ホテル・旅館

島宿 真里

小豆島・「醤(ひしお)の郷」近くにある御宿に宿泊。

築80年以上古民家を改装した母屋をメインに
他に2棟の離れのある、全7室の隠れ家的お宿。

今回、一番リーズナブルな2階のお部屋でしたが、
星空を眺められるテラス、お風呂も備わっていました。

食事は、魚介を地元特産の醤油や諸味で頂く「醤油会席」
小豆島ならではの魚、野菜などの新鮮素材が並びました。
シンプルな調理法で素材の美味しさが存分に感じられる。

小豆島の素晴らしさを、余す所なく体感できる宿でした。

        「醤油会席」
〈酒〉甘夏のお酒
〈菜〉渡り蟹と木の芽のみぞれ和え
   いぎす諸味田楽 焼き〆さば
    鱸の南蛮漬 鰆の唐墨
     にし貝黄身酢和え
   筍いりこぶし
〈島〉生こびき平麺 
    諸味つゆ 切ざみ野菜
〈鮮〉春の造り盛り鉢 畑野菜
   ・諸味だれ
   ・二段熟成
   ・生あげ
   ・淡口生揚
〈蒸〉あこう昆布蒸し いりこ酢  
    新玉葱 春キャベツ 青梗菜
〈焼〉鰆の照り焼き 
    ほうれん草 大根
    酢取り茗荷 いんげん
〈油〉穴子天麩羅
    蓮根 アスパラ 天然塩
〈汁〉鰆の焼白子すまし汁
    牛蒡 三つ葉
〈飯〉島のおこげご飯(小豆島産)
    諸味みそ だいしもち入り
〈甘〉蜜柑あいすくりーむ

*別注料理*
〈本日の料理長お勧め〉讃岐さーもんの鍬焼き
〈オリーブ牛季節料理〉

Img_3347Img_3553Img_3530

関連ランキング:旅館 | 小豆島町その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんぴら温泉郷「琴平花壇」

寛永4年創業という歴史ある、こんぴら温泉郷の宿。
森鴎外、北原白秋など名だたる文人墨客も滞在したそう。
近年には大規模な改装も行われ、シックモダンな館内。

宿泊した富士見台客室/讃岐平野側は、広々とした造り。
高台からの景色、食事…至れり尽くせりの宿でした。

『旬の山海の幸を使った季節の逸品会席』
 〈前 菜〉蕗味噌胡麻豆腐、のれそれ玉〆、
                                筍、烏賊木の芽味噌のせ 他 五種盛り
 〈御造り〉鯛、縞鯵、旬魚、炙り鰆 他 五種盛り
 〈炊合せ〉鰆揚げ煮
 〈焼 物〉讃岐牛石焼きと彩り野菜 ひしほ味噌添え
 〈強 肴〉鯛しゃぶしゃぶ鍋
 〈油 物〉穴子天麩羅
 〈蒸し物〉鰆けんちんうすいあん掛け
 〈酢の物〉炙り蛸 緑酢掛け
 〈御食事〉讃岐米、赤だし、香の物三種
 〈食 後〉和三盆ロールケーキ

Img_1150_3Img_1180_3Img_1091_2

関連ランキング:旅館 | 琴電琴平駅琴平駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こぼうしの湯 洗心亭

