオーダー。

鰻一匹を豪快に使っており、照りも見事。
ご飯もふっくらと炊きあげられていて美味しいです。
価格的にも昨今としては良心的な部類。

比較的穴場で、待たずに入れ、使い勝手がいいです。

Img_8253Img_8257Img_8263

関連ランキング:うなぎ | 大宮駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麹町「うなぎ 秋本」

創業100有余年、麹町にある鰻料理店。
麹町駅すぐ、江戸情緒の残る善国寺坂にあります。

オフィス街の中に風情ある一軒屋が異彩を放ち、
「う」の文字看板が目印です。

料亭風の佇まいですが、予約なしのテーブル席は、
気軽に利用できる和食堂のような雰囲気。

「共水うなぎ」(4,800円)
「付出し」(630円)
をオーダー。

共水うなぎは、数量限定の大井川のブランド。
焦げ目がほとんどない、綺麗な飴色に焼きあげられ、
箸で鰻の身を掴むと、直ぐ様解れるほどに柔らか。

さっぱりとしたタレは、鰻本来の旨味を引き立て、
少々固めに炊かれた御飯も、艶々で格別のもの。

別注の肝吸い」(250円)は、柚子や瓜、鞠麩が入り、
香の物も豪華。

お昼時に伺った際は可也混み合っていました。
相席は覚悟した方がいいようです。

Img_3813Img_3799Img_3809

関連ランキング:うなぎ | 麹町駅半蔵門駅四ツ谷駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うなぎ「満寿家」

うなぎの街・浦和にある明治21年創業のお店。
旧中山道に沿いに建ち、最近改築されたそうで真新しい。
鰻屋らしからぬ豪華な建物で、周囲に異彩を放ちます。

うな重(上)、鯉こく、小鉢などがセットの
「満寿家セット」(4,150円/税込)をオーダー。

紀州備長炭と秘伝のタレで焼き上げられている鰻は、
ふっくらとした焼き上がり、綺麗な焦げ目が印象的。
山椒は、粒と粉の2種類が用意されていました。

また「鯉こく」は、甘めの味噌仕立て。
以外にも骨からの身離れもよく食べ易い。

接客も素晴らしく、接待にも向いていそうです。

Img_9704Img_9730Img_9718

関連ランキング:うなぎ | 浦和駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰻 いづもや(日本橋)

東京・日本橋にある昭和21年創業の鰻割烹。
老舗ですが、昭和の雰囲気漂う気取らない感じ。

「うな重〈松〉」(3,600円/税別)をオーダー。
*肝吸いは、別途400円

鰻は、ふんわりで脂の乗り具合も程よい。
ボリューム的も程よくサッパリとしたタレも高印象です。

Img_7846Img_7875Img_7882

関連ランキング:うなぎ | 新日本橋駅三越前駅神田駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