カフェ・喫茶

亀田山喫茶室

松江城の敷地内にある明治36年築洋館「興雲閣」
その建物をそのまま活かした喫茶室です。
天井が高く光が差し込み、レトロで落ち着ける空間が広がる。

「アップルどっさりタルト」(500円)
「亀田山ブレンドハーブティー」(500円)
を頂いた。

タルトは、紅玉秋映2種類の林檎をソテーし
層のように重ねられ、見た目にも綺麗です。
甘さ控えめで、アーモンド生地も美味しい。

散策途中に一息つくのにも最適でした。

Img_7095Img_7075Img_7085

関連ランキング:カフェ | 松江しんじ湖温泉駅

|

自家焙煎珈琲 サンシャイン

大阪メトロ谷町線 東梅田駅7番出口直結の喫茶店。
昭和48年創業、昔ながらの落ち着いた雰囲気です。

「ホットケーキセット」(810円/税込)を頂いた

お店の看板商品「ホットケーキ」は全て手作り。
粉から丁寧に1枚ずつ、専用のフライパンで焼き上げる。

大きく2枚重ね、ビジュアル的にも綺麗な焼き上がり。
キメが細かくしっとりとした食感、そしてふんわり感。
今時のパンケーキにはない、懐かしいホットケーキの味。

コーヒーは、飽きの来ないすっきりとした飲み口。

店員さんの接客も物凄くいいですが、喫煙可です。

Img_6024Img_6036Img_6028

関連ランキング:パンケーキ | 東梅田駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪市営)

|

THE FUJIYA GOHONJIN(藤屋御本陣)

長野・善光寺参道にあるレストラン「藤屋御本陣」。
1648年創業以来、2006年まで旅館として営業。
現在は、結婚式場も備えるレストランとして再出発。

歴史を感じさせる重厚な雰囲気の建物は、
国の登録有形文化財に指定されているもので、
アンティークな和洋折衷空間は往時を偲ばせます。

「シェフズランチコース」(2,400円/税込サ別)をオーダー。
〈本日の前菜 4種盛り合わせ〉
  ・寒サバのスカペーチェ
  ・生ハムとルッコラのサラダ
  ・カリフラワーのパンナコッタ
   ・キノコのクロスティーニ
〈玉葱のクリームスープ〉
〈スパゲッティーニ アマトリチャーナ〉
〈メイン〉
  ・本日の鮮魚(鯖)のソテー マントヴァソース
〈デザート〉
    ・藤屋りんごパイ (+\200)
〈フォカッチャとコーヒー〉
       
       *メインとデザートは筆者が選択したもの。

地元長野の食材を中心に、季節の食材を盛り込み、
丁寧に調理された、グレードの高い料理が頂けました。

接客も流石にスマートで申し分なし。
この日もランチは大繁盛。予約が望ましそうです。

01Img_7909Img_7951_2

関連ランキング:イタリアン | 善光寺下駅権堂駅

| | コメント (0)

あぶり珈琲

蔵の街・川越のシンボル「時の鐘」近くの喫茶店。
店名「abri(あぶり)」とは仏語で「隠れ場」の意味だそう。
昭和レトロな雰囲気満点で実に落ち着ける店内です。

「中煎りコーヒーとスコーンのセット(980円)」を。

ブレンドは5段の煎り具合があり、真ん中の中煎りを。
煎り具合によって豆の種類も変えておられ、
このコーヒーは、ケニアの豆をベースしたもの。
程よい深みとさっぱりとした飲み口が印象的です。

スコーンには、ホイップクリームとジャムが付く。
珈琲によく合うシンプルな味わい。

観光客も少なく、一息入れるのにぴったりでした。

Img_4579Img_4581Img_4597

関連ランキング:カフェ | 本川越駅川越市駅川越駅

| | コメント (0)

ティールーム「Nicol(ニコル)」

今回、宿泊した由布院玉の湯にある喫茶室。
全面ガラス張りの店内には木漏れ日が降り注ぐ。
テーブルからは、敷地の木立、緑が眺められます。

「アップルパイ」(520円)
「由布院産 フレッシュハーブティー」(600円)
を頂いた。

薄く仕上げたパイ生地に、スライスしたリンゴの食感。
しっとりとした蜜がかかり、絶妙にマッチ。

人気商品で、すぐ売り切れになることが多いそうですが、
宿泊者は予約が可能でした。

優雅なひと時が味わえる喫茶室でした。

Img_7882Img_8301

関連ランキング:喫茶店 | 由布院駅

| | コメント (0)

神椿

こんぴらさんの石段・下から500段目辺りにあるお店。
切り立った斜面に立地し、自然と調和するレストランで、
椿マークでもお馴染み、資生堂パーラーが経営するこちら。

