洋菓子・ケーキ

パティスリー&レストラン「まめふく」

白鳥の飛来地で有名な新潟の「瓢湖」。
そこから車で5分程にある白い外観が目印のお店。

ブルーの扉を開け、店内に足を踏み入れると
眩いばかりの洋菓子が陳列するショーケースが目に入る。
洋菓子のテイクアウトで訪れる方も多いそう。

この日は、11時から頂ける
「本日のランチ」(1,400円/税込)を頂きました。
〈前菜〉
〈サラダ〉
〈メイン〉小海老とホタテと蟹のスパゲティ
         バジル風味のトマトソース
〈デザート〉バナナのシフォンケーキ
〈ドリンク〉

コース仕立てで、メインを肉か魚かパスタから選ぶ。

前菜の外にサラダも頂けるので野菜不足を補えそう。
イタリアンなどで研鑽を積んだ御主人の料理なので
どれも本格的な味わい。

因みに、子供連れのレストランの利用は御断りしているそう。

Img_7187Img_7191Img_7204

関連ランキング:洋食 | 水原駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Libertable(リベルターブル)本店

東京・赤坂に比較的、最近お目見えした洋菓子店です。
過去に「ランベリー」のパティシエも歴任された
森田一頼氏が開いたお店。

山王下交差点をTBS側へ入ってすぐの立地で、
ガラス貼りでスタイリッシュ、宝飾店宛らの異彩を放つ。
ショーケースには、宝石の様に眩いケーキ達が並びます。

小さいカウンターのイートインスペースも有り、こちらで、
「Charm(シャルム)」(669円/税込)を頂きました。

洋酒が少し香るマロンクリームは濃厚だが、大人の味。
マロングラッセも入り、ねっとりとした食感が印象的です。
取り分け、ポルチーニ茸が香るメレンゲ土台は斬新です。

フレンチのパティシエが開いたお店だけあり、
黒トリュフやフォアグラを使ったスイーツもあるそう。

これから益々目が離せなくなりそうなお店です。

Img_5776Img_5846Img_5853

関連ランキング:ケーキ | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資生堂パーラー(銀座本店)

1902年創業、銀座を代表する老舗パーラー。

格式あるホテルのレストランのような上品さに加え、
肩肘張らない雰囲気をも兼ね備えたレストラン。

「銀座モダンランチ」(4,100円/税込サ別)を選択。
〈本日のスープ〉ブロッコリーのスープ
〈伝統のクロケット〉
〈魚料理〉鱸のグリル ジンジャー風味
〈ハヤシライス〉
〈プチサラダ〉
〈コーヒー〉 *別途、デザートに「サバラン」を追加。


資生堂パーラーの伝統的な料理が少しずつ味わえる。
全体的に、濃すぎず薄すぎずで、丁度良い味付け。

〈伝統のクロケット〉
「クロケット」とは、コロッケのことをフランス流に言う。
中はトロトロ、外はカリッと仕上がり、色も綺麗。
1つながら満足度、存在感が相当あり。

〈ハヤシライス〉
デミグラスソースに、トマトソースを加えることで、
爽やかな酸味が加わり、軽い仕上がりになっている。
具も、牛フィレ肉、玉葱、マッシュルームとたっぷり。

テーブルクロス食器類には、全て「椿マーク」のロゴ入り。
「資生堂=TSUBAKI」の印象が更に強く刻まれる。

心地良い雰囲気で、正統派の洋食が食べられ、
どんな方でも安心してお連れできる稀少なお店です。

Img_6472_2Img_6474_2Img_6497_2

関連ランキング:フレンチ | 新橋駅銀座駅東銀座駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Souris,La Seine(スーリィ・ラ・セーヌ)

岡山市内で人気の洋菓子店です。
濃い青のフレンチレストランのような瀟洒な外観。

ドアを開けると、ショーケースの眩いケーキの数々が並び、
左手には座席の多いイートインコーナーがあります。

「ヌガーグラッセ」(735円/税込)
「コーヒー」(330円/税込)
を頂きました。

ヌガーグラッセは、濃厚ながらも上品な美味しさ。
ひんやりクリームに、香ばしいナッツやドライフルーツの食感
色々な風味が口に広がり、 ラズベリーソースとも好相性。

洋菓子をテイクアウトする地元の方も絶えないお店です。

●Souris,La Seine(スーリィ・ラ・セーヌ)
住所:岡山市北区内山下1-2-15
                  安原ビル 1F
℡:086-224-3876
営業:10:00~20:00
不定休

http://sourislaseine.jp/index.html

Img_7478Img_7476Img_7475

| | コメント (2) | トラックバック (0)

BURDIGALA CAFE(ブルディガラ・カフェ)

大丸東京の5階に入るカフェです。
洗練された店内は、いつも賑わっている印象。

何と言っても入口付近のショーケースに陳列された
眩いばかりのケーキに誘われます。

お腹も空いていたので、両方の欲望を満たすべく、
平日限定10食のランチ
「デザートとタルティーヌのプレート」(1,785円/税込)を。
・ケーキ、タルティーヌ、サラダ・ヴェール、スープ、パン、ドリンク

ケーキは「サバラン・オランジュ」を選択。
洋酒が浸み渡り、真中のオレンジとも抜群の相性。

野菜沢山のプレートの量も程よい感じでした。
飲み物はハーブティーです。

待ち合わせや買い物途中の利用などに便利です。

●BURDIGALA CAFE(ブルディガラ・カフェ)
住所: 東京都千代田区丸の内1-9-1
      グラントウキョウノースタワー 大丸東京 5F
℡:03-3287-1808
営業:10:00~21:00
       ~20:00(土・日・祝)
不定休