この日は、大内宿からも近い湯野上温泉に宿泊。
選んだのは、こぼうしの湯 洗心亭さん。

客室十数と、決して大きな宿ではありませんが、
建物は割と新しく、ゆとりのある造りが印象的です。
吹き抜けのロビーも解放感たっぷり。

大浴場は、源泉かけ流しで、露天風呂も有り広々。

食事は、地元の物を多用されていて、ボリューム満点。
素朴な接客サービスも心地よい宿で、静かに過ごせます。

Img_8457Img_8277Img_8407

関連ランキング:旅館 | 湯野上温泉駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松田屋ホテル

延宝3年(1675)創業山口県湯田温泉の老舗宿。
今回の旅の最終日に宿泊しました。

幕末には、数多くの維新志士が密談を交わした宿とされ、
英気を養ったという、万延元年(1860)「維新の湯」も現存、
伊藤博文高杉晋作の書なども残される。

回遊式庭園を間近に臨む本館は、趣があり特に人気ですが、
今回は、リーズナブルな新館の和室12.5畳

心行くサービスと丁寧に作られた日本料理…。
随所に昭和の時代を感じられる、なんとも趣のある宿です。

         (新館・夕食の献立)
〈先附〉鰹ハリハリ
〈前菜〉鯛の子ゼリー寄せ 太刀魚呂焼き 
     稚鮎唐揚げ 小切茄子田楽 ミニトマトワイン煮
〈造里〉鯛重ね作り 車海老 中トロ
〈吸物〉清汁仕立て
〈煮物〉油目霙煮
〈凌ぎ〉維新瓦そば
〈焼物〉帆立木の芽味噌焼き
〈強肴〉筍包み揚げ
〈御飯〉鯛ご飯
〈止椀〉袱紗仕立て 
〈香物〉五種盛
〈果物〉甘夏ゼリー寄せ
〈甘味〉いとこ煮

Rdd2opzImg_1294_2Ry817bd

関連ランキング:旅館 | 湯田温泉駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萩の宿 常茂恵

大正14年創業という、歴史あるお宿に宿泊。
犬養毅、司馬遼太郎など、多くの文人墨客も訪れた
松本川の畔に立つ静かな純和風旅館です。

手入れの行き届いた庭園と、それを囲むように
数寄屋造り客室を、離れ風にゆったりと配しています。

黒御影石を用いた浴場、萩焼の器で供される
時を忘れてゆったりと癒される旅館でした。

              「夕食の献立」
〈先付〉アスパラ豆富 帯アスパラ 飛子 美味出し
〈前菜〉穴子棒寿司 玉子豆富 うすい餡 蒪菜
     矢羽根丸十 的大根 枝豆 知鮎南蛮漬け つの海老
〈椀物〉蛤の吸物 揚茄子 茗荷 柚子
〈造里〉伊佐木焼霜 平政平造里 文銭蛸
〈焚合〉長州鳥団子と青瓜含め煮 矢パプリカ 粒山椒 銀餡
〈焼物〉鱸山菜味噌焼き はじかみ 熊笹
〈強肴〉長萩和牛しゃぶしゃぶ 水菜 胡麻だれ
〈酢物〉貝柱と新玉葱の酢物 焼トマト 貝割菜 土佐酢ゼリー
〈食事〉白飯/山口県産コシヒカリ 香の物
〈留椀〉赤出汁仕立 干し芋茎 三ツ葉 粉山椒
〈水菓子〉グレープフルーツ ライチゼリー掛け 

Img_2877_2Img_2732_2Img_2814_2

関連ランキング:旅館 | 東萩駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五箇山温泉 赤尾館

昭和5年創業五箇山西赤尾にある旅館です。
司馬遼太郎さんはじめ、皇室の方々など著名人も多く宿泊。
国道156号線を挟んだ向かい側は、重文の岩瀬家です。

約10室ほどの小さな宿ですが、館内は清潔感が漂う。
温泉は硫酸塩泉。浴室からは五箇山の山並みが見渡せる。

今回は、新館の10畳和室に宿泊。

食事は、「五箇山民謡こきりこ」BGMが流れる食事処で頂く。
岩魚の塩焼き、五箇山豆腐、氷見牛陶板焼などが登場し、
五箇山、富山の食材が余すところなく味わえました。

辺りは静かで、のんびり過ごせる宿です。

●五箇山温泉 赤尾館
住所:富山県南砺市西赤尾町396-1 
℡:0763-67-3321

http://www.akaokan.com/
(アクセス)JR城端駅からバス50分、車30分

Img_5987Img_6031_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城崎温泉「西村屋本館」