「神椿ランチコース」(4,700円)をオーダー。
・讃岐オリーブ豚と新キャベツのプレス
                ミルフィーユ仕立て
・本日のスープ(南瓜)
・瀬戸内産鰆のポワレ マテ貝と筍のフリカッセ添え
       小豆島のグリーンオリーブのペーストと共に
・オリーブ麹でマリネした讃岐牛のもも肉のロースト
    地元で採れた旬野菜のエチュベ添え タイムの香り
・香川県高瀬産緑茶のクレームブリュレ
・カフェ

料理は、彩りも美しく味付けも確かで流石。
また、食器類もサービスも、クオリティーが高いです。

琴平の地で、正当な洋食が頂けて吃驚しました。

Img_1511_2Img_1515_2Img_1543_2

神椿

関連ランキング:カフェ | 琴電琴平駅琴平駅榎井駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平岡珈琲店

大阪・瓦町、オフィスの谷間にポツンと佇む珈琲店。
1921年(大正10年)創業のこちらは、現在で3代目
レトロなタイル張りの入口茶色の暖簾が目印。

店内は、歴史を感じられる「昭和」の趣き溢れる空間で、
レトロなSEIKOSHAの壁掛け時計などは、何とも渋い。

ネルドリップ自家焙煎コーヒーは勿論ですが、
手作りドーナツも有名だとのこと。

「平岡ブレンド」(380円)
「手作りドーナツ」(150円)
を頂きました。

珈琲は薫り豊かコクと苦みが充分に感じられる一杯。
手作りドーナツは、1つずつ揚げられるハードタイプ
幼少期に食べた素朴な、おやつを彷彿とさせます。

昭和の記憶を思い起こさせる、ノスタルジックな珈琲店。
暫し、忙しない現代を忘れる…そんな時間が過ごせます。

Img_9454_2Img_9457_2Img_9458_2

関連ランキング:コーヒー専門店 | 本町駅淀屋橋駅堺筋本町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランソア喫茶室

京都・木屋町、高瀬川沿いにある昭和9年創業の喫茶店。
イタリアバロック様式の内装は、平成14年(2002年)
国の登録有形文化財に指定されたそう。

壁面に掲げられた絵画、ステンドグラス、白熱電球…。
ウェイトレスさんの制服もクラシカルで、正に「喫茶室」。

「ケーキセット」(1,100円)をオーダー。
(因みにケーキの種類によってお値段は変わる。)

自家製のレアチーズケーキは、濃厚で甘酸っぱい。
赤ワインの風味のするブルーベリーソースもいい感じ。
苦味と酸味の合わさるコーヒーとも相性抜群です。

観光、買い物途中の小休止には最適のお店です。

Img_7942Img_7943Img_7954

関連ランキング:喫茶店 | 河原町駅祇園四条駅三条駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Arboreo(アルボレオ)

秋吉台から10km程離れた、景清洞近くにあるカフェ。
ご夫婦で営むこちらは、カフェ兼フォトスタジオ。

古い家屋をご夫婦がリノベーションした素敵な空間で、
可愛らしく、ついつい長居したくなる雰囲気。
ご厚意により、特別に店内の写真の許可を頂きました。

ランチは1種類15食限定要予約
「今日のお食事」(1,750円/税込)です。
・自家製テスタローリ ボロネーゼ
・新たまねぎとオレンジのオムレツ
・新じゃがと鶏のカシスマスタード
・ピクルス
・季節のリーフ 
・自家製フォッカチャ
・ドリンク
 *ケーキ「アプリコットのタルト」(540円)は追加。

食事は、地元旬の素材を盛り込んだもので、
手作り感満点で工夫を凝らし、優しい味わいです。
秋吉台の天然水を使用した、コーヒーも流石に美味しい。

わざわざ足を延ばして良かったと思えるお店でした。

Img_1796Img_1803Img_1816

関連ランキング:カフェ | 美祢市その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味の珈琲屋「さぼうる」

古本屋の街として知られる神田・神保町。
この町を50年以上見守り続けてきた喫茶店があります。
地下鉄「神保町駅」A7出口ほど近くにある「さぼうる」

ログハウス風の落ち着いた雰囲気の建物で、
入口のトーテンポール赤電話が周囲に異彩を放つ。
店内も木目調で、照明は電球ランプが吊るされる。

「ミックスサンド」(600円)
「コーヒー」(400円)
をオーダーした。

ネルドリップで淹れられたたコーヒーは、薫り豊か
濃い目で、酸味とコクのバランスの取れた飲み口です。
ピーナッツの小皿が付いてきたのは珍しい?

手作り感溢れるミックスサンドは、全12カット
ハム、野菜、玉子3種類が一度に味わえる。

壁面の煉瓦には、びっしりと著名人の落書きがあり、
様々な人々に愛されてきたことを物語ります。

Img_9877Img_9879Img_9886

関連ランキング:喫茶店 | 神保町駅竹橋駅九段下駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)