観光・散策

別府地獄めぐり

由布院から更に足を伸ばして、別府温泉へ。
観光の目玉は、何といっても別府地獄めぐり
この日は、晴天にも恵まれました。

①海地獄 ②鬼石坊主地獄 ③かまど地獄
④鬼山地獄 ⑤白池地獄 ⑥血の池地獄
⑦龍巻地獄 ⑧⑨昭和13年完成の共同浴場「竹瓦温泉」

Img_9049_2Img_9160_2Img_9337_2

Img_9468Img_9598_2Img_9719

Img_9687_2Img_8786Img_8852

| | コメント (0)

大分県・由布院へ

纏まったお休みが取れたので、大分・由布院へ。
滞在中は雨模様で肌寒い日和でした。

Img_7766Img_7843Img_7856

Img_7865Img_7855Img_8367

①ゆふいんの森号 ②JR由布院駅 ③駅前から由布岳方面
④メインストリート(湯の坪街道) ⑤スカーボロ ⑥辻馬車

| | コメント (0)

靖国神社の桜

どんよりとした空の午前中、靖国神社へ。
1週間ほど前に出た開花宣言だが、桜は未だ5分咲き。
この所の雨天と寒さが影響しているのでしょう。
心なしか、桜も寒さに震えているかのようでした。

Img_0831Img_0812Img_0854

| | コメント (0)

大宮第二公園(第33回 梅まつり)

さいたま市・大宮第二公園へ梅を愛でに出かけました。
40種類、約500本の梅が咲き誇る梅の名所でもある。

風も強く気温は低かったものの、晴天に恵まれました。
今が丁度、見頃とのことでした。

Img_7728Img_7725Img_7664

Img_7701Img_7715Img_7646

| | コメント (0)

浜離宮恩賜庭園の紅葉

浜離宮恩賜庭園へ紅葉狩りへ出かけました。
昼間はコートなしでも歩ける暖かさ。
昨日までの寒さで色づきも一気に進みました。

Img_0673Img_0528Img_0659
Img_0630Img_0607Img_0579

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小豆島へ

高松港から高速艇で35分ほどで土庄港へ到着。
いよいよ、旅の最終目的地である小豆島へやって来ました。
滞在中はお天気にも恵まれました。

オリーブの木と真っ青な海、そして空…。
ノスタルジックな街並みも印象的な島でした。

    ***************************

①土庄港   ②「迷路のまち」 ③エンジェルロード
④寒霞渓 ⑤オリーブ公園 ⑥オリーブ原木
⑦⑧⑨二十四の瞳映画村
⑩二十四の瞳映画村  ⑪⑫マルキン醤油

Img_2656Img_2663Img_2718

Img_2830Img_3119Img_3161

Img_2975Img_2983Img_3031

Img_2947Img_3263Img_3325

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県高松市を巡る

香川県高松市を巡りました。

①JR高松駅 ②ホテルクレメント高松(宿泊先) ③高松港
④北浜alley   ⑤玉藻公園 ⑥琴平電鉄(ことでん)
⑦県立ミュージアム ⑧高松市美術館 ⑨丸亀町商店街

Img_3696Img_2266Img_2289

Img_2402Img_2269Img_2551

Img_2386Img_2404Img_2219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特別名勝・栗林公園へ

香川県の県庁所在地である、高松へやって来ました。

国の特別名勝に指定されている庭園は数多あれど、
こちらの栗林公園は、その中でも最大の広さを誇ります。

75万㎡の敷地には、緑深い紫雲山を背景に
6つの池13の築山を巧みに配している。

この江戸時代の回遊式大名庭園は、高松のシンボルである。

Img_2191Img_2164Img_1894

Img_2109Img_2027Img_2132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金刀比羅宮(こんぴらさん)へ

香川県にある象頭山中腹に鎮座する神社で、
別名「こんぴらさん」とも呼ばれ親しまれ、
「一生に一度は、こんぴらさんへ」でも有名です。

参道の石段は、今回訪れた本宮までで785段
奥社まで登ると1368段にもなるそうです。

この日は、生憎の空模様でしたが、
その分、神秘的な雰囲気に包まれていました。

①100段目「大鳥居」 ②桜馬場西詰銅鳥居 ③御本宮
④⑤旧金毘羅大芝居(金丸座) ⑥表参道

Img_1252Img_1313Img_1457

Img_1610Img_1611Img_1639

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重要伝統的建造物群保存地区「大内宿」へ

福島県南会津郡下郷町にある大内宿へ訪れました。

江戸時代の町並みを、ほぼ当時のまま今に残す宿場町。
下野街道と呼ばれた、会津と日光を結ぶ街道の両脇に、
茅葺き屋根民家が整然と並んでいます。

現在でも、民宿や蕎麦屋等として営業している所があります。

Img_8514_2Img_8630_2Img_8513_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