江戸安政期創業城崎温泉を代表する宿に宿泊。
犬養毅大隈重信といった文人墨客にも愛されてきた、
今や数少なくなった純日本旅館です。

今回泊まったのは、一番リーズナブルな8畳和室
それでも庭園を眺め、暫し日常を忘れる贅沢な気分。
外観から想像できないほど、清潔で設備が行き届きます。

お風呂は、開湯1400年の歴史がある城崎のお湯を、
趣の異なった様々な浴槽で楽しめます。

食事は、山海に恵まれた、この地ならではのもの。
新鮮な日本海の幸や、旬の地の物を使用した懐石料理
溜息が出るほどに美しく、鮮やかな盛り付けと器にも感動。

設備、サービス、料理、全てにおいて申し分ありません。

          〈皐月のお献立〉
〈食前酒〉緑茶ワイン割り
〈前  菜〉鴛咬合 蛍烏賊、芋茎、山蕗浸し
        小鮎の蓼焼き、姫栄螺、鰰の小袖寿司
                             枹餅、小メロン他
〈御  椀〉蓬と白子の二色豆腐 海老素麺
                             青さ海苔仕立て
〈御向附〉旬のお刺身 取り合わせ色々 
                              あしらい物一式
〈合  肴〉鮑と若芽の陶板焼き 彩り野菜添え
〈箸  休〉穴子の焼霜 岩もずく ゼリー 空豆
〈強  肴〉紅かにの甲羅焼き
〈台   物〉但馬牛リブロース  すき鍋  甘麹仕立て
〈御食事〉こうのとり郷米釜飯
〈留  碗〉赤出し汁
〈香  物〉三種盛り
〈水菓子〉季節の果物

●城崎温泉「西村屋本館」
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島469
℡:0796-32-2211
イン:15:00 アウト:11:00 全35室
〈交通〉JR城崎温泉駅より旅館組合送迎バスあり

http://www.nishimuraya.ne.jp/honkan/

Img_4919_3Img_4961Img_5156_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WATER FRONT INN 与謝荘

伊根観光のために滞在していた宿泊先がこちら。

舟屋を改装した、懐かしい趣に満ちた宿で、
対岸に並ぶ舟屋を見渡せる、平田湾沿いに建つ。

客室には、必要最低限の設えのみで、テレビもない。
これは、「伊根の生活」を体感して貰いたいからなのだとか…。

食事は、伊根沖で獲れた魚が中心の海鮮料理で、
舟のガレージ部分改装した食事処で頂きます。

カウンター席の背面が、ガラス張りになっており、
テーブルの直ぐ下が、海面(水際)という構造。

俗世を離れた、ゆったりとした時間が流れていった。

素朴で家庭的な接客も心地よい宿です。

●WATER FRONT INN 与謝荘
住所:京都府与謝郡伊根町字平田507
℡:0772-32-0278
16:00イン/10:00アウト・全8部屋
天橋立駅より丹海バス「伊根」下車、徒歩3分

Img_4439_2Img_4668_2Img_4486_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅館 くらしき

この日は、倉敷美観地区の旅館に宿泊。
棟方志功司馬遼太郎も愛したという、由緒正しきお宿。

江戸後期砂糖問屋として栄えた母屋と蔵を利用しており、
アンティーク物のランプや家具、調度品などがあり、
古き良き時代の倉敷を存分に感じさせる旅館。

客室5室のみで、どれも和室洋寝室で構成され、
それぞれに趣の異なるお部屋。

今回宿泊したのは、「巽の間」
棟方志功や司馬遼太郎がこよなく愛したお部屋だそうで、
約260年前米蔵を改装した2階にあります。

夕食は、瀬戸内の素材を中心とした季節の懐石料理
一品ごとに手間を惜しまず、丁寧に仕上げられた料理。
薄味でホッとする味付けにも好感が持てます。

日頃の喧騒を忘れ、ゆったりとするには最高の環境です。

●旅館 くらしき
住所:岡山県倉敷市本町4-1
℡:086-422-0730

http://www.ryokan-kurashiki.jp/top.php
〈交通〉JR倉敷駅より徒歩15分

Img_7673Img_8019Img_8128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川浦温泉「山県館」

この日は、西沢渓谷近くの川浦温泉に宿泊。

笛吹川上流に位置し、「信玄公の隠し湯」として、
500年以上のという間、大切に守り抜かれたきた老舗で、
現在館主で14代目になるという。

毎分1,300リットル、43℃というお湯が滾々と湧きだし、
全ての浴槽が、源泉かけ流し100%のアルカリ単純温泉。
大浴場に加え、露天風呂や貸切風呂など、浴槽も多彩。

料理は、地元素材をふんだんに使用した郷土色溢れるもの。
ボリューム的にも申し分なく、彩りも豊か。

客室は37室ほど、館内は純和風の落ち着いた造りです。

●川浦温泉「山県館」
住所:山梨市三富川浦1140
℡: 0553-39-

http://www.yamagatakan.com/
(交通)JR山梨市駅よりバス45分、川浦温泉下車、徒歩2分
         JR塩山駅より宿送迎(事前予約)あり

Img_4261Img_4511_3Img_4384_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)