Img_1064Img_1058 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンパーナ六花亭

富良野観光の途中に立ち寄ったお店。

十勝岳などの大雪山連峰を望む絶好のロケーション
店舗には併設された喫茶コーナーも。

北海道で「六花亭」と言えばあまりに有名で、
お土産を求める観光客も多く大繁盛の店内。

「ぶどうソフト」(250円)
フルーティーでさっぱりとした
富良野産ぶどう果汁を使ったソフトクリーム。
こちらの店舗のみの販売。

「雪こんチーズ」(150円)
ココアビスケットベイクドチーズケーキをサンド。
濃厚なチーズの風味が秀逸。

「智宏風ハヤシライス」(680円)
具沢山で満足度が高く、想像以上に美味しい。

イートインコーナに無料で頂けるコーヒーもあり。

敷地内に「鐘の塔」、ギャラリー「神々の遊ぶ庭」等も併設され、
観光スポットの1つに数えられるほど。

●カンパーナ六花亭
住所:北海道富良野市清水山
℡:0120-012-666
営業: 9:00~17:00
     10:00~16:00(喫茶室)
無休

http://www.rokkatei.co.jp/

Img_1896Img_1911Img_1910   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Patisserie SHIYA(パティスリー・シイヤ)

札幌で人気のスイーツのお店。
地下鉄駅からは距離があるので、バスの利用がお勧め。
最寄りのバス停「北5西20丁目」

を基調とした清楚スタイリッシュな店内。。
入口すぐのショーケースには宝石のような洋菓子の数々。
40~50種類ぐらいはありそうです。

左手奥にはカフェスペースも設けており、
飲み物などと共にその場で味わえます。

「白桃とパッションフルーツのタルト」(390円/税込)
「ヴェリーヌ・ムロン・シトロンベール」(420円/税込)
「シュー・アラ・クリーム」(210円/税込)
を購入し、
「ハーブティー(280円/税込)」と共に。

濃厚な味わいですが、甘さ控えめ
スイーツ好きには堪えられない逸品ばかりです。

マカロンもこちらのお勧め商品だそうです。

●Patisserie SHIYA(パティスリー・シイヤ)
住所:札幌市中央区北5条西21-1-15
℡:011-611-7003
営業:10:00~20:00
定休:水・第3木

Img_0432Img_0422Img_0428   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lindenbaum(リンデンバウム)

仙台フォーラス近くの雑居ビル3階にある喫茶店。
小さなお店ですが、洗練された空間が広がります。
平日に昼間ですが、なかなかの繁盛振り。

こちらは何と言っても「デビルスケーキ」が有名。
大半の方はこれが目当てのようです。
私もこれに習って
「デビルスケーキセット」(860円/税込)に。

見た目からは、さぞや甘いのだろうと覚悟しましたが、
ベリーソース酸味と以外に甘さ控えめ
チョコレートムースとの相性も最高。

には焼きリンゴコンポートが敷詰められ、
さらにその下にチョコレートスポンジ・・・。
中々、手の込んだケーキになっているのです。

コーヒーも薄口ながら苦味が活きていました。

●Lindenbaum(リンデンバウム)
住所:仙台市青葉区一番町3-11-27
        かねはち一番町ビル3F
℡:022-223-2200
営業:12:00~21:00
    13:00~20:00(日・祝)
定休:火

Img_6141Img_6145Img_6144   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LE MUSEE DE H(ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ)金沢

石川県立美術館内にあるカフェです。
館内見学後に立ち寄りました。

地元では有名な辻口博啓シェフの手掛ける洋菓子が評判。
さすがにケーキは売り切れが続出。
平日の早い時間帯が狙い目でしょうか・・・。

美術館とも溶け合い、外の緑を眺めながら
ゆったりとした時間が流れて行きます。

「加賀棒茶ロール」(420円/税込)
「シューダマンド」(280円/税込)
を。

「加賀棒茶ロール」は是非頂いてみたかった品。
よくある抹茶ケーキとは異なり、滑らかな口ざわりの
カスタード生クリーム二層になっており、
棒茶風味が引き立たされている感じです。

一方、「シューダマサンド」は、サクサク生地
カスタードが惜しみなく挟まれた品。

飲み物は「アールグレイ」(420円/税込)を選択。

●LE MUSEE DE H(ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ)金沢
住所:石川県金沢市出羽町2-1
          石川県立美術館内
℡:076-204-6100
営業:10:00~19:00(Lo.18:30)
年中無休

http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/index.html

Img_5395Img_5398Img_5400   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIKIMOTO LOUNGE(ミキモトラウンジ)

休日ランチです。
銀座2丁目並木通りマロニエ通り交差点にある
MIKIMOTO Ginza 2の3階にあるラウンジにて。

を基調とした洗練されたゆったりとした空間で頂く、
パティシエ・横田秀夫氏の本格的なスイーツが売り。
しかし11:00から頂けるランチ2種類も評判です。

「そば粉のクレープ」(1,200円/税込)をオーダー。
<デザート・季節のスープ付>*コーヒーは別途追加 

生ハムが乗っている方は、モツァレラチーズが・・・、
サーモンの方は、ジャガイモセロリが入ります。
もっちりとした生地と相まって、実に美味しいです。

ラズベリーソースも添えられ、盛り付けも彩り豊か

●MIKIMOTO LOUNGE(ミキモトラウンジ)
住所:東京都中央区銀座2-4-12
         ミキモトギンザⅡ3F
℡:03-3562-3134
営業:11:00~19:30
       ~19:00(日・祝)
不定休

http://ginza2.mikimoto.com/

Img_4179Img_4173Img_4177

| | コメント (0) | トラックバック (0)